おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

海外旅行におすすめのクレジットカードを徹底比較!保険や特典、ブランドはどれを選ぶ?

plane海外旅行にはクレジットカードを持っていくことを強くお勧めします。

お買い物が便利になる、お得になるというのは勿論ですが、海外旅行傷害保険などの保険、空港でのラウンジ利用、手荷物配達等のサービス、ホテルでの優待、観光案内やコンシェルジュサービスなど、クレジットカードはあなたの海外旅行をより快適に、そしてお得にしてくれます。

クレジットカードは持たない主義という方もいるかもしれませんが、海外旅行や海外出張の前にはぜひカードを持つことを検討することをお勧めします。

スポンサーリンク

海外旅行にクレジットカードを持っていくときの基礎知識

まずは、海外旅行に行くときにクレジットカードを持っていく意味や知っておいた方がいい基本を紹介していきます。

  • 海外では現金は拒否されることもある
  • ホテルなどではクレジットカードが身分証代わりになる
  • 海外での医療費は高い(要、海外旅行傷害保険)
  • 国際ブランドはVISAかMasterCardがおすすめ

クレジットカードは海外旅行の強い味方です。

 

海外では現金払いは拒否されることもある

日本ではニコニコ現金払いがお店で好まれることも多いですが、海外では高額紙幣での決済は偽札などが疑われ、逆に好まれません。

 

ホテルなどではクレジットカードが身分証代わりになる

また、ホテルに泊まるとき、レンタカーを借りるときなどはクレジットカードが身分証(信用状)の代わりになることも多いです。

クレジットカードを持っている=支払い能力のある人

という構図が欧米ではよく見られます。そのため、ホテルに宿泊するときなどに現金しかない場合、より多くのデポジットを求められることが多いです。

 

海外での医療費は高い(要、海外旅行傷害保険)

海外の医療費は日本と比べて高いです。ちょっとした入院でも驚くような金額が請求されてしまうこともあります。

海外旅行の治療費等をカバーする海外療養費制度と海外旅行傷害保険の違いと利用方法
2019-01-11 10:29
海外旅行に行くときの不安の一つが現地での怪我や病気。健康保険などが使えないので全額負担となることから、海外旅行傷害保険などを始めとした民間保険に入ると言う方も多いようです。しかしな
リンク

こうした時、海外旅行傷害保険が付帯しているクレジットカードを持っていれば、費用の全部(または一部)を保険金で賄うことができます。

もちろん、個別に海外旅行傷害保険に加入することもできますが、クレジットカードの場合は無料で付けられますのでうまく活用しましょう。

 

国際ブランドはVISAかMasterCardがおすすめ

海外旅行に行くときは、カードブランドを複数持っておくことです。ブランドというのは「JCB」「Visa」「MasterCard」「アメリカン・エキスプレス」「ダイナースクラブ」といったようにカードに印刷してあるロゴです。

JCB、VISA、MasterCardはどれがいい?カードブランドの違いを知る
2019-08-04 11:04
クレジットカードを初めて作るという方にとって、一つ決めなければならないものとしてクレジットカードのロゴとして印刷されている「JCB」や「VISA」、「MaterCard」といったカ
リンク

日本ではクレジットカードを使えるお店で「カードブランド」を気にする機会はあまりないかもしれませんが、海外では「JCB、何それ?」というようなお店も少なくありません。

海外旅行に1枚だけ持っていくというのであれば加盟店の数を考えて圧倒的に「VISA、MasterCard」を推します。

これら以外使えないという加盟店も多いので、海外に行くのであればVISAかMasterCardのマークがついたカードを1枚は持っていくことをお勧めします。

 

海外旅行に強い、おすすめのクレジットカードの選び方

海外旅行におすすめといえるクレジットカードの特典やサービスはどんなことがあるでしょうか?

  • 海外旅行傷害保険が充実している
  • その他、海外旅行に役立つ保険
  • 空港ラウンジが使える
  • 手荷物宅配などのサービスが使える
  • 観光案内やコンシェルジュ、万が一の場合のサポートが受けられる
  • ホテルで優待がある
  • 海外でのショッピングのポイント還元が高い

クレジットカードを上手く使えば上記のような特典を享受できるわけです。しかも、大抵は無料(あるいはカードの年会費だけ)で使えてしまうんです。

 

海外旅行傷害保険が充実しているクレジットカードを持つ

海外旅行傷害保険は、海外旅行における万が一の病気や怪我、盗難、第三者への損害賠償などを補償してくれる保険です。さきほど紹介した海外プリペイドカードは、決済用としては便利ですが、クレジットカードの方が優れている点は「保険・補償」の分野です。

海外旅行時の保険については普通に損害保険会社で加入することもできますが、クレジットカードにも付帯しているものがありますので、そちらを活用する方が保険料節約という意味でもお得です。

そもそも、こうした海外旅行傷害保険は必要なのか?というところを考えた場合「必要性は高い」と思います。

 

海外旅行時の「事故発生率」は3.9%と高い

これを高いと考えるか、それとも低いと考えるかはそれぞれだと思いますが、2012年の統計データでは26人に1人が海外旅行傷害保険で保険金を請求しています(保険事故発生)。

保険に入っていればそうした事故が発生した時でも金銭的な負担を減らすことができます。

 

保険事故の最多は「治療・救援費用」

海外旅行傷害保険の項目で第1位の請求となっているのが治療・救援費用です。海外では治療費などが高額なケースも多く、「海外療養費」などの制度を使っても100万円を超えるような自己負担額が生じるケースも少なくありません。ちなみに、ジェイアイ保険(2012)の統計では治療・救援費用として1000万円超の事故が11件発生したそうです。全体の件数が出ていないので割合は不明ですが、治療費や救援費用で高額な費用が発生するケースもあるということは知っておく必要があります。

ちなみに、クレジットカードによる海外旅行傷害保険を考えるなら、最高額ではなく「病気や怪我の治療に対する保険」部分を最も重要視するべきです。

一般に年会費が無料のクレジットカードではこの部分が無かったり、補償額が低額というものも多いです。

 

クレジットカードの海外旅行傷害保険では不足?

クレジットカードについている海外旅行傷害保険では「死亡・後遺障害」時の最大保険金額が注目されることが多いですが、保険事故の最大要因である治療費用・救援費用の項目に一番注目するべきです。

そう考えると、クレジットカードの付帯保険に設定されている治療に関する保険は100万円~200万円程度が上限となっていることが多いです。最悪1000万円かかるかもというリスクには対応できていません。

じゃあ、クレジットカードの付帯保険だけではだめなのか?といわれるとそうではありません。傷害や治療にかかる補償部分は「合算」が可能だからです。

クレジットカードの海外旅行傷害保険では、別々のカード会社であれば、それぞれの保険を合算することができます。たとえば、200万円の病気や怪我の保険があるカードを3枚もっていれば600万円までの補償を受けられるということになるわけです。

年会費なども考える必要はありますが、 旅行傷害保険が充実したカード数枚を持っていればある程度の傷害保険はカバーできるはずです。

年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法
2019-08-29 15:17
海外旅行などで病気やケガをすると大変な治療費がかかるということはご存知の方も多いかと思います。そんな海外旅行時の病気やケガなどの諸費用を補償してくれる保険が「海外旅行傷害保険」です
リンク

 

その他、海外旅行に役立つ保険が付いたクレジットカードを持つ

航空機遅延保険があれば遅延や欠航、ロストバゲージの際も安心です。

万が一飛行機が遅延したり欠航したときの補償がきく保険です。LCCなどを利用する方はトラブルの影響で飛行機が飛ばないというケースもあるでしょう。そうしたときに食事代や乗り継ぎ不可の際には宿泊代などが補償される保険です。

あったらいいなという保険ですかね。ちなみに、私は一度、冬の北海道旅行で雪の影響で欠航した時にこの保険で豪華なディナーを楽しめました。

飛行機の遅延や欠航、ロストバゲージで慌てない。航空便遅延補償保険でLCCや台風シーズンも安心?
2019-10-12 09:27
国内外の旅行でLCC(ローコストキャリア)を利用するという方も増えているのではないでしょうか。こうしたLCCは価格が安い代わりに、航空機の台数が少ないため、遅延や欠航といったリスク
リンク

 

空港ラウンジが使えるクレジットカードを持つ

海外旅行をする時、意外と長時間滞在することになるのが「空港」です。

国内線のように1時間前に行けばOKというものではないので、出発の何時間も前から空港で待つ必要があります。そんな待ち時間をより有効に活用できる特典が大きなクレジットカードを持つというのもお勧めです。

海外旅行におけるラウンジについては絶対に必要というわけではありませんが、長い待ち時間などがあるような場合には使えると快適です。

海外空港でのラウンジ利用においては「プライオリティパス」というものがあれば無料で利用することができます。

最近ではプライオリティパスが付帯する年会費の安いクレジットカードも登場していますのでそうしたカードをも作っておくというのも手ですね。

空港のラウンジが使えるプライオリティパスの活用方法と利用の注意点
2019-02-28 09:41
プライオリティパス(Priority Pass)とは世界最大の空港ラウンジ利用の有料会員サービスです。会員になることでプライオリティパスが契約している空港のラウンジサービスを提供し
リンク

 

手荷物宅配などのサービスが使えるクレジットカードを持つ

アメリカンエキスプレスのクレジットカードなどには、自宅から国際線空港までの荷物を宅配してくれるサービスが無料となっているところがあります。

さすがに海外までというサービスはないですが、先に手荷物を送っておけば、空港までは、ほぼ手ぶらで行くことができます。

帰路でも空港からご自宅までの配送を無料でできたりしますので、このサービスが使えると海外旅行が楽になります。

クレジットカードの空港宅配サービスを比較。使い方とお得なカード情報
2019-06-16 10:43
海外旅行などは特に手荷物が大荷物になりがちです。空港まで行くとき、空港から帰るときに大きなスーツケースをもって電車などの公共交通機関を使うのは大変ですよね。空港宅配サービスを利用す
リンク

 

観光案内やコンシェルジュ、万が一の場合のサポートが受けられるカードを持つ

現地での観光情報やレストランやホテルの予約なども重要な要素の一つですよね。不安な現地での日本語による情報提供やホテルの予約などがお得になるカード、レストランなどの手配もうれしいところです。

 

JCBブランドのクレジットカードは海外での観光ガイドが受けられる

冒頭でJCBは海外に弱いと書きましたが、ハワイのように日本人観光客が多い地域では使えます。

また、世界の60か所にJCBプラザ(ラウンジ)が用意されており、JCBカードを持っていれば観光案内などを受けることもできます。そうした意味でもJCBカードは味方になってくれるはずです。

また、世界の主要都市にはJCBプラザラウンジというよりグレードの高い施設盛ります。現地ツアーの手配や予約などにも対応しています。なんといっても「日本語で対応」してくれるというのがうれしいところです。無料のWi-Fiもあるので日本から持ち込んだパソコンやスマホで情報を調べることもできます。

ちなみに、JCBブランドのクレジットカードならOKです。本家のJCBカードが発行したクレジットカードはもちろんですが、たとえば楽天カードでもブランドが「JCB」ならJCBプラザが利用できます。

ちなみに「楽天カード(JCB)」ならJCBプラザラウンジだけでなく、ハワイの「ハワイ・ワイキキ 楽天カードラウンジ」も利用することができます。年会費も無料なのでおすすめです。

楽天カードのメリットとデメリット。最強クレジットカードと名高い楽天カードを徹底解剖
2019-08-28 00:41
国内のオンラインショッピングモールの最大級の「楽天市場」。会員数は1億人を超える、日本のショッピングモールの中でも最大規模のモールです。そんな楽天市場をよく利用していると言う方も少
リンク

 

コンシェルジュ付きのプラチナカードなら現地のわがままな予約にも対応

高額年会費のクレジットカードに絡めて、いわゆる「プラチナカード」と呼ばれるクレジットカードにはコンシェルジュサービス(コンシェルジェ)というものが付帯しています。

こちらであれば、現地のホテルの予約はもちろん、レストランの予約やツアーの予約、あるいは情報収集のお願いなども可能です。

クレジットカードのコンシェルジュサービスでは何をお願いできるのか?
2018-01-04 16:37
プラチナカードやブラックカードといったハイグレードのクレジットカードの多くは「コンシェルジュサービス(コンシェルジュデスク)」という利用者の様々な要望に応えてくれるサービスが用意さ
リンク

 

万が一の事故などでもサポートが受けられる

たとえば、アメリカンエキスプレスのクレジットカードには「オーバーシーズアシスト」というサービスがあります。

  • 海外情報サービス
  • メディカルサービス
  • リーガルアシストサービス

が利用できます。

メディカルサービスでは、電話での医療相談や病院紹介、予約手配、緊急移送などの相談ができます。リーガルアシストサービスでは、緊急時の弁護士の紹介や保釈金・弁護士費用の立替などのサービスが受けられます。

海外旅行での万が一に備えることもできるわけです。

 

ホテルで優待が受けらるクレジットカードを持つ

ホテルでの宿泊に関して言えば、SPGアメックス(スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード)というクレジットカードがあると強いです。

年会費31000円という高額なクレジットカードなのですが、スターウッド系列のホテル、マリオット系列のホテルで上級会員(ゴールド会員)として扱われます。

たとえば、マリオット系列での宿泊なら

  • ホテルの部屋の無償アップグレード
  • レイトチェックアウト

といった特典があります。

いずれも1回利用するだけで数千円は確実に得ができる特典となっています。更新時にはホテル1泊無料といった特典もあるので、海外旅行(国内旅行を含む)が多いなら元が取りやすい高額クレジットカードです。

SPGアメックスのメリット、デメリット。マリオット、リッツカールトン、シェラトン上級会員の魅力
2019-04-22 06:58
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)というクレジットカードがあります。こちらスターウッドホテル&リゾートという世界的なシティホテ
リンク

 

海外での利用でポイント還元が高いカードもある

国内でのショッピングとは別に海外でのショッピングの場合、国内利用よりもポイント還元等で優遇があるクレジットカードもあります。中には、数%程の高いポイント還元率を実現しているカードもあるので、こうしたクレジットカードで海外でお買い物をするのはお得です。

 

まとめ。海外旅行に持っていきたいクレジットカード

ここまで、数多くのクレジットカードを海外旅行に持っていくべき、色々な理由や特典を紹介してきました。

クレジットカードって単なる決済手段というだけでなく、海外旅行をサポートしたり、お得にしてくれたり、万が一に対応してくれたりする、色々な特典が詰まっています。

かなりの数のカードを紹介しましたが、最後に個人的におすすめのクレジットカードを特長ごとに紹介していきます。一枚で完璧というクレジットカードはないので、それぞれの特徴を見たうえで組み合わせて利用されるのがおすすめです。

 

楽天プレミアムカードは最安年会費でプライオリティパス取得可能

海外旅行において空港でのVIPラウンジ優待(プライオリティパス)が欲しいという方にとって最も安い年会費でパス取得が可能なのが楽天プレミアムカード(年会費1万円+税)です。

海外旅行傷害保険が最高5000万円分付帯しています。 また、ハワイなら楽天カードラウンジ、ワイキキ・トロリーも無料で使えます。

クレジットカードブランドはJCB,MasterCard,Visaの3種類から選択可能となっています。海外旅行用と考えるならVisaかMasterCardがいいですね。

空港のラウンジが使えるプライオリティパスの活用方法と利用の注意点
2019-02-28 09:41
プライオリティパス(Priority Pass)とは世界最大の空港ラウンジ利用の有料会員サービスです。会員になることでプライオリティパスが契約している空港のラウンジサービスを提供し
リンク

楽天プレミアムカード公式ホームページ

 

SPGアメックスは海外ホテルがお得になるカード

SPG(スターウッド)とマリオット、リッツカールトンの上級会員となれるクレジットカード。アメリカンエキスプレスブランドです。

宿泊時の無料アップグレードなどの上級会員特典が豊富に利用できるようになっています。年会費は31,000円+税とお高めですが、マリオット系の高級リゾートやホテルに宿泊するのであれば、“特別扱い”が期待できるクレジットカードとなっています。

マリオット、ザ・リッツカールトン、シェラトン、ウェスティン、セントレジス、ラグジュアリーコレクションなどがグループです。

ちなみにカード更新時には無料宿泊が1泊分プレゼントされるので、実はコスパも悪くありません。

空港までの手荷物無料宅配サービス、アメックスのオーバーシーズアシスト(海外ホットライン)も利用可能です。

SPGアメックスのメリット、デメリット。マリオット、リッツカールトン、シェラトン上級会員の魅力
2019-04-22 06:58
スターウッド プリファード ゲスト アメリカン・エキスプレス・カード(SPGアメックス)というクレジットカードがあります。こちらスターウッドホテル&リゾートという世界的なシティホテ
リンク

スターウッドプリファードゲスト・アメリカンエキスプレスカード公式ホームページ

 

お守り代わりのエポスカードは年会費無料で海外旅行傷害保険が自動付帯

エポスカードは年会費無料にもかかわらず、海外旅行傷害保険が自動付帯しています。お守り代わりにどうぞ。

ちなみに、海外旅行傷害保険の保障内容は死亡・後遺障害以外は“積み上げ式”となっているので、他のカードの補償にプラスして保険が受けられますので、VISAブランドのサブカードとしてもおすすめできるカードです。

死亡・後遺障害 : 最高500万円
傷害治療費用 : 1回の事故につき200万円限度
疾病治療費用 : 1回の疾病につき270万円限度
賠償責任 : 1回の事故につき2,000万円限度
携行品損害 : 1旅行中20万円限度(自己負担3,000円)
救援者費用等 : 1旅行・保険期間中の限度額100万円

エポスカードは”保有だけで”お得な年会費無料のハイスペックなクレジットカード
2019-10-31 18:18
エポスカードは丸井のクレジットカードです。私はそんなにマルイには行かないしなぁと思う方も多いかもしれません。しかし、エポスカードはマルイの利用者にとってはもちろんお得なのですが、マ
リンク

エポスカード公式ホームページ

 

クレジットカードが持てないという方は海外専用プリペイドという選択もある

なお、海外旅行などの買い物にカードを利用するとつい使いすぎてしまう。と言う方には決済用に「海外専用プリペイドカード」と言う選択もあります。

こちらはVisaやMasterCardなどのお店でクレジットカードと同じように利用できますが、実際にはチャージした範囲でしか使えないので使い過ぎの予防に役立ちます。

詳しくは「海外旅行や出張で使える海外用プリペイドカードの種類と選び方、活用のポイント」もご参照ください。

 

いかがでしょうか。海外旅行のお伴として役に立つクレジットカードを紹介してきました。上手に活用すれば海外旅行を何倍も楽にそして便利にしてくれるはずです。

以上、海外旅行に行く前に作っておきたいクレジットカードの紹介でした。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP