おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2015年10月22日

NISA口座を銀行に作るのをおすすめできない2つの理由

nisa株式投資や投資信託などの投資の税金が非課税になる制度、NISA(少額投資非課税制度)。制度が始まって時間もたってきたことで、利用者が増加傾向にあるようです。NISAの口座を作るには銀行または証券会社に専用の口座を開設する必要があります。銀行と証券会社のどっちでもいいなら、普段から取引がある銀行でNISA口座と考える人も多いかもしれませんが、銀行でのNISA口座の開設はまったくおすすめすることができません。今回は、NISA口座開設先として銀行がダメな理由を説明していきます。

続きを読む

資産運用のライフハック 銀行のライフハック

2015年7月27日

学資保険とジュニアNISAの比較。どちらで教育資金を貯めるべき?

comparison2016年4月より利用が可能になるジュニアNISA。子供の教育資金を非課税運用で増やしていけるという税制面で有利な制度です。それに対して、子供の教育資金を貯めるという金融商品で人気の商品にはすでに「学資保険(こども保険)」というものが存在します。
今回は新制度であるジュニアNISAと学資保険とをそれぞれのメリット、デメリットを比較しながら、どちらで子供の学費・教育資金を貯めていくべきなのかを分析していきたいと思います。

続きを読む

学資保険 教育費 株・投資の税金 株式投資

2015年6月15日

2016年4月スタートのジュニアNISAのしくみと特徴、活用方法

children2016年4月より、現行のNISA(少額投資非課税制度)が拡充されます。その一つとして挙げられているのが子供用のNISA(ジュニアNISA)です。投資資金は親や祖父母などが拠出してこども名義で非課税運用するという形になっています。あくまでも「教育費」の為のNISAであることから18歳までは払い出しができないなどの注意点もあります。今回はこのジュニアNISAの仕組みや特徴、それに活用の方法を紹介していきたいと思います。

続きを読む

投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 資産運用のライフハック 贈与税・相続税

2015年5月15日

NISA口座で買った株の配当金に税金がかかっていると言う人が多発。原因は何?

nisaNISA(少額投資非課税制度)では、株の値上がり益(売買益)や、配当金に対して「非課税」となる制度です。ところが、このNISAを配当金目的で運用している投資家の中で「配当金に税金がかかっている」という人が多発しています。

制度スタートから2年目となっているNISA制度で何が起こっているのでしょうか?原因は配当の支払い方法の選択です。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2013年10月31日

個人型確定拠出年金(iDeCo)とNISAの違いを比較

chosa2014年1月からスタートしたNISA(小額投資非課税制度)。にわかに注目が集まっておりNISA口座開設数は順調に増えているそうですが、将来のための投資、老後のための投資という場合には、NISA以外にも個人でできる対策として「個人型確定拠出年金(iDeCo)」という選択肢もあります。

個人型確定拠出年金は2017年1月よりも利用可能な人が拡充して注目を集めています。

どちらも投資と運用に関する税制上の優遇措置のある制度ですが、それぞれで違いも大きいです。今回はこの個人型確定拠出年金(iDeCo)と小額投資非課税制度(NISA)についてそれぞれのメリット、デメリットを考え、自分にあった投資方法を考えていきます。

続きを読む

NISAの活用法 NISA口座に関するお役立ち情報 個人型確定拠出年金(iDeCo) 投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2013年10月3日

証券会社のNISA口座の選び方・比較

nisa2014年からスタートした少額投資非課税制度(NISA)。NISAを利用するには証券会社が銀行にNISA口座を開設する必要があります。ところがNISA口座は一人1口座までと決められているのでどの証券会社(銀行)にしようかと悩んでいる方も多いかと思います。

今回は最新の情報をもとに、各証券会社の特徴やNISA口座開設の特典などとともに、どの証券会社にNISA口座を開くのがオススメなのかをタイプ別に比較していきます。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報 投資信託 株式投資 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2013年6月27日

NISA口座で買うべき投資商品の選び方

nisaNISA口座(日本版ISA口座:少額投資非課税口座)について各証券会社等が力を入れてPRしています。口座獲得のためのキャンペーンなども多く展開しています。そんな中、NISA口座で実際に買うべき投資商品はどうやって選ぶべきなのかについて、株式投資(個別株投資)で運用する場合と、投資信託で運用する場合とで、銘柄や投資信託の選び方について紹介していきます。まとめていきます。

また、同様に非課税措置が利用できる「確定拠出年金」も含めてこれら制度の活用方法を説明していきます。

続きを読む

NISA口座に関するお役立ち情報 投資信託 株・投資の税金 株式投資 節税・税金のライフハック 証券会社の選び方 資産運用のライフハック

2018年2月15日

資産1億円を貯めるために必要な運用と稼ぐ方法

資産1億円という金額は資産運用や投資、あるいは働く人にとってわかりやすい目標地点の一つとして掲げられることが多いです(本当に1億円必要なのか?ということは別にして)。

投資界隈では資産1億円を到達した人を“億り人(おくりびと)”などと呼ぶこともあります。さて、そんな資産運用や投資をしている人にとって目標でもある1億円という資産を作るための運用や稼ぐための方法について検証したいと思います。

続きを読む

お金の雑学

2018年1月16日

外国株投資(米国株投資)をしている方は確定申告で外国税額控除を利用しよう

アメリカ株(米国株)などへの投資はかつて投資のハードルも高かったのですが、最近では証券会社の手数料も安くなったり、投資サービスも増えたりして投資する人が増えてきました。

そんな外国株投資では「外国税額控除」というもの利用できる場合があります。たとえば米国株の配当金の場合、米国で10%課税され、日本でも20%課税されます。つまり、二か国で二重に税金がかかることになります。この二重課税の問題を解消するのが“外国税額控除”です。

米国株投資をする方にとっては非常に重要な知識となりますのでしっかりと把握しておきましょう。

続きを読む

外国株投資 株・投資の税金

2018年1月13日

ひふみ投信の評判とメリット、デメリット。ひふみ投資はどこで買うのがお得?

ひふみ投信という投資信託が人気です。ひふみ投信はレオス・キャピタルワークスが運用してる投資信託です。株価指数等に連動するインデックスファンドではなく、ファンドマネージャーが独自の分析や相場観をもって投資先を選定するアクティブファンドと呼ばれるタイプの投資信託です。

今回はそのレオスが運用しているひふみ投信というアクティブファンド(投資信託)の評判とメリット、デメリットと、特徴について紹介していきます。

続きを読む

おすすめ投資信託の選び方

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP