おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

海外で使えるタッチ決済「Visa payWave」とは何か?メリット、デメリットを検証

visapwVisa payWaveというのはクレジットカードの国際ブランドであるVisaが提供するタッチ型の決済システムです。タッチ型決済システムといえば日本にはすでにSuicaや楽天Edy、WAON、iDなどの電子マネーが存在していますが、こうした国内のタッチ決済ができる電子マネーとVisa payWaveはどのような違いがあるのでしょうか?

東京オリンピックに向けて国内でも導入が広がると予想されているVisa payWaveについて、そのメリット、デメリットや活用方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

国内規格のFeliCaと世界のデファクトスタンダードTypeA/B

日本国内のカード・おサイフケータイなど、タッチ式の電子マネーとして国内で幅広く利用されている電子マネー(楽天Edy、WAON、Suica、Pasumo、iDなど)はソニーが開発したFeliCa(フェリカ)と呼ばれるシステムで運用されています。

一方、国際的にみると普及をしているのはTypeA/Bと呼ばれる規格が事実上の標準規格となりつつあります。

今回紹介する「Visa payWave(ビザ ペイウェーブ)」は後者のTypeA/B規格に基づいた決済システムになります。ちなみに、AppleがiPhoneに導入するApple PayもこのTypeA/B規格となっています。

 

Visa payWaveなら何ができる?

Visa payWaveに対応したクレジットカードやデビットカード、あるいはおサイフケータイなどを利用すれば、海外でも国内のEdyやSuicaのようにタッチによる決済が可能です。

Visa payWaveアメリカ、カナダなどの北米、イギリス、フランスなどのヨーロッパ、オーストラリア、シンガポールや韓国や台湾などのアジアで利用可能になっており、海外に行った時の少額決済ができるお店が増えています。

なお、日本国内は前述のFeliCaが標準規格となっていますが、2020年の東京オリンピックに向けた取り組みとしてVisa payWaveなどのTypeA/Bにも対応した決済端末を普及させる見込みとなっています。

 

Visa payWaveのメリット

1)セキュリティ面
カードを店員に渡す必要がありません。そのためスキミングなどの被害を予防することができます。ただし、決済が簡単ということは紛失時などはリスクがあります(クレジットカードの場合はカードの盗難保険が適用される可能性があります)。

2)少額決済がスピーディー
クレジットカードによる決済と比較してタッチだけでPINコードや署名などが不要ですので、海外での少額決済の取引時間短縮につながります。

 

Visa payWaveは基本的には海外向け

デメリットとして、国内では使う場面がないということがあげられます。

今後はわかりませんが、現時点でVisa payWaveは海外向けのサービスといえるでしょう。そのため、海外にくことは無いしその予定もないという方にとってはあまり必要とはいえない決済機能かもしれません。

 

国内でも普及の兆し、マクドナルドやイオンで利用可能に

Visa payWaveなどのクレジットカードのタッチ決済については、国内でも普及の兆しが出てきています。

2019年度を目途にイオンが導入する計画を立てており、イオンやマックスバリュなどのイオングループ各店でVisa payWaveを利用したお買い物ができるようになる予定となっています。

左のイオンカードの券面を見ていただくと、タッチ決済に対応しているマーク)))))が付いているのがわかりますよね。

>>イオンカード公式ホームページ

 

Visa payWaveに対応したクレジットカード・デビットカード

Visa payWaveに対応したクレジットカードやデビットカードは下記のとおりです。

 

三井住友VISAカード

VISAのパートナーでもある三井住友カードでは「三井住友カードVisa payWave」というカードを発行しています。こちらは三井住友VISAカードを持っている人が申し込み可能なカードで、決済代金は紐づけを行った三井住友VISAカードに対して行われます。

三井住友カードVisa payWaveの年会費は無料、1000円の利用に対して1ワールドポイントが付与されます(通常の三井住友VISAカードと同様のポイント還元率)。

>>三井住友VISAカードの公式ホームページはこちら

 

住信SBIネット銀行VISAデビットカード付きキャッシュカード

2016年1月より利用が可能になった、大手ネットバンクの「住信SBIネット銀行」が発行するデビットカードです。こちらには標準でVisa payWaveが付帯しています。こちらはデビットカードなのでVisa payWaveで決済したお金は即時、住信SBIネット銀行の預金口座から引き落とされます。

なお、米ドル決済に限り、住信SBIネット銀行の「外貨預金口座(米ドル)」から決済することも可能で、為替手数料大きく節約することができます。なお、入会金や年会費は無料です。

>>住信SBIネット銀行の公式ホームページはこちら

 

以上、海外で使えるタッチ決済「Visa payWave」とは何か?メリット、デメリットを検証というお話でした。

 

また、今回紹介したのはVisaブランドのタッチ決済システムですが、JCB、AmericanExpress、mastercardの各クレジットカードブランドもタッチ決済に対応しております。

クレジットカードのタッチ払いとは?JCB、アメックス、VISA、mastercardの非接触決済サービス
2018-04-18 11:25
クレジットカードの支払方法というと、カードを店員さんに渡して専用の読み取り機を通してサインまたは暗証番号の入力で決済完了という流れが一般的ですよね。 ところが、近年ではSui
リンク
スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP