おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

NISA口座で買った株の配当金に税金がかかっていると言う人が多発。原因は何?

nisaNISA(少額投資非課税制度)では、株の値上がり益(売買益)や、配当金に対して「非課税」となる制度です。ところが、このNISAを配当金目的で運用している投資家の中で「配当金に税金がかかっている」という人が多発しています。

制度スタートから2年目となっているNISA制度で何が起こっているのでしょうか?原因は配当の支払い方法の選択です。

スポンサーリンク

まずはNISA口座のおさらい

NISAとは、少額投資非課税制度で、年100万円(2016年以降は120万円)までのNISA口座内での投資で買った株の「値上がり益」や「配当金」などに対する課税がゼロになると言う制度です。

たとえば、NISA口座で100万円分のA株を購入したとします。1年間保有して株価が120万円にまで値上がりしたので売却しました。またこの1年で5万円の配当金が出たとします。

通常の口座であれば買った値段と売った値段の差である20万円に対してと、出された配当金の5万円に対してそれぞれ20%の税金がかかります。20万円×20%=4万円、5万円×20%=1万円となり、合計5万円が課税されることになるわけです(別途、復興特別所得税がかかります)。

ところが、NISA口座でかったものであれば、この値上がり益に対する税金も配当金に対する税金もゼロとなるわけです。

なお詳しいNISAについての紹介については「NISA(ニーサ・小額投資非課税制度)に関するまとめ」で詳しく説明されているので参考にしてみてください。

 

なぜか配当金に税金がかかっている…

ところが、NISAで買ったはずの株で出されたはずの配当金になぜか税金がかかっているということに気付いた投資家の方が多数いらっしゃいます。

この理由は、配当金の払われ方にあります。

NISA口座で出される配当金が非課税となるには、一つの条件があります。
それは配当金の受け取り方法を「株式数比例配分方式」としておくことです。株式数比例配分方式は出された配当金をそれぞれの株を保有する証券会社の口座内で受け取るというものです。

NISAで買ったはずの株なのに税金がかかっていると言う方は
・配当金領収証方式(郵便局などで換金して受け取る方法)
・登録配当金受領口座方式(まとめて銀行に振込してもらう方法)

といった方法で配当金を受け取っているはずです。

 

払ってしまった税金は取り戻せないの?

非常に残念な話ですが、取り戻せません…。

まずは、NISA口座を開設している証券会社の管理画面などで配当金の受け取り方法を「証券会社で受け取り(株式数比例配分方式)」に切り替えましょう。これはすぐに対応することができるはずです。
とりあえずこうしておけば、それ以降の配当金については非課税になります。

NISA口座を開設する際などには証券会社のHPなどでもそうした注意書きはありましたが、良く分からなかったという方も多かったようです。この辺りは自己責任と言えるかもしれませんが、受け入れをしている証券会社側ももうちょっとその点をしっかりPRしてくれていればよかったのに…。と思わざるを得ない話ですよね。

 

以上、NISA口座で買った株の配当金に税金がかかっていると言う人が多発した原因とその対応策を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP