おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

銀行振込のやり方と振込に必要なもの

atm銀行振込について経験がないという方も結構多いみたいです。特に、これまでお金の管理をしてこなかった新社会人や大学生の方なども社会に出ると、色々な支払い等で振込をする機会が増えてきます。
そんな時、窓口やATMなどで慌てないための振込のやり方や必要なものについてまとめます。また、銀行振込に関するよくある質問やトラブルの事例もまとめてみました。

スポンサーリンク

銀行振込3つの方法

銀行振込をする方法は大きく3つあります。
1.窓口で振込をする方法
2.ATMで振込をする方法
3.オンラインバンキング(ネット)で振込をする方法

それぞれで必要なものや方法、手数料が変わってきます。

 

窓口での銀行振込

窓口での振込は3通りの方法の中で一番手数料が高く付きます。受付時間は対応時間である開店(午前9時)から午後3時までとなっています。また、銀行によっては午後2時を過ぎると翌日扱いとなるケースもありますのでご注意ください。

現金で振込をする場合、10万円超の場合は「身分証」が必要になります。
一方、銀行口座内から振込をする場合は「通帳・キャッシュカード」「届け出印鑑」の2つが必要になります。ただし、金額が高額となる場合は本人確認のために身分証の提示や暗証番号の入力を求められる場合があります。

基本的には手数料も高いのであまり使用する機会はないかと思いますが、ATMでは振込ができないような高額の振込をしなければならないケースでは窓口を使う必要があります。

 

ATMでの銀行振込

銀行に設置してあるATM(現金自動預け払い機)を使って振込をする方法です。必要なものは「キャッシュカード」+「暗証番号」で振込が可能です。ゆうちょ銀行などは通帳でも可能ですが多くの場合はキャッシュカードで振込をする形になります。
なお、ATMでの振り込みは窓口で振込をするよりも手数料が安く設定されているのでこちらを使った方がお得です。待たなくてもいいですし。

ただし、ATMでの振り込みは「限度額」が定められていることが多いので数100万円単位といった多額の振り込みはATMではできないケースがありますのでご注意ください。

 

オンラインバンキングでの銀行振込

パソコンや携帯電話、スマートフォンなどを使ってネットで銀行振込をする方法です。
3つの方法の中では一番手数料が安く、住信SBIネット銀行や新生銀行などではオンラインバンキングでの振込の場合は振込手数料が無料となっているなど手数料でお得です。

そうでない普通の銀行のケースでもオンラインバンキングからの手数料については窓口やATMよりも優遇されているケースが多いので、コストをきにするならオンラインバンキングを使った振込が一番手軽です。

最近では、スマートフォンなどのアプリを提供している銀行も多いですね。

必要なものは、ログインID、パスワード、暗証番号の3つが通常必要です。なお、オンラインバンキングは利用するためには各銀行での申し込みなどの手続きが必要となるケースが一般的です。(ネットバンクの場合は最初から利用できます)

 

銀行振り込みを利用するなら圧倒的にネットバンキングがお得

前述のとおり、銀行振り込みを使うならネット経由が一番手数料を節約できます。
最近のオンラインバンキングはパソコンはもちろんですが、スマートフォンやタブレットなどにも対応しているので、より手軽になりました。

たとえば、利用者もおおいであろう三菱東京UFJ銀行から、他の銀行に3万円を振り込むという場合の手数料を見てみましょう。

窓口振込:864円
ATM振込:432円
オンラインバンキング振込:216円

このようになっています。「ネットバンクの振込手数料比較と振込手数料が無料の銀行」でも紹介していますが、ネット銀行(ネットバンク)なら振込手数料を一定回数まで無料としているような銀行もあります。2016年には日銀によるマイナス金利政策が実行されて、銀行預金の金利は普通預金なら0.001%という水準が一般的になっています。

この金利100万円預けてもたったの10円しか金利が付かない計算です(税引き後は8円)。
1回分の振込手数料にもなりません。このような低金利の時代だからこそ「手数料」は気にしたいところです。

 

 銀行振込に関するよくある質問

 

・振込するときに必要な相手の情報って何?
銀行名、支店名、口座番号、口座種別(普通預金or当座預金)、振込先の名前です。振込先の名前は知らなくても振込できますが、確認のため必ず控えておきましょう

 

・間違った相手に振り込んだ場合はどうなる?
組み戻しという作業が行えますが、手数料がかかるほか、間違った相手の承諾が必要となるなどとても大変です。相手に拒否される場合もありますので、銀行振込をするときは必ず確認するようにしましょう。
参考:銀行振込で振込先を間違えた時の返金手続きの流れ

 

・銀行から郵便局(ゆうちょ銀行)へ振込はできるの?
以前はできませんでしたが、郵便局が「ゆうちょ銀行」となったことから振込ができるようになりました。ただし、受け入れ先がゆうちょ銀行で銀行振込の登録している必要があります(ゆうちょ銀行の番号とは違う、銀行振込専用の口座番号で振込をします)。なお、ゆうちょ銀行同士の振込はATMやネットバンキングなら手数料無料でできてお得です。
参考:ゆうちょ銀行の電信振替、電信払込、通常払込の違いと送金のやり方

 

・コンビニATMから銀行やゆうちょ銀行に振込はできる
銀行のキャッシュカードを通じては可能です。現金振込は対応していません。なお各コンビニATMと利用中の銀行が提携している必要があります。振込手数料のほかコンビニATM利用手数料が発せしいます。
参考:コンビニATMを利用した銀行振込は二重に手数料がかかるのでおすすめできない

 

・銀行振込は即時反映されるのですか?
銀行の営業時間9時~15時であれば即時反映されます。ただし〆時間は銀行によって異なります。また、一部のネットバンクは同じ銀行同士なら24時間即時反映されるところもあります。たとえば、楽天銀行やジャパンネット銀行は同一銀行内の振込に限り24時間いつでも反映されます。
参考:銀行振込の入金が確認・反映される時間とリアルタイム送金ができる銀行

 

・銀行口座からではなく、現金振込はできますか?
10万円以内なら窓口、ATMで利用可能です。10万円超の場合は窓口経由でなら振込ができます。ただし、手数料が割高になるのであまりおすすめしません。

 

・銀行口座を持っていないけど振込はできるの?
上に書いている通り、銀行内のATMであれば現金振込は可能です。現金+手数料を持っていき、ATMまたは窓口で手続きをします。ただし、利用金額の制限があるほか手数料も高いので基本的にはお勧めしません。

 

以上、振込のやり方や振込手数料のしくみ、振込に必要なものを紹介してきました。知っている人にとっては当たり前という話かもしれませんが、銀行振り込みって社会人になってから初めてするという方も少なくないようです。

参考になれば幸いです。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP