おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年版 ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ

comparisonポイント還元率とはお買い物をした金額に対して何円相当のポイントが還元されるのかという指標です。一般的なクレジットカードの場合は0.3%~0.5%程度となっています。つまり1000円分をカードで買い物したら3円~5円くらいのポイントが戻ってくるということですね。

もちろん0.5%でもお得はお得なのですが、このポイント還元率が高ければ高いほど、よりお得にクレジットカードが利用できるということになるわけです。世の中には1%をこえるポイント還元率のクレジットカードも存在しています。

今回は2016年9月現在におけるポイント還元率が高いクレジットカードについてそれぞれのカードの特徴や年会費とのバランスなども踏まえておすすめのカードを紹介していきます。

スポンサーリンク

ポイント還元率の高いカードの活用方法

まず、ポイント還元率が高いクレジットカードを利用する上で理解しておきたいことがいくつかあります。

 

1)ポイントがたくさん貯まるケースを理解する

クレジットカードの中には、特定の場所での買い物だけポイントがたくさんもらえるけど、それ以外の場所ではあまりたまらないカードもあれば、どんな場所での買い物でもある程度ポイントが貯まるというように貯まり方にも差があります。

たとえば、今回紹介しているクレジットカードは最高でも還元率は1.5%です。一方で「三越伊勢丹におけるクレジットカード、株主優待、友の会のお得度比較」でも紹介したMIカードは三越や伊勢丹でのお買い物に限れば5%~10%のポイント還元となっています。こうしたことを考えると、使いわけも重要になってきます。

今回紹介するような「全体的にポイント還元率が高いカード」を1枚程度持っておき、プラスアルファでよく行くお店やよく利用するサービスで特典のあるクレジットカードを何枚か持って使い分けをするという使い方がお勧めです。

 

2)年会費はバカにならない

たとえば、年会費3000円だけどポイント還元率が2%あるカードがあるとしましょう。
このカードの年会費をポイントでカバーするためには3000円÷2%=15万円のお買い物が必要になります。この金額を超えてから初めて経済効果が生じるわけです。

こうしたことを考えると年間0.5%でも年会費無料のカードの方が結果的には経済効果は高いという可能性もあります。

 

3)ポイントの使い道も考えよう

ポイント還元率はポイントを円にした場合の価値ですが、現金の直接交換できるカードはあまり多くありません。JCBギフトカードなどの金券、Tポイント・Pontaなどの共通ポイントやANAやJALのマイレージなどへの交換が一般的です。

ポイントの場合は「出口(何に使うのか)」も考えておかないと、使いもしないポイントがたまってどうしよう……。となる可能性もあります。

また、「クレジットカードはポイントの失効(期限切れ)に注意。期限切れの対策はあるか?」でも紹介ましたが。年間の利用金額が少ない人はこうしたことも心配です。

 

ポイント還元率の高いお勧めのクレジットカード

それでは以下で具体的なカードの紹介をしていきます。なお、掲載順位は特に関係ありません。それぞれのカードに一長一短があります。自分に合っていると思えるカードをチョイスするようにしてください。複数持ちだってOKですし、1枚しか作らないというのでも問題ないと思います。

 

楽天カード 楽天市場での買い物をするならお得

rakutencard年会費:無料
ブランド:JCB,VISA,MasterCard
基本ポイント還元率:1%
ポイントの種類:楽天ポイント
ポイント有効期限:最終利用日から1年

楽天市場での買い物をすることがあるなら持っていて絶対に損はしないクレジットカードです。通常のポイント還元率は1%と高いうえ、楽天市場での決済なら「スーパーポイントアッププログラム」により+2%の3%還元となります。

その一方で「出すと恥ずかしいカード」というような評価もされている面もあるので、いくらポイントが貯まるからといっても最初のデートで使うと別の意味で損をするかもしれません。

貯まるポイントは楽天ポイントとして1ポイント1円として楽天市場で利用できます。また、楽天ポイントはANAマイルなどとも交換することも可能ですが、交換レートを考えると素直に楽天の中で使うほうがお得かと思います。

楽天市場を年に1度でも使うなら机の中にしまっておいてネット決済専用カードにしてもよいので、持っておいたほうがいいカードだと思います。

なお楽天カードについて詳しく知りたい方は「楽天カードのメリット、デメリット、活用方法のまとめ」でも詳しく説明してるのでこちらもご覧ください。

>>楽天カード公式ホームページはこちら

 

リクルートカード 年会費無料で1.2%還元は高い

recruit年会費:無料
ブランド:VISA
基本ポイント還元率:1.2%
ポイントの種類:Pontaポイント
ポイント有効期限:最終利用日から1年

年会費無料で還元率が1.2%と高水準です。リクルート系のサービスである、じゃらんネットやホットペッパー、ホットペッパービューティーなどではボーナス特典もあります。もらえるポイントもローソンなどで利用できるPontaポイントなので使いやすさはばっちりです。

一方でじゃらんネットやホットペッパー(ビューティー)、ローソンはあまり使わないという人にとってはポイントの使い道に困ってしまうかもしれません。

なおリクルートカードについて詳しく知りたい方は「還元率では最高峰の1.2%。リクルートカードのメリット、デメリット」でも詳しく説明してるのでこちらもご覧ください。

>>リクルートカード公式ホームページはこちら

 

オリコカード・ザ・ポイント ポイント有効期限が短いので注意

oricocardthepoint年会費:無料
ブランド:JCB,VISA,MasterCard
基本ポイント還元率:1.0%(入会から半年は2%)
ポイントの種類:独自ポイント
ポイント有効期限:獲得から1年

カード名に「ポイント」とつく通りポイント還元に注力したカードです。100円につき1ポイント(1円相当)が貯まります。入会から半年はポイント2倍のボーナス(2%還元)もあります。

このカードの最大の注意点は「ポイントの有効期限が1年と短い」ということです。ポイントは最低500円分から利用できるので、最低でも年5万円以上は使わないとポイントが失効する可能性があるということです。

また、500円で交換できるものはAmazoギフト券、iTunesギフトコード、LINEギフトコード、ファミリーマートお買い物券の4種類しかなく、他の商品は1000円から(年10万円以上のお買い物~)となっています。

年に何十万円もクレジットカードで支払いをするというのであれば悪くありませんが、そうでないならポイントを持て余しそうなカードです。

>>オリコカード・ザ・ポイント公式ホームページはこちら

 

Yahoo!Japanカード ヤフーでの買い物が多い人向け

yahoojcb年会費:無料
ブランド:JCB,VISA,MasterCard
基本ポイント還元率:1%
ポイントの種類:Tポイント
ポイント有効期限:最終利用日から1年

Yahoo!Japanのクレジットカードです。楽天カードと同様にYahoo!ショッピングやLOHACOなどでの買い物が多い人に向いているクレジットカードです。特にYahooショッピングは「ヤフーショッピングでのお買い物をお得にするポイントやキャンペーン・イベント活用方法」で紹介している通り、様々なキャンペーンでポイントが倍々になることが多いため同カードは欠かせません。

なおYahoo!Japanカードについて詳しく知りたい方は「Yahoo!Japanカードのメリット、デメリットのまとめ」でも詳しく説明してるのでこちらもご覧ください。

>>Yahoo!Japanカード公式ホームページはこちら

 

REXカード 高額消費をする人向けのクレジットカード

rex150年会費:2500円(税別)
ブランド:VISA
基本ポイント還元率:1.5%
ポイントの種類:Jデポ(キャッシュバック)
ポイント有効期限:2年間

REXカードはポイント還元率が1.5%と高い一方で年会費が発生するタイプのクレジットカードです。ためたポイントはクレジットカードの請求代金から差し引ける「Jデポ」という点も魅力です。

年会費2500円(税別)をクリアするためには最低でも16.7万円以上の利用が必要になります。ここからが真水となります。単純に還元率1%のカードと比較をすれば年50万円以上利用して初めて還元率が上回ります。
さらに、REXカードは年間利用額が50万円を超えれば翌年度の年会費も無料にできる特典があります。

結果、50万円以上を年間に必ずお買い物をするという人に最適化されたカードといえます。50万円を下回るかも……という方にはお勧めしません。他のカードの方がいいです。

なおREXカードについて詳しく知りたい方は「1.5%の還元率が魅力のREXカード。お得な高還元率カードのメリット、デメリット」でも詳しく説明してるのでこちらもご覧ください。

>>REXカード公式ホームページはこちら

 

DCカード Jizile 月に5万円以下の買い物をする人向け

jizile - コピー年会費:無料
ブランド:MasterCard
基本ポイント還元率:1.5%
ポイントの種類:DCハッピーポイント
ポイント有効期限:3年

年会費無料なのに還元率1.5%。ただ、このカードにはからくりがあります。それは「リボ払い専用カード」ということです。リボ払いについては「実は危険なリボ払い」でも説明している通り、使うべきではない支払い方法です。
リボを使えばポイント還元のお得さなんて一瞬で吹き飛んでしまいます。

DCカード Jizileは設定上、毎月の支払額を「5万円まで」ならアップできます。5万円以下の利用であればリボ払いにならず一括払い扱いとなるので金利は発生しません。なので、DCカード Jizileは月に5万円以下の買い物しかしない人向けのカードといえます。

この条件を満たせるなら年会費無料で1.5%という高い還元率のメリットを享受できます。

ただ、5万円しか使えないとなるとメインカードにはできませんので、あくまでもサブカードとしての扱いになってしまいますね。

>>DCカードJizile公式ホームページはこちら

 

JCB EIT 海外旅行傷害保険がお得なリボ専用カード

jcbeit150年会費:無料
ブランド:JCB
基本ポイント還元率:1.0%
ポイントの種類:OkiDokiポイント
ポイント有効期限:2年

JCBのリボ払い専用クレジットカードです。通常のJCBカードの2倍の1.0%の還元率となっています。JCBの場合は上記のDCカード Jizileと異なり、毎月のリボ返済額を50万円まで設定できるので上限設定しておけば超過することは無いでしょう。

このカードがお勧めのポイントは「海外旅行傷害保険が自動付帯する」ということですね。
海外旅行傷害保険は海外旅行での病気やケガ、第三者に対する損害賠償責任、携行品損害などを補償してくれる保険です。

この保険が自動付帯といって無条件に付帯しています。自動付帯は通常ゴールドカード以上の年会費が高いカードが中心で年会費が無料のカードで付帯するのは大変珍しいです。お守り代わりにもよいカードです。なお、海外旅行傷害保険については「年会費無料クレジットカードで海外旅行傷害保険の補償を積み上げる方法」でも詳しく説明してます。

>>JCB EIT公式ホームページはこちら

 

まとめ

いわゆる高還元率カードと呼ばれるクレジットカードはおおよそ上記のカードで網羅できていると思います。いずれも1%~1.5%程度の高めの還元率のカードとなっており、それぞれのカードには通常のポイント還元以外の特徴もあります。

自分自身のお買い物の金額やライフスタイルに合わせて自分に合ったカードを選択してください。

以上、ポイント還元率が高いお得なクレジットカードをまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP