おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

0570(ナビダイヤル)は通話料に注意。かけ放題でも高い通話料が発生

navidial企業が問い合わせ電話などで利用しているナビダイヤル。何気なく利用しているかと思いますが、実はこのダイヤル、「○○秒ごとに××円の通話料がかかります」とアナウンスされる通り有料の通話サービスで負担するのは電話をかけた側です。
この通話、携帯電話を使って何気なく利用している人は高額な通話料を負担していることもあります。今回はこのナビダイヤルを上手に利用する方法、節約法を紹介します。

スポンサーリンク

そもそもナビダイヤルとは何か?

ナビダイヤルはNTTコミュニケーションが提供しているサービスで、主に企業のコールセンターなどで採用されているサービスです。電話番号は「0570」から始まっています。

フリーダイヤルと似ているように見えますが、フリーダイヤルは通話料金が事業者負担(電話を受けた側が負担)なのに対してナビダイヤルは利用者負担(発信した側が負担)となっている点が異なります。

ナビダイヤルに通話をすると、「ナビダイヤルでお繋ぎします」と言われて「○○秒ごとに××円の通話料がかかります」、「Aをしたい方は1を、Bをしたい方は2を…」といった具合で自動音声で対応されて、指定された指示に従っていくとコールセンター(担当者)につながるといった具合になっています。

 

ナビダイヤルは「通話料無料」の対象外

最近では携帯電話の通話料金のプランとしてかけ放題プランが中心になっているので、通話料は気にしてないという人も多いかもしれません。また、そうしたかけ放題プランではなくても無料通話分があるから大丈夫と思っている人もいるかもしれません。

でも、見出しの通り「ナビダイヤルは無料通話の対象外」なんです。
かけ放題プランの人も、携帯電話の無料通話分が残っているという人でも、ナビダイヤルの通話料は別にカウントされて請求されるんです。

 

ナビダイヤルの通話は通常よりも時間がかかる

コールセンターへの電話は長時間になることもあり、思わぬ請求が後から来るということにもなりかねません。
最初の番号案内(自動アナウンス)を終えるだけでも数分かかるようなこともザラで、最悪なのは「ただいま大変電話が込み合っております」と言われて延々と待たされるパターン。

ナビダイヤルは、最初の自動音声の案内のタイミングから通話料が課金されているわけで、待ち時間中もずっと通話料金が発生します。全然つながらず延々と待たされるナビダイヤルほどイライラするものはありませんね。

 

ナビダイヤルは通話単価も安くはない

ナビダイヤルの料金は原則として利用者負担です。企業がオプションで通話料の一部を事業者負担としている場合もありますが、そうでない場合も多いです。

たとえば、携帯電話からの発信の場合、平日昼間は3分あたり90円(税別)の料金がかかることになります。仮にコールセンターで15分の通話をしたとすると400円もの通話料がかかる計算となるわけです。

ちなみに料金については企業側が負担する場合もあり、ナビダイヤルの通話料は異なります。
電話をかける時にどのくらいの金額がかかるかのアナウンスが流れます。

 

ナビダイヤルの通話料を節約する方法

このナビダイヤルの通話料を節約する方法をいくつかピックアップしていきます。

 

かけ放題プランなら「固定電話番号」にかける

携帯電話のかけ放題プランで契約している場合や無料通話分が沢山あるような場合、ナビダイヤルではなく通常の固定電話に電話をかけるという方法があります。こちらはかけ放題プランなら当然無料です。
問い合わせ窓口の番号のところに、ナビダイヤルとは別に固定電話番号が小さく案内されている場合もあるのでよく見てみましょう。

 

ナビダイヤルしかかけられないなら固定電話から掛ける

たとえば固定電話(ひかりライン回線・IPVoice回線)からの発信であれば3分で8円(税別)です。携帯電話と比較すると10分の1以下の料金でかけられるわけです。

一般固定電話も安いですが、コールセンターとの距離によって料金が変動します。ナビダイヤルの場合はどこにかかるのか、発信側では分かりません。通常は近いエリアのコールセンターが使われることが多いですが、混雑状況によっては遠い場所につながってしまうこともありますので何とも言えません。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP