おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ZOZOTOWNのツケ払いサービスの注意点、払えないときの最善の対応

最近のネット通販のトレンドの一つとして後払いの利用が増えています。NP後払い、後払い.comといった多くのECサイトで利用されている決済サービスです。最近ではファッション大手のZOZOTOWN(ゾゾタウン)がツケ払いという名称でGMO PGと提携しサービスを開始しています。

こうしたネット通販でのお買い物における後払い、ツケ払いサービスの仕組みやその利用の注意点を紹介していきます。

スポンサーリンク

後払いサービスは債権譲渡による支払サービス

一部例外はあるかもしれませんが、通販サイトなどで利用されている後払いサービスは、第三者の後払いサービス提供会社に債権譲渡をする取引となっています。

債権譲渡(さいけんじょうと)というのは、後払いによって代金を受け取る権利を渡すということになります。

今回は少し話題になっているZOZOTOWNのツケ払いを例にしていきます。

  1. ZOZOTOWNでお客さんが注文する
  2. 商品が送られてくる
  3. GMO PGより請求書が届く
  4. コンビニなどで支払いをする(2か月以内)

流れとしては上記のとおりです。その3者の関係を図にすると下のようになります。

債権譲渡というのは、商品の売買契約に基づいてお客さんとZOZOTOWNとの間で生じる債権(代金請求権)をGMOペイメントゲートウェイに譲渡する代わりにGMOから代金を受け取ります。債権譲渡を受けたGMOPGはお客さんに対して、その債権に基づいて請求をするという流れになります。

ちなみにこうした後払いのシステム自体はZOZOTOWNに限らず、多くのECサイトで採用されています。NP後払いなどが代表的で、2000年代前半にはサービスが開始されています。

手数料 支払期日
ツケ払い(ZOZOTOWN) 300円(税別) 約2か月
NP後払い 無料~200円程度(ショップによる) 請求書の発行後14日以内
後払い.com 無料~200円程度(ショップによる) 請求書の発行後14日以内

ソーシャルメディアでZOZOTOWNのツケ払いで阿鼻叫喚といった話が話題になっていますが、実際にはかなり昔から利用されている決済手段で、個人的には何を今さら感があります。
ただ、他の後払いサービスと比較すると、ツケ払いは支払期日がかなり長めにとってあります。他の後払いサービスは2週間程度となっているので、この辺りで少し差がありますね。

ちなみに、こうした後払いサービスは「債権譲渡」をすることによって、もし仮にお客さんが代金を支払えなかったとしても、リスクはGMO PGが負担しているため、リスクはありません(その代わり手数料を払っているわけですが……)。

 

利用者が負担するのは手数料のみ?

一方でZOZOTOWNのツケ払いを始めとして、各社の後払いサービスでは一定の期間までに支払いをすればかかるのは利用時の数百円の手数料程度で金利が発生するわけではありません。

ツケ払いをする金額が少ない場合はたしかにこの手数料もバカにはなりませんが、他の決済サービスでもこのくらいの手数料がかかることは少なくないのでぼったくりといった話ではないですね。

 

リボ払いなどで買い物するよりは数倍はマシ

ZOZOTOWNのツケ払いについては情弱ビジネスという批判もありますが、クレジットカードの魔法の支払方法であるリボ払いよりは何倍もマシです。リボ払いの問題点については「実は危険なリボ払い。リボ払い利用の問題点は高い金利と長期化する返済期間」でもっと詳しく紹介していますが、毎月の支払金額を一定額(たとえば1万円とか)にできる支払方法です。

リボ払いだと毎月の支払額は小さくできますが、返済していない部分には年利15%とか18%といったサラ金真っ青レベルの金利が発生しています。残債(未返済分)が増えれば増えるほど利息もどんどん大きくなっていき、どんどん借金が膨らむリスクのある取引です。

一方のZOZOTOWNのツケ払いは2か月後には必ず返済しなければならないうえ、期間中の金利はかからないため、金利的にボッタくっているような商品(決済方法)ではありません。

 

後払い、ツケ払いを利用するリスクと注意点

一方で、お客さんとしてZOZOTOWNのツケ払いに限らず後払いサービスを利用するリスクや注意点にはどんなことがあげられるでしょうか。

実はツケ払いのような支払方法は正直言ってたくさんあります。よくネットショッピングなどで利用されるクレジットカードだって、その場では支払いをせずに支払いは後払いです。クレジットカードは締め日と支払日があるため、長い場合は1か月程度は事実上の後払いとなります。

分割払いなどを利用すればもっと長い期間をかけて返済することもできます(この場合は金利・手数料が発生)

じゃあ、ツケ払いの何が問題なのか?というとツケ払いを利用する人の支払いに対する考え方です。

 

ツケ払いは借金であり、返済できないということは重い

ツケ払いは商品代金を後払いすることです。ZOZOTOWNのツケ払いについては約2か月の猶予がありますが、2か月後には必ず代金を支払う必要があります。

そして、こうした事業者とするお金のやり取りの期日は大変重要です。対応や未払いとなると今後の決済に影響が出てくる可能性があります。そして、こうした支払いについての信用情報は将来にわたって影響することがあります。

 

2か月後の支払いについてどこまで考えているか?無計画なツケ払いは破たんする

ツケ払いは比較的、与信(後払いの審査)は緩いようです。そのため、支払い能力があまりないであろう人にもツケ払いを認めています。いくらツケ払いを使おうが2か月後の支払い時期の金勘定ができていれば問題はありません。

問題となるのは無計画に、支払のアテもないのにツケ払いを利用するというケースです。ZOZOTOWNのツケ払いで支払いができない……と言っている人の多くはこうした支払い計画を立てずにツケ払いを利用した人ではないでしょうか。

とりあえずほしいものがあるから、セールだからという理由でツケ払いを利用するわけです。

 

ツケ払い(後払い)は浪費を加速させることを知る

人はお金に対しては、今すぐ財布から出ていくお金よりも将来出ていくお金を小さく見る傾向があります。

これはクレジットカードでのお買い物も同じなのですが、財布から直接現金が出ていかないため、その支払いを過小評価しがちだといわれています。ツケ払い(後払い)の場合、「まぁ、何とかなるっしょ」という気持ちが働きやすくなり、それが浪費につながるわけです。

実際ZOZOTOWNの売上高はツケ払い(後払い)を導入してから飛躍的に増加しています。これはツケ払いという存在がこうした浪費を加速させたということができそうです。

 

ZOZOTOWNのツケ払いが払えないときはどうしたらいい?

さて、実際にツケ払いを利用したけど、期日が迫ってきてその代金が支払えないという場合、どのような解決策があるのでしょうか?まず、支払わないという選択はありません。

GMO PGはCIC、JICCに加盟していないようなのでクレジットカードのようにブラックリストに載るというリスクはなさそうですが、彼らも貸したお金を回収するのが仕事です。返済しないと、手紙、電話、訪問といった様々な手段が取られます。また、遅延損害金などが加算されるようになり借金はどんどん大きくなっていきます。

支払わないで逃げ切れるようなものではありません。最終的には裁判所を経て給料の差し押さえ等を含めた形で処分がされることになるでしょう。

 

キャッシングやカードローンによる借金で借金を返すのは悪手

借金のための借金というのは、問題の一時しのぎにしかならないうえ、金利が発生するため借金の返済が長引けば長引くほど、借金は大きくなっていきます。

ツケ払いはシステム上、何十万円も借り入れができるシステムにはなっていません。上限5万円レベルです。そんなことのために借金のための借金をすると、それが入り口で借金地獄に陥ってしまうリスクがあります。

ツケ払いという魔法の支払方法で支払いが困難な状況に陥っている貴方であればそのリスクは高いと推測されます。

 

まずは、連絡をして支払いがいついつから可能かをGMO PGに伝える

期日の返済(支払い)が困難な場合は、まず第1に請求書に記載されている電話番号に連絡をして、期日に支払いが出来ない旨(出来なかった旨)を伝え、いついつまでに支払うことができるかを連絡するのが上策です。

いうまでもなく、未払いをしないのが一番ですが、支払えなくなってしまった場合でも、逃げるのではなくしっかりと対応できる人のほうが評価されます。

一番最悪なのは先方からかかってくる電話を無視すること。こうした電話が怖いという気持ちはわかりますが、しっかりと返済する意思と時期を先方に伝えることが重要です。

 

日払いのバイトでもして数万円稼げばいい

ZOZOTOWNのツケ払いの代金はマックスでも5万円程度ということもあるわけです。

貯金や給料で払えないなら日払いのバイトでもして数万円稼ぎましょう。今なら正直言って仕事はあるはずです。平日仕事をしていても土日だけの日払いの短期バイトだってあるわけです。

1日8000円でも2週間×土日働けば32,000円は稼げるはずです。

>>ショットワークス公式ホームページはこちら

大切なのは資金計画、ご利用は計画的にできないなら使わない

おそらく、一度でもツケ払いで支払いを遅延した場合、同サービスは審査落ちとなる可能性が高いです。
もっとも、このZOZOTOWNのツケ払いでの遅延によって、他の後払い系のサービスが一生使えなくなるというほどのダメージはないでしょう(GMO系は厳しくなるかもしれませんが……)。

こうした後払いというのは、文中でも書きましたが金勘定ができている人しか使ってはいけません。

 

ツケ払いよりクレジットカード払いのほうがお得なのに……

ZOZOTOWNのツケ払い(ほかのNP後払いなども同様)は利用に300円程度の手数料がかかります。
一方でクレジットカードで支払いをすれば短期間の後払いですが、手数料はかかりません。逆に利用に応じてクレジットカード会社から利用額に応じてポイントがもらえます。

そう考えると、ツケ払いよりはクレジットカード払いで買い物をしたほうが、後払いなうえ、ポイントまでもらえるので圧倒的にお得です。
参考:ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ

 

ただし、クレジットカードの場合は、ツケ払いの場合と異なり、支払の遅延などがあると、個人信用情報機関という、個人の金融取引が記録されている機関にそうした情報が残ることがあります。

そうなると、以降数年間はクレジットカードはもちろんローンなどの多くの金融取引で審査に通らなくなってしまうというもっと大事になってしまいます。
参考:クレジット・ローンの事故情報・ブラックリストはいつ消える?確認は?

そんなことにならないように、くれぐれもご利用はご計画的に。そして、こうしたお買い物やお金に関する基本的な知識を身に着けるようにしてください。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP