おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

海外口座・海外預金・海外投資を利用するメリット、デメリットのまとめ

hsbc海外の銀行口座、海外の預金を使った投資や資産運用、あるいは節税の話というのは定期的にネタになることが多いですね。日本の低金利の預金と比べて高い金利で預金や日本では販売されていない金融商品の購入、あるいは税制上のメリットから利用する方もいらっしゃるようです。オフショア投資などと呼ばれることもあります。

今回はそんな海外口座・海外預金を利用するメリットやデメリットをまとめていきます。

スポンサーリンク

海外口座(海外銀行口座)とは?

日本国内の金融機関(銀行・証券会社)ではなく、香港など海外で運営をしている銀行(証券会社)に開く口座を海外口座と言います。HSBCなどの国際的な金融機関が代表的です。

運用配当金が非課税で日本からのアクセスも良い香港などが選ばれることが多いようです(日本居住者は海外の配当金・預金利息も国内で税務申告が必要)。

 

海外口座のメリットとデメリット

海外口座の大きなメリットはやはり預金金利が高いことや日本では投資ができないような金融商品(投資商品)が多数あることが大きいです。日本では販売されていないようなファンドや保険などもあり、こうしたことを目的とするツアーなども組まれています。

そんな海外口座についてメリットとデメリットをまとめていきたいと思います。

 

海外口座は金利が高いって本当?

これは半分正解で半分間違っています。海外口座というよりも日本円の金利が極端に低いだけです。日本でも豪ドルの外貨預金などを利用すれば円よりは高い金利が付きます。
ただし、「外貨預金を絶対におすすめできない3つの理由」でも挙げているように日本の外貨預金は手数料がボッタクリなので、手数料が安い海外口座の方が結果としてスペックがいいという事になります。

ただ、日本でも最近はFX(外国為替証拠金取引)が普及しており、こちらを外貨預金代わりに利用するのであればわざわざ海外口座を持つ必要性はさほど高くないようにも思います。

FXはハイリスクと思われるかもしれませんが、レバレッジをかけなければリスクは外貨預金と同じです。詳しくは「FXは怖いと考えている方へ。FXと外貨預金のリスクの差を比較」や「FX取引業者を徹底比較。目的別におすすめのFX業者を徹底分析」も参考にしてください。

 

税金がかからないって本当?

これは認識が間違っています。たしかに資産運用に対する収益に対する課税がゼロだったり日本よりも税率が低い国はたくさんあります。ただし、そうした場合でも日本国内に居住している人は日本で申告して税金を支払う必要があります。

一方で日本の非居住者であれば、税務上のメリットを大きく享受することができます。なお、どの国の居住者でもない状況を継続することを「パーマネントトラベラー(世界を非居住者とみなされる滞在期間だけ滞在して、税金を払わない人)」と呼びます。

 

海外には有利な保険もあるけど要注意

海外で販売されている保険には魅力的な保険もあるようです。海外終身保険のように相続税対策などを目的とした保険などもあるようです。

ただし、こうした方法は日本国にお住まいの方(居住者)がやると脱税となるケースが多いです。実際、前項の「税金もかからない」ということろでも書いたように税務当局はこうした資産の海外移転を厳しくチェックしています。

強化された海外資産の申告義務、国外財産調書制度の内容」でも紹介したように罰則を含めてこうした動きを入念にチェックしています。

また、保険としての機能面にも注意が必要です。保険ですので保険事故(死亡等)の際には保険金請求の手続きが必要になりますが、海外であることなどから国内の生保の手続きとは段違いの煩雑さがあります。

 

口座開設の手続きや口座管理の手間は国内銀行とは違う

勿論、リスクやデメリットもあります。

まずは海外口座というのは当然ですが、その国の人のための銀行サービスです。外国人向けではありません。口座開設には現地に行く必要がありますし、窓口等での会話、手続きの書類等は英語等の外国語です。

何らかのトラブルがあったときは日本のように手厚いサービスを期待することはできません。すべて自分で解決する必要があります。

 

詐欺なども多い

海外口座を使った資産運用、節税対策、相続対策といったようなコンサルティングサービスはたくさんあります。海外口座開設のエージェントサービスなどもネットで検索すればたくさん上がってきます。

こうした情報の中には詐欺やそれに近いようなものもたくさんあるようです。国内の話ならぜったいに信用しないような話でも、海外ならそんな知らないことが多い分、騙されやすくなりがちです。

 

以上でまとめたように海外口座・海外預金・海外投資といったように色々な呼び名はありますが、一長一短があります。

トラブルも多いので、自分自身で専門家並みの知識を身に着けるか、信頼できるアドバイザーを見つける必要があるでしょう。

正直言って生活の拠点が日本国内中心で海外に行くことはほとんどない、将来海外で暮らすという事を人生の選択肢に入れていないという人にとって、海外口座や海外預金はさほどメリットのある投資ではないと私は考えます。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP