おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカードの解約・退会前に確認するべきこと、やっておくべき6つのこと

2016/08/22最終更新   クレジットカードのライフハック

cut-expenses-1-1236901クレジットカードの年会費の節約やあるいは持ちすぎたカードのリストラなどでカードを解約・退会しようと考えている方もいらっしゃるかもしれません。解約自体はすぐにできますが、解約する前に確認しておきたいこと、やっておきたいことをまとめていきます。

意外と細かい点も多いのですが、解約した後に気づいても遅いので解約前にチェックするようにしてください。今回はそんなクレジットカードの解約・退会をする前に知っておきたい6つのことを紹介していきます。

スポンサーリンク

解約・退会は超簡単

ちなみに、解約自体は驚くほど簡単に終わります。
クレジットカードの裏面に電話番号が書かれていますが、そこに電話をして「解約したい」と告げるとカード番号や本会員の個人情報の確認で本人確認をして、それでOKなら即解約です。

その一方で、解約をすることで使えなくなるサービスや特典やその他の注意点もいくつかあるのでそのあたりをまとめていきます。

 

(1)貯めたポイントは消費しておく

カードの利用で貯まったポイントなどは基本的に退会・解約すると期限が残っていても失効します。そのため、解約する前にポイントはある程度使い切ってしまいましょう。
最近では比較的少額のポイントであっても、他のポイントに交換するなどの方法が用意されていることが多いです。

 

(2)オンライン明細などはあらかじめダウンロードしておく

最近は明細を紙ベースではなく、インターネット上で確認するタイプで利用している方も多いと思います。カードを解約してしまうとサービスサイトにもログインできなくなるので、その前に利用明細などはあらかじめダウンロードするなり、印刷するなりしておきましょう。

後々のことを考えて、少なくとも数か月分くらいは取っておくとよいですよ。

 

(3)自動決済などにしているものはメモして決済を変更する

これは結構多いトラブルの一つです。

公共料金や電話代、定額サービスの利用料などをクレジットカードを使って自動支払いしているようなケースもあるかと思いますが、解約すると当然ですが決済ができなくなります。

そのままだと強制解約されることもあります。また、最悪のケースですが携帯電話の料金支払いなどをカード払いにして解約して決済できず、連絡先を変更していないなどで連絡が取れないと電話料金が未払いになります。
携帯電話の料金支払い遅延で信用情報に傷が付く」でも紹介していますが、携帯電話などを分割払いにしている場合は未払いだと、カード決済ができない→携帯料金未納扱い→ブラック情報として登録されてしまうかもしれません。

他にも生命保険料などのカード払いが止まることで保険が強制解約されるようなケースも考えられます。

こうしたサービスを利用している場合は事前にそれぞれのサービスを利用している会社にクレジットカード番号の変更や、支払い方法の変更手続きなどを行った上でカードを解約するようにしましょう。

 

(4)分割払い・リボ払いなどの残高がないか確認する

もしも、解約予定のクレジットカードで分割払いやリボ払いなどで未返済分がある場合はご注意ください。こうした債務についてはカードを解約することで期限の利益を失うことになり、一括返済を求められるのが通常です。

 

(5)家族カードやETCカードを利用していないか確認する

クレジットカードの本会員が解約をした場合、その本会員に紐づけられている家族会員の資格も同様に失われます。同じように高速道路の料金支払いなどに利用するETCカードも利用できなくなります。

ちなみに、本会員だけ解約して家族カードだけを使う、ETCカードだけを使うということはできませんのでご注意ください。

 

(6)即解約はクレジットカードが今後作りにくくなるかも?

クレジットカードを作成して即解約となった場合には注意が必要です。クレジットカードは入会特典を用意しているケースも少なくありません。カード作成後すぐに解約をすると「入会特典目当ての人」と思われてしまうかもしれません。

そうであるかどうかは別として、他のカード会社なども個人信用情報機関の情報をもとに入会大会の情報を知ることができます。そうした情報があると後日のクレジットカードなどの審査に悪影響が出る可能性もあります。

少なくとも新しく作ったカードは1年以上使うようにしたほうがいいと思います。

 

解約・退会はデメリットばかりではない

今回はクレジットカードを解約したり退会したりするデメリットや注意点ばかりを述べましたが、解約・退会にはもちろんメリットもあります。

・年会費などを抑えることができる
・使っていないカードを減らすことで不正利用のリスクを抑える
・クレジットカードをはじめとした「総与信枠」の削減に役立つ

という3点があります。詳しくは「クレジットカードをリストラ(解約)すべき3つの理由と方法」でも紹介しています。

 

以上、クレジットカードの解約・退会前に確認するべきこと、やっておくべき6つのことをまとめてみました。参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP