おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

GMOあおぞら銀行がネットバンクとして2018年開業予定。どんな銀行?

GMOあおぞら銀行というネットバンクが誕生します。GMOインターネットグループと、あおぞら銀行による提携で誕生する銀行です。金融とITに関しては“フィンテック”という言葉が使われるようになって久しく、親和性が大きい分野です。そんな中でIT企業であるGMOインターネットグループの銀行業参入は決して変なことではありません。

GMOインターネットの銀行業参入については、あおぞら銀行との協議を2015年6月には始めているわけで、開業予定の2018年7月まで3年ほどの準備期間があったことになります。今回はそんな新ネットバンクのGMOあおぞら銀行についてどんなネットバンクになるのかを会社発表などの情報をもとに紹介していきます。

スポンサーリンク

投資や個人向け決済や中小企業などに強み

GMOインターネットグループは様々な事業を行っていますが、銀行業と近い分野では以下のようなサービスがあります。

  • GMOクリック証券(ネット証券。コスト面に強み)
  • GMOペイメントゲートウェイ(クレジット決済、個人向け与信)

 

銀行+証券の連携はほぼ確実、楽天銀行、住信SBIネット銀行に続く

銀行+証券の連携(銀証連携)はほぼ確実ですね。

ネット銀行+ネット証券の連携は珍しい話ではなく、「楽天銀行+楽天証券」「住信SBIネット銀行+SBI証券」あるいは「大和ネクスト銀行+大和証券」のように多くの銀行と証券会社が連携しています。

GMOインターネットグループの場合、大手ネット証券の一角を占めている「GMOクリック証券」があります。GMOあおぞら銀行と連携した預金サービス等は確実に提供されるでしょう。

GMOクリック証券は主に低コストの取引が強みとなっており、株取引や信用取引の他、FXやオプション取引、先物取引などにも強みがあるネット証券です。投資関連でいえば、GMOコインという仮想通貨取引サービスも行っているので何かしらの連携があるかもしれません。

 

個人向けの与信サービス、中小企業向け事業も強い

このほか、GMOインターネットグループのGMOペイメントゲートウェイ(GMOPG)は、クレジットカードの決済サービスで個人向けの与信(後払い)サービスを行っています。一時期話題になった、ZOZOTOWNの「ツケ払い」についてもGMOPGによって提供されています。

事業者向けには、GMOメイクショップなどによるネットショップ運営サービスを始めとした、事業者向けのサービスも数多く提供しています。

ネットバンクというと、主にリテール(個人)向けのサービスが中心の銀行が多い中、GMOあおぞら銀行は中小企業との繋がりを広げることができます。このあたりの連携したサービスには期待が広がります。

 

フィンテック分野に注力、オープンAPIを導入

GMOインターネットというIT企業との連携にあたり、外部の事業者と安全にデータ連携ができるシステムを導入します。これによって、外部の様々な事業者と連携した、いわゆるフィンテックなサービスを展開することができます。

 

GMOあおぞら銀行の営業開始は2018年7月

まだ、細かいサービス内容等は明らかになっていませんが、現時点ではネット証券との連携サービス+個人向けサービス+中小企業向けのサービスが中心となりそうです。

サービス内容等が出そろい次第、随時こちらの記事もアップデートしていきます。

 

以上、新ネット銀行のGMOあおぞら銀行について紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP