おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

月々1000円以下の小額から始められる積立投資

2014/08/06最終更新   投資信託 資産運用のライフハック

Savings最近では株高などを背景に株式投資や投資信託への投資を始めたいと考えている人も多いのではないでしょうか?でも一度にたくさんのお金を投資するのは怖い、値下がりが怖いという人にお薦めなのが「積立投資」です。毎月定期的に購入(投資)することでドルコスト平均法による時間分散が可能になるからです。今回は月々1000円以下の少額からでも始められる積立投資を紹介していきます。

スポンサーリンク

毎月投資をすることのメリット

まずは、時間分散というメリットがあります。時間分散というのは日々値動きがある商品は、特定のタイミングで購入するとその後の値下がりなどのリスクがありますが、複数回に分散して購入することで、急な値下がりなどのリスクを小さくすることができるのです。
逆に、急な値上がりによるメリットもなくなりますが、中長期的な投資という場合有効な方法です。

また、毎月積立投資をする際は、「決まった金額」を投資するのがポイントです。ドルコスト平均法(定額投資法)という投資法になりますが、毎月「一定額」の投資を継続することで毎月「一定数」を購入するよりも安い値段で投資をすることができるという投資方法です。

ドルコスト平均法について詳しくは「ドルコスト平均法による投資のメリットとデメリット」などをご覧ください。

 

月々1000円以下の小額投資が可能な投資商品

毎月小額投資が可能なと積立投資の投資商品をいくつか紹介していきます。

・投資信託
最近では500円程度の小額からでも積立が可能になっています。500円からなら複数の国内株、外国株、海外REIT、国内REITといったように複数の資産に分配しても、お小遣い程度の小額から投資をすることが出来ます。

・株式累積投資(るいとう)
毎月一定額の株式を定額積立投資ができる方法です。最低投資金額は月1万円以上に設定されているので今回の1000円以下という部分では対象外。また提供するのも大手証券のみとなっているので、手数料が割高。
定額にはなりませんが、ネット証券が提供する「単元未満株取引」を利用すれば定額には出来ませんが1000円以下でも毎月株を買うことが出来ます。

・外貨積立
外国通貨を毎月積み立てるというもの。たとえば、ソニー銀行では毎月500円~の外貨預金の積立が可能となっています。

 

1000円以下の少額から毎月積立投資できる証券会社・銀行

ちょっと前まで、積立投資というと5000円、1万円程度からというのがスタンダードでした。
しかし、近年ではより手軽に投資ができるように、また若い投資家を確保しようとネット証券を中心に毎月1000円以下の少額から積立投資ができる証券会社が増えてきました。
1000円以下の積立で資産形成となると道は遠いですが、投資はまったくの初めてという方は、まず始めてみるという点から少額の積立投資で、投資がどのようなものなのかを理解する一助としてもらえればと思います。

カブドットコム証券

おすすめ。投資信託は毎月500円の少額から積立投資できるようになっています。また、積立投資というと多くの証券会社では投資信託の提供ですが、同社では「プチ株」といって株式を毎月最低500円から積立投資できるサービスも提供しています。これは大手ネット証券ではカブドットコム証券だけです。
>>カブドットコム証券の詳細情報・手数料など

SBI証券

SBI証券もカブドットコム証券と同様に、毎月500円からの少額で投資信託の積立投資ができます。SBI証券の大きな特徴は投資信託の取り扱い本数。2013年4月現在において1200本を超える取り扱いがあります。前述のカブドットコム証券は350銘柄程度なので選べるファンド数は多いです。
また、特徴として、投資信託の保有等に応じてポイントがたまる「投信マイレージサービス」が利用できるなどコスト面でお得です。
>>SBI証券の詳細情報・手数料など

ソニー銀行

外貨預金の積立サービスを提供しています。月々500円からの積立が可能です。利用可能通貨は12種類と言うことで、全通貨を積立しても月6000円の投資で済みます。ソニー銀行担当者の方によるとこのような投資をする方も増えているということです。
>>ソニー銀行の詳細情報・金利・手数料など

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP