おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2016年10月から社会保険の年収の壁が106万円の壁に変更される

kabe2016年10月よりパートタイム労働者、アルバイトといった短時間労働者に対する厚生年金(社会保険)適用基準が緩和されることになりました。

これにより、パート主婦の社会保険の壁と言われていた年収130万円の壁が106万円の壁へと変更されることになります。およそ30万人弱の方に影響が及ぶと言われる、年収106万円の壁についてまとめていきます。

スポンサーリンク

新しい社会保険の加入ルール

現在の社会保険の加入ルールは3/4ルールとも言われており、企業に勤める人は一般的には「週30時間労働、15日以上労働」といった条件を満たした人が対象となっています。

また、主婦のようにご主人の社会保険の扶養に入っている方の扶養基準は「年収130万円」となっています。

このルールのうち、大企業に勤めているパート職員に対する「社会保険加入の3/4ルール」が2016年の10月から緩和されます。

1)週の労働時間が20時間以上
2)賃金月額が月8.8万円(年106万円以上)
3)1年以上の使用されることが見込まれる
4)従業員501名以上の勤務先で働いている
※ただし、学生は除外する。

上記の新ルールによって、ご主人の扶養以下で働いているパートタイム労働者にとってかなりの影響が出ることが予想されます。派遣社員の場合、働いている会社が501名以上でも派遣元の会社が500名以下であれば対象外となります。

 

パートの社会保険加入によって手取りの逆転現象がおこる

仮に、年収が110万円程度のケースで社会保険に加入した場合と加入しなかった場合とでの手取りの差は、15万円弱生じることになります。

つまり、110万円分働いた人の手取りは110-15=95万円程度になるわけですが、100万円分しか働かなかった人は100万円が手元に残るわけで手取り収入の逆転現象が起こってしまいます。
これまでは130万円が一つの壁だったわけですが、その壁が106万円にまで迫ってきたというわけです。

 

必ずしも悪いという話ではない

ただし、社会保険への加入は100%損かというとそういうことではありません。社会保険に加入することによって将来受け取れる年金額は増加することになります。年収110万円程度で厚生年金に加入した場合、1年加入で年金額は7000円程度増加する試算となります。

また、社会保険だからこその特典もあります。出産・育児などの出産手当金、病気や怪我で働けなくなったときも一定期間は社会保険から手当金(傷病手当金)が給付されるなど保障も強化されます。

従来の130万円の壁はあくまでも「夫の社会保険の扶養から外れる」という壁であり、超えた場合でも勤務先の社会保険に加入させてもらえない場合は単純な負担増のみでしたが、社会保険への加入となるとメリットもあります。

 

106万円の壁で主婦のパートはどうするべきか?

年収106万円を境に所得の逆転現象が発生することになります。これに対してパート職員として働く人(特に主婦の方)はどう対応するべきなのでしょうか?

 

1) 社会保険に加入して働く

社会保険への加入は悪いことだけではありません。今後の見直しとして主婦の年金第3号被保険者問題についても手が入れられる可能性もあるわけで、専業主婦・扶養内で働くメリットは徐々に小さくなっていくはずです。社会保険に加入することで老後の年金に加え、社会保障の充実といったプラス面は見逃せません。

 

2) 労働時間を減らす

どうしても社会保険に入りたくないという場合は労働時間をへらして月額8.8万円未満の給料に変更するという方法があります。

 

3) 企業規模が500名以下の企業に転職する

500名以下の企業であれば従来同様の扱いとなりますので、106万円以上の収入を得ても社会保険への加入義務はないのでこれまで同様に働けます。ただし、従来の3/4ルールを超えた場合は社会保険への加入義務はあります。

 

4)ダブルワークをする

このルールは企業が自社の社会保険に加入させるルールです。ですから、A社で6万円、B社で4万円という働き方の場合は、どちらの会社でも社会保険に加入させる義務はないので、配偶者の扶養に入ることが可能です。

ただし、A社+B社の年間の収入が130万円を超えてしまった場合には、社会保険上の扶養から外れてしまいますので、自分自身で国民年金+国民健康保険に加入する必要が出てきますのでご注意ください。

 

前述のように社会保険への加入は負担が増加しますが、良い面もあります。手取り減少は嫌だから働き方を変えるというのも一つ。逆にこれを機会により多く働くという道を探すなど、ご自身の働き方というものを再考する機会にしても良いかと思います。

以上、2016年10月から社会保険の年収の壁が106万円の壁に変更されるというお話でした。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP