おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

喪服や礼服のレンタルを利用するメリットとデメリットのまとめ

mofuku社会人になったら喪服や礼服は1着くらいは持っておくべき。といわれるかもしれません。

でも、喪服や礼服って年に何度くらい利用しますか?年に1~2回という人は自分で喪服や礼服を買って保有するのではなく、レンタルを利用するという手もあります。喪服・礼服は比較的高価なものも多く、特に女性の場合はそれ以外にも冠婚葬祭用の小物まで購入する必要があります。

今回はそんな喪服や礼服を購入するのではなくレンタルするという方法を活用するメリット、デメリットをまとめて紹介していきます。

スポンサーリンク

社会人になったら喪服・礼服は必要か?

学生の場合、冠婚葬祭の場面では学生服でなんでもOKなわけですが、大学生あるいは社会人になるとそうはいきません。

結婚式、お葬式などの冠婚葬祭の場ではフォーマルな服装をする必要が出てきます。
ただ、そんなフォーマルな服装って実はそんなに着る機会がないという方も少なくないと思います。

お仕事の内容や交際範囲が広い方などは着る機会も多いので購入しておくのも一つだと思いますが、そうでもないという方はレンタルの方が結果的に安くつく可能性もあります。

 

喪服や礼服をレンタルするメリット

まずはメリットから紹介してきたいと思います。

 

初期費用が掛からない

特に新社会人の方などにとってフルセットで購入すれば5万~10万円とかかかる喪服や礼服を購入するのは金銭的にも厳しいでしょう。
レンタルならフルセットでも5000円程度の料金で利用することができます。

 

保管場所いらずで快適

喪服や礼服の保管場所が不要になります。

保管スペースについて男性の場合はスーツ上下くらいかもしれませんが、女性の場合は小物も含めるとクローゼットで大きな場所を占めることになりかねません。喪服や礼服などを持たないことで、より収納スペースを効率的に使うことができます。

物を持ちすぎて収納場所のために高い家賃を払っているという方は、間接的に家賃の節約にもつながるはずです。

また、虫食いや防虫剤のニオイを心配する必要もないので安心して利用することができます。クリーニングに出したりする手間も必要ありません。

 

体型の変化にも対応できる

人間、年を取ると体型が変わることがあります。太る場合もあるでしょうし痩せる場合もあります。1年前の服だってサイズが合わずに切れなくなることもあるはずです。
喪服や礼服などは普段着として着るわけではないので、そんなことになったら大変です。

また、女性の方なら妊娠中などのタイミングであればマタニティ用の礼服というものも用意されているわけですからそうしたものをレンタルできます。

レンタルなら体型の変化に合わせてジャストサイズの礼服を選ぶことができるので安心です。

 

場に合わせた礼服をチョイスできる

冠婚葬祭の場で着る礼服とはいっても、TPOに合わせて本来は選ぶべきスーツなどは変わってきます。自分の立場や格式の高さなどに合わせて礼服も変更する必要があります。

購入する場合は予算も当然あるのでもっとも無難で汎用性が高いものを選ぶ必要がありますが、その場その場で借りるレンタルであれば、それぞれの場に合わせた礼服を選ぶことができます。

 

小物だってレンタルできる

喪服や礼服のレンタルの場合、多くのケースでフルセットレンタルも可能です。女性の場合は小物も多いため、そうしたアイテムもレンタルできるのは便利です。

 

遠隔地なら宅配サービスのメリットも活かせる

離れた場所での冠婚葬祭の場合、現地にレンタル礼服(喪服)を配送してもらっておけば、現地には手ぶらで行くことだってできます。終わったあとはその場で返送すれば、大きな荷物を持つことなく、帰宅できるのメリットといえるかもしれません。

 

喪服や礼服をレンタルするデメリット

続いてデメリットを紹介したいと思います。

 

当日は難しい

当日の用意というのは正直難しいです。宅配によるレンタル礼服のサービスでは、16時までなら翌日着というケースが多いようです。そのため、今日必要になった!という場合にはちょっと厳しいという点が挙げられます。

一方で、当日必要になるというケースは基本的に不幸ごとかと思います。
お通夜への参列は基本的に喪服で行くのはマナー違反で、普通のスーツでOKです。そう考えると翌日までに到着できるのであればそこまで困るものではないかとも思います。

 

何度も利用するのであればコスト高になる

喪服や礼服をレンタルする場合の費用はおおよそ1回5000円くらいです。何度も何度もサービスを利用すれば、購入したほうが結果的に割安になるかと思います。また、都度レンタルの手続きをしなくてはならないというは面倒かもしれません。

 

今は喪服・礼服はレンタルでも十分

年齢や年代によってはこうした礼服・喪服の着用頻度が高いという方もいるかもしれませんが、そういう方は除けば喪服や礼服は正直レンタルで十分だと思います。

レンタル価格もそこまで高くないですし、今はネット通販の感覚で喪服や礼服のレンタルサービスが提供されています。即日発送などのサービス面も充実しているので、レンタルで困るということは少ないと思います。

 

>>礼服レンタルのやました(楽天市場店)
大阪~秋田くらいの範囲であれば、16時までの注文なら当日発送で翌日午前中着が可能なサービスを提供しています。さらに東京都内なら19時までの注文で最短2時間後に受け取りができるようなスピード感のある喪服・礼服のレンタルサービスを提供しています。

 

>>TUXEDO STATION(楽天市場店)
タキシードのレンタル専門店。新郎タキシードや父親向けのモーニングの他、パーティー用のタキシードなどをフルセットでレンタルしています。サイズ確認(試着)も可能といったように利用できます。

 

また、こうした全国対応のネットレンタルサービス以外にも、お住まいの地域でもレンタルサービスを行っているお店もあるかもしれません。「○○市 喪服 レンタル」などとGoogleなどで検索すればお住まい地域の喪服や礼服のレンタルサービスが見つかるかもしれません。

 

以上、喪服や礼服はレンタルを利用するメリットとデメリットについてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP