おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

会社を辞めたいのに辞められない時に知っておくべき知識と会社への対抗策

2019/04/01最終更新   退職・転職

会社を退職するというのは一般的には、自分で上司(上長)に対して退職を相談、その後、退職届(退職願)を提出して、引継ぎをして退職するという流れが一般的です。

一方で、色々な事情で会社が辞めさえてくれない、あるいは辞めると言い出しにくいという状況で辞めたいのに辞められないという方も少なくないようです。

そうした退職トラブルに巻き込まれている方、会社を辞めたいのに色々な理由をつけられて辞められないという方のための法的知識や会社への対応策・対抗策を紹介していきます。

スポンサーリンク

会社を辞めるというのは実は簡単にできる

まず、退職代行サービスを使う/使わないという以前の話として、会社を退職するというのはメチャクチャ簡単です。

会社によっては色々なルールがあったり、退職をするのに手続きがあったりしますが、そうした手続きはあくまでも社内ルールにすぎません。

あなたが正社員(期間の定めのない雇用契約)の場合、退職届を退職日の2週間前までに提出をすれば良いのです。理由は問われません。

当事者が雇用の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。この場合において、雇用は、解約の申入れの日から二週間を経過することによって終了する。
民法第627条

就業規則で1か月前、2か月前の退職の申し出を要件としている会社もありますが、会社の就業規則よりも法律が優先されます。

※もっとも、会社と旅行な関係で退職をする前提なら会社のルールに従って退職するほうがスムーズにいく場合が多いはずです。

 

会社を辞めるといったときによくあるトラブル

会社を退職しようとすると、様々な理由で退職できない、退職しにくいように仕向けるケースがあります。

  • 退職を聞き入れてくれない
  • 懲戒解雇や損害賠償をチラつかせる
  • 有給消化が拒否される

これらが主だったトラブルでしょうか。

 

退職を聞き入れてくれない

退職したいといっても、色々な理由で引き止めに合うことがあります。

もちろん、会社が貴方を必要としており慰留しているだけというケースもあるでしょうが、ブラック企業などでは退職を全く聞き入れてくれない場合もあるようです。

そいう場合は、退職の意思を示した証拠を残しておきましょう。

  • 退職の意思をメールで伝える
  • 内容証明郵便で退職届を送る

これらの方法をとれば、会社を退職する旨が証拠として残ります。あとから、退職を拒否されたとしても〇月×日に退職の意思を示していますと抗弁できます。

 

懲戒解雇や損害賠償をチラつかせる

今会社を辞めたら、会社に損害が生じるから「損害賠償請求をする」あるいは「懲戒解雇」という扱いにするという圧力をかけてくるケースも耳にします。

ただし、労働基準法では賠償予定の禁止という規定があります。

労働契約の不履行について違約金を定めたり、損害賠償額を予定する契約をしてはいけません。

ただし、賠償予定の禁止は「予定」の禁止であって、賠償請求すること自体を禁止しているわけではありません。実際に、会社に損害が発生すれば賠償請求される可能性はあります。

ただし、実際に損害が生じる場合であったとしても、それを従業員に求めることはできないケースがほとんどです。

社員やアルバイト、パートへの罰金やペナルティ、損害賠償と減給処分のルール
2017-02-02 11:13
会社によっては、正社員やアルバイト、パートなどに対して、罰金制度を課しているところも少なくないようです。罰金という名称でなくても自腹の強要であるというケースもあるかもしれません。今
リンク

 

また、懲戒解雇についても簡単にできるものではありません。

解雇は、客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当であると認められない場合は、その権利を濫用したものとして、無効となります。

この辺りは以下の記事も参考にしてください。実は社員(従業員)は会社を簡単に辞められるのですが、会社は従業員を簡単にはやめさせられないのです。ましてや処分となるとさらにハードルは高くなります。

会社を解雇・クビにされそうな時にとるべき対策
2015-03-18 18:52
会社から解雇、クビを通告されたような場合、私たち労働者はどのような対応、対処をするべきなのでしょうか?そもそも解雇、クビというのは会社が労働者との労働契約を一方的に解除すること。解
リンク

 

有給消化が拒否される

退職をする際の有給消化ももちろん可能です。法的には残っている全日数を使って問題ないです。

仮に20日の有給休暇が残っているのであれば、退職を申し出て、その日以降出社せずに有給を使い切った日を退職日とすることも可能です。

退職時の有給消化の基本と円満退職のコツ、拒否されたときの対応
2016-10-18 15:33
有給休暇の制度はあるけれども、在職中はあまり消化できていないので、退職時にまとめて有給を使いたいという方も多いかと思います。退職前に有給休暇を使うことはそもそも問題ないのか?またそ
リンク

 

そうはいっても辞められない時は退職代行という手もある

辞めたいけど、辞められない。

辞められるということは知っているけど、上司や会社と退職について相談すること自体が嫌だという場合は「退職代行」というサービスもあります。

2018年あたりからSNSを中心に話題になったこともあります。会社を辞めるということを自分自身で告げるのではなく、専門の会社に代行してもらうというものです。

  • 正社員:5万円
  • アルバイト・パート:3万円

上記の代行費用が必要になりますが、会社を辞めたいという場合に退職の手続きをすべて、代わりに対応してくれます。

代行を依頼すれば、会社への連絡、やり取りは全て代行してくれ、会社(上司)と話す必要はなくなります。「辞めたいです」という相談・やり取りを完全にすっ飛ばすことができるわけです。

その後のやり取りは代行会社を通じて行うか、必要書類や返却物(保険証や貸与物)は郵送等で対応します。離職票などの必要書類も会社から郵送してもらえます。

有給休暇が残っているような場合はその消化についても話してもらえます。

 

退職代行サービスについて思うこと

最初に、退職代行というサービスを目にした時は、個人的に少し驚きを感じましたが、ブラック企業が耳目を集める中で、そうした法律や労働者を無視するような会社と対応するのであれば、こうしたサービスた登場するのも必然なのかなとも感じました。

また、会社(上司)と従業員という立場ではなく、退職代行業者が間に入ることで、私情や感情を挟まずに冷静な対応ができる点も魅力かもしれません。

>>退職代行のEXIT 公式ホームページ

 

まとめ

最後に紹介した退職代行のようなサービスもありますが、そもそも、従業員・社員の立場は法律で守られており、会社を辞めるということを会社は止めることはできません。

辞めたいときは、自分の意思をしっかりと伝え、それでも辞めさせてくれない時は、しかるべき対応(労働基準監督署に相談など)を取りましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP