おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

飛行機の国内線の料金を安くする方法のまとめ。半額以下は当たり前のいびつな割引設定

airport国内での移動をするときの料金で最も料金体系がいびつであると言えるのが飛行機の料金です。長距離を移動する手段としては新幹線や夜行バスなどがありますが、割引はあってもせいぜい10%~30%程度が一般的です。一方で飛行機は予約の方法によっては半額以下ということもまったく珍しくありません。

今回はそんな航空会社の割引運賃について徹底的に比較、検証していきます。飛行機は高いから夜行バスで行くと考えている人ももしかしたら、予約の方法によっては飛行機の方法が安いということも少なくありませんよ。

スポンサーリンク

やっぱり安い早期割引

ANAやJALなどの大手航空会社の航空運賃を安くしたいというのであれば、まずは早期割引を検討しましょう。ANAは「旅割」、JALは「先得」という名称でそれぞれ早期予約割引を用意しています。

 

旅割(ANA)

ANAの早期予約割引です。旅割75(75日前)、旅割60(60日前)といったように2カ月以上前に予約をしておけば大きな割引となります。羽田(東京)-伊丹(大阪)だと旅割75だと片道9,000円になります。普通運賃は27000円ほどということを考えると約7割弱の値引きとなります。

なお、旅割45、旅割28、旅割21、特割3といったように、予約のタイミングに応じて細かくプランがあります。当然ですが、予約が早いほど割引率は高くなります。

 

先得(JAL)

JALの場合はANAと同様にウルトラ先得(75日前)、スーパー先得(55日前)という早期割引運賃が設定されており、いずれもANAの旅割と同様の金額となります。

このほか、ANAと同様に、特定便割引21、特便割引7、特便割引3、特便割引1などがあります。

 

その他の航空会社

スカイマーク:前割7、前割3、前割1、フレックス(3日前)
スターフライヤー:そら旅21~80
ソラシドエア:バーゲン14~80、特売り1~7
などの早期割引運賃が用意されています。

いずれも9000円なら東海道新幹線の割引運賃よりも安い価格で利用することができます。また、LCC(格安航空券)と比較しても安いです(LCCには早期割引は原則としてない)。
参考:新幹線に格安で乗るための割引や予約の方法のまとめ

 

早期割引の注意点

早期割引は確かに安いのですが、注意点もあります。それは予約の変更が原則としてできないことです。特定の日の特定の便にのることを確約する代わりに料金も安くなるというプランです。その日のその便に必ず登場するという前提があればお得です。

一方で、万が一の予定変更があるかもしれないという場合には不適です。ほぼほぼ行くことが確定しているケースでお勧めの割引と言えそうです。

 

株主優待割引(50%オフ)は自由度が高い

こちらについてはJR各社にも似たような割引がありますね。
株主優待割引はANA,JALともに普通運賃の半額にできるサービスとなっています。

株主として株主優待券を持っているか、あるいはチケットショップ等で購入する必要があります。事実上の金券として取引されているので、その優待券の購入代金まで考えると、半額ではないということになりますが、株主優待割引は早期割引と違って、普通航空券と同様の扱いになります。

予定の変更もできるというのは大きいですね。ビジネスユースが多いのも納得できます。

ANAやJALの株主優待券の活用方法等については「ANAやJALの株主優待券の活用方法や上手な買取、購入の方法」でも詳しくまとめているのでこちらも参考にしてみてください。

 

マイルを使って予約する

ANAやJALなどはそれぞれマイレージプログラムを用意しており、貯めたマイルで航空券を予約することができます。それぞれ「ANAマイレージクラブ」、「JALマイレージバンク」という名称でマイレージサービスを行っています。

参考:ANAマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法や注意点のまとめ
参考:JALマイルの上手な貯め方や使い方、活用方法、注意点のまとめ

マイルを使った予約は、ポイント効率を考えると非常に良いというのが特徴です。たとえばANAカードを使ってマイルを貯めるとすると100円あたり約1マイルを貯めることができます。

このマイルを使って特典航空券(無料航空券)を予約する場合、1マイル当たりの価値は国内線でも2円~3円近い価値になります。となると、ANAカードの実質的なポイント還元率は2~3%ということになるわけです。

こうなるとクレジットカードのポイント還元率としてはかなり還元率が高くなります。

クレジットカード以外にもマイルを貯める方法は様々あるため、日常的に飛行機を利用することがあるという方はマイルを貯める癖のようなものをつけておくと、お得に利用できそうです。

 

マイルを使った予約の注意点

マイルを使った予約にはいくつかの注意点があります。まず3日前出ないと予約ができないですし、変更もできません。当日の柔軟な対応はできないわけです。また、マイルによる特典航空券の座席数には限りがあります。そのため、人気路線ではマイルに予約が売り切れ状況となっていることも考えられます。

 

以上、航空券(国内線)を予約する時の参考になれば幸いです。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP