おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

カードローン・キャッシングはできるだけ1社にまとめる方が金利が安くなる

カードローンやキャッシングといった無担保ローンについてどのような印象をお持ちでしょうか?好意的にみているという人は多数派ではないと思います。ただ、万が一の資金需要にこたえてくれるのはこうした小口金融です。今回は少しでも得をするカードローン、キャッシングの利用法について解説していきます。

今は使わないにしても、理解しておくと万が一の時に役立ちます。ポイントは、複数から借りるのではなく、1社でできるだけ多くのお金を借りる枠(与信枠・利用限度額)を持つということです。

スポンサーリンク

カードローン・キャッシングの金利はどう決まる?

カードローンやキャッシングなどのローンに適用される金利は○%~××%というように幅があるように書かれています。この仕組みは「ローン利用者の最高与信枠(利用限度額)」によって決まるようになっています。

たとえば、適用される金利が4%、8%、12%、17%という4段階の金利があるカードローンがあるとします。この場合の金利は下記のような形で決まってきます。

4%が適用:利用限度額300万円以上
8%が適用:利用限度額200万円以上、300万円未満
12%が適用:利用限度額100万円以上、200万円未満
17%が適用:利用限度額100万円未満
(上記例は適当な数字です)

つまり、利用限度額(総与信枠)が大きい人ほど有利な金利でお金を借りることができるわけです。たとえば、三菱東京UFJ銀行が行っている個人向けカードローンの場合、適用金利は4.6~14.6%となっており、利用限度額は10~500万円となっています(平成24年6月現在)。

このケースでは利用限度額500万円の人で最低金利である4.6%が適用されるという形になっています。

キャッシング、カードローンによって多少仕組みは異なりますが、利用限度額が高くなるほど、適用される金利が高くなります。ポイントは「現在借りている金額ではなく、借りることができる金額で金利が決まる」ということです。

つまり、言えることはキャッシングやカードローンを利用するのであれば、できるだけ高額の利用限度枠を獲得することが有利な借り入れをする条件ということになります。

 

総量規制と借入限度額

平成24年現在、キャッシング等の貸金業においては「総量規制」という規制が行われています。これは銀行以外の貸金業者が行う無担保ローンにおいては「総借入額(可能額)が年収の1/3以下となるようにする」という規制です。

つまり、年収が600万円の人の場合、キャッシング・カードローンで借り入れができるのは約200万円までということになるわけです。これは会社単位ではなく、個人単位ですので、仮に4社に平等に与信枠を与える場合は1社あたり50万円までの限度枠ということになります。

 

キャッシング・カードローンを利用するなら1社にまとめた方がお得!

キャッシングやカードローンは1社にまとめて、その会社で多額の与信枠を持つ方がお得です。先ほどの三菱東京UFJ銀行カードローンの場合、50万円の融資枠では金利は14.6%ですが200万円なら9.6%で借りることができます。金利差5%はかなり大きい数字です

銀行以外の消費者金融を利用する場合も同じです。以下に大手消費者金融の金利と利用限度額を示します。

プロミス
利用限度額:1万円~500万円 金利:4.5%~17.8%

アイフル
利用限度額:1万円~500万円 金利:4.5%~18.0%

 

こうやって見ると、金利が安くなっているものは、利用限度額がかなり大きく設定されていますね。ただ、よく考えると、300万円とか500万円とかの借入枠を持つにはその3倍の年収が必要ということになりますから、それぞれの最低金利でキャッシングを利用したいなら900万円~1500万円の年収が必要ということになります。

※各社の金利情報は平成29年2月時点のものです。

 

現状は銀行カードローンへのおまとめが一番

ちなみに、銀行が提供するカードローンは総量規制の対象外となります。ですので、先ほど例示した三菱UFJ銀行カードローンの場合に関しては年収に対する1/3規制はかからずに、同行における独自の審査によって限度枠が決定します。

そのため、一般的な傾向としていわゆる消費者金融を利用するよりは銀行のカードローンのほうが利用可能な限度額が大きくなります。現状を考えるとおまとめローンとして利用するのであれば銀行カードローンを活用するのがお勧めといえそうです。

おまとめローンについては「おまとめローンのメリット、デメリット。借金の一本化は上手に行おう」の記事もご参照いただければと思います。

 

以上、カードローン・キャッシングはできるだけ1社にまとめるというお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP