おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いと利用方法

OLYMPUS DIGITAL CAMERAクレジットカードにはそれぞれのカードに「限度額」というものが定められており、その金額が現在そのクレジットカードで利用することができる最高限度額です。たとえばクレジットカードの限度額100万円という場合は、そのカードで100万円までなら後払いでお買い物ができますよという意味になります。

その一方で上記の枠とは別に「キャッシング枠」というものが設定されていることがあります。クレジットカードはお買いものをするためのカードで、直接お金を借りたりするものではありませんが、キャッシング枠として設定されている分に関してはお金を現金で借りることができます。

スポンサーリンク

クレジットカードの利用限度額(与信)のしくみ

クレジットカードはご存知の通り後払い方式の決済方法です。

カードで買い物をすると、その利用代金分はカード会社が販売店(お店)に対して立て替え払いをして、後日利用者からその利用代金を受け取る(口座振替等)という流れになっています。

利用者から見るとクレジットカードでのお買い物は一時的にカード会社からお金を借りているのと同じ状況になります。

 

カード会社からの与信(利用限度額)とは

貸付の上限(利用限度額)の基準は各カード会社が判断しています。利用者の自社クレジットカードの利用状況や属性、他社カードの利用状況(個人信用情報機関を通じて他社状況も確認しています)、あるいは発行しているクレジットカードのグレード(一般カードかゴールドカードか)などでも変わってきます。

 

ショッピング枠とキャッシング枠

通常のカード会社からの与信枠はいわゆる「お買いもの専用のショッピング枠(S枠)」と呼ばれる部分です。これはクレジットカード加盟店でのお買い物に限定した枠です。クレジットカードの本来の趣旨による部分といえます。

一方でクレジットカードによっては「キャッシング枠(C枠)」と呼ばれる設定をしているカードもあります。これは、利用限度額のうち、キャッシング枠(C枠)として設定している金額に限ってキャッシングを認めるというものです。

なお、キャッシング枠はショッピング枠に含まれています。
たとえば、ショッピング枠が60万円でキャッシング枠が30万円という場合、それぞれでお金が使えるわけではなく、60万円のショッピング枠の中に30万円のキャッシング枠があるという意味になります。

仮にショッピングで40万円を利用した場合、キャッシングとして利用できるのは20万円までとなります。

 

クレジットカードのキャッシング枠を使うにはどうしたらいいのか?

キャッシングとは現金でお金を借りることです。提携ATMにクレジットカードを入れて取引をします。あらかじめキャッシング枠が設定されている場合は特別な申し込みもなく利用することができます。

また、最近ではネットキャッシングといってインターネット上から申し込みをして所定の銀行口座に振り込みをしてもらうという方法もあります。

 

クレジットカードのキャッシングと金利

金利はかかります。ショッピング枠利用での買い物の場合、1回払い(翌月払い)の場合は金利手数料はかかりませんが、キャッシングの場合は「借りた日数」に対して金利が発生します。利率は年利18%程度と高めに設定されていることが多く、日割り計算されます。

ちなみに、クレジットカードのショッピング利用の場合、1回払いだと金利手数料がかかりませんが、クレジットカードのキャッシング枠を利用した場合には、1回払い(翌月払い)でも金利がかかりますのでご注意ください。

 

クレカのキャッシング枠を利用したときの返済方法

キャッシング枠を利用したお金の返済は主に2通り用意されています。「1回払い」と「リボ返済」です。金利負担を考えると1回払いのほうがお得です。

 

1回払い

クレジットカードの締日に合わせて通常の1回払いと同様に次の支払日に返済する方法です。
たとえば、毎月20日締めの翌月10日払いの場合、8月15日に1回払いでキャッシング枠を利用してお金を借りた場合には翌月9月10日に借りた分を支払うことになります。

なお、1回払い以外にもキャッシングサービス、一括払いなどと表現することがあります。

 

リボルビング返済(リボ返済)

クレジットカードとリボ払いと同様に、キャッシング枠であらかじめ返済金額を定めておき、その最低金額+利息分を毎月返済していく方法です。
なお、カードローン、ローン、リボキャッシングなどと表示される場合もあります。

リボ払いについては「リボ払いの問題点」でもその問題点を挙げていますが、返済が長期化しやすい傾向があります。クレジットカードのキャッシング枠は前述の通り金利が高いです。そうした高金利で長期間返済を続けることになるので、正直言ってお勧めできるものではありません。

 

専用のカードローンと比較するとどちらおすすめ?

クレジットカードのキャッシング枠を利用するのと、プロミスやアイフルといった消費者金融や三菱東京UFJ銀行バンクイックなど銀行のカードローンを利用するのとではどのような違いがあるのでしょうか?

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用するメリット

クレジットカードのキャッシング枠を使ってお金を借りるメリットは、手軽、抵抗感が少なくて済むという2点があげられます。

まず、すでに持っているクレカを使えばすぐにお金を借りることができるというのは大きいですね。消費者金融でお金を借りるということよりも抵抗感は少なくて済むという点もメリットとして挙げられるかもしれません。

 

クレジットカードのキャッシング枠を利用するデメリット

デメリットとしては適用される金利が高い、キャッシング枠はさほど大きくないという点があげられます。

まずは金利。たいていのクレジットカードのキャッシング枠の金利は18%に設定されています。最近では消費者金融でも1ケタ台でお金を借りることができるケースも少なくないので、この金利は高いですね。

たとえば住信SBIネット銀行カードローン(Mr.カードローン)の場合、金利は1.89~7.99%とかなり低く抑えることがでいます。ごく短期で考えれば、大きな差は出ないかもしれませんが、返済期間が長くなるようでしたらカードローンや消費者金融のような融資専用サービスを使うほうがお得なケースが多いはずです。

また、借入枠の小ささも問題です。キャッシング枠は10万円、20万円程度の少額の枠しか用意されていないことが多いです。そのため、ある程度まとまった資金を借りたいという場合は、専用サービスのほうがいいです。

ちなみに、枠が小さいからといって間違ってもショッピング枠の現金化とかいったサービスを利用したらダメですよ。「クレジットカードのショッピング枠現金化がおすすめできない当たり前すぎる理由」でも紹介していますが、メリットはありません。

 

以上、クレジットカードのショッピング枠とキャッシング枠の違いと利用方法をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP