au PAYふるさと納税を上手に活用しよう、Pontaポイント増量キャンペーン併用が超トク

2020/10/26 更新   ふるさと納税の活用法

auPAYふるさと納税はKDDI系のふるさと納税の寄付サイトとなっております。2018年10月31日より「Wowma!ふるさと納税」としてスタートしましたが、現在は「auPAYふるさと納税」としてサービスを行っております。

auはWALLETポイントという独自のポイントを運用してきましたが、2020年に共通ポイントカードである「Pontaポイント」との連携を行いポイントの使い勝手が大きくアップしました。

KDDI系(au系)ではありますが、現在のauIDはキャリアフリーとなっておりますので、どなたでも利用することができます。

今回はそんなau PAYふるさと納税のサービス内容や特徴についてまとめていきたいと思います。

au PAYふるさと納税公式ホームページ

スポンサーリンク

Pontaポイント→auマーケット限定ポイントへの増量キャンペーンがオトク

一番お得なのは、au PAYマーケットが不定期実施をしているポイント増量キャンペーンです。「au PAYマーケットのお得なポイント交換所」において、通常のPontaポイントをPontaポイント(au PAYマーケット限定)に交換するとポイントが増量されるキャンペーンをやっています。

こちらもauマーケット限定ポイントはauPAYマーケット(ショッピングモール)で利用できるほか、au PAYふるさと納税での寄付にも利用する言ことができます。

増量できるポイント数には上限があるものの、1円のポイントの価値を大きく引き上げることができますので活用しなければ損です。

ポイ活の真骨頂ともいえるのがこの「増量キャンペーン」ですね。キャンペーンのタイミングで上手く活用していきましょう。

2020年11月30日までPontaポイントを限定ポイント交換で10~100%増量

PontaポイントをPontaポイント(auPAYマーケット限定ポイント)に交換することでポイントが増量されるキャンペーンが実施中です。

  1. auPAYマーケットを初めて利用する方100%増量(2000Pまで)
  2. 誰でもOK、ポイント交換で50%増量(2000P×2回まで)
  3. 誰でもOK、上限なし10%増量(10万P×10回)

となっております。(1)についてはauPAYマーケットだけでなく「Wowma!、au Wowma!」で買い物をした方も対象外です。

少なくとも(1)と(2)は激熱です。(3)についてもふるさと納税を利用して税控除を受ける前提なら確実にお得です。

>>au PAYマーケットのお得なポイント交換所
※スマホからのアクセス限定となります。

 

Pontaポイントを活用できる寄付サイト、auPAYふるさと納税

au PAYふるさと納税はふるさと納税の寄付サイトの中でもPontaポイントとの連携が強い寄付サイトです。

特にau系のサービス(auPAYやauPAYマーケットなど)を利用している人はポイントも貯まっていると思いますのでうまく利用しましょう。

感覚的に楽天市場における「楽天ふるさと納税」と同じような位置づけにあるようなサービスですね。ネットショッピング感覚で、ふるさと納税をすることができます。

ちなみに、ふるさと納税って何?という方は、以下の記事で基本から特徴、メリット、デメリットなどをまとめているので、先にご一読いただければと思います。

2020年最新版 ふるさと納税をわかりやすく説明。お礼の品で得をする仕組み、寄付の計算方法
2020-03-11 09:58
ふるさと納税という制度をご存じでしょうか?この制度は自分が応援したい自治体などに寄付をすることで個人住民税の一部が控除される仕組みです。このしくみ、実は利用するとその地方の特産品や
リンク

 

auPAYふるさと納税の特徴

  • auユーザーの方は携帯電話料金と合算して寄付が可能
  • Pontaポイント、Pontaポイント(auPAYマーケット限定)が寄付に使える
  • 利用額の1%分のPontaポイント還元がある

一方で、他のふるさと納税の寄付サイトと比較してデメリットといえるのが、寄付サイトとしてのポイント還元が小さいというところでしょうか。

現在は1%分のPontaポイントの還元となっておりますが、他のサイトと比較するとやや弱いです。

といったような、寄付サイト独自の「ポイントインセンティブ」が用意されていますが、Wowma! ふるさと納税には現在のところ用意されていないようです。

ただし、前述のPontaポイントの増量キャンペーンも考慮すると小額の寄付ならauPAYふるさと納税がオトクです。

 

Pontaユーザーや小額の寄付に強いふるさと納税寄付サイト

KDDIとしてのバックボーンがあるというのは大きな強みだと思います。

特に冒頭でも紹介しているようなPontaポイントを増量交換できるキャンペーンはお得でしかないです。

初めての方ならPontaポイントの交換で以下の金額に実質増量が可能です。

  • 2000ポイント→4000ポイント(初めての方限定の100%増量)
  • 4000ポイント→6000ポイント(2回目以降もOKの50%増量)

で、6000ポイントが1万円分の寄付になります。これはポイント還元率にすれば40%還元にも相当します。これはメチャクチャ大きいですね。

それ以上の場合でも10%の増量を利用することができます。必要ポイントがPontaポイントとしてある前提ですが、実質還元率は以下の通りです。

必要ポイント数 増量後の実際寄付額 実質還元率
6000 10000 40.0%
7000 11100 36.9%
8000 12200 34.4%
9000 13300 32.3%
10000 14400 30.6%
11000 15500 29.0%
12000 16600 27.7%
13000 17700 26.6%
14000 18800 25.5%
15000 19900 24.6%
16000 21000 23.8%
17000 22100 23.1%
18000 23200 22.4%
19000 24300 21.8%
20000 25400 21.3%
21000 26500 20.8%
22000 27600 20.3%
23000 28700 19.9%
24000 29800 19.5%
25000 30900 19.1%
26000 32000 18.8%
27000 33100 18.4%
28000 34200 18.1%
29000 35300 17.8%
30000 36400 17.6%
31000 37500 17.3%
32000 38600 17.1%
33000 39700 16.9%
34000 40800 16.7%
35000 41900 16.5%
36000 43000 16.3%
37000 44100 16.1%
38000 45200 15.9%
39000 46300 15.8%
40000 47400 15.6%
41000 48500 15.5%
42000 49600 15.3%
43000 50700 15.2%
44000 51800 15.1%
45000 52900 14.9%
46000 54000 14.8%
47000 55100 14.7%
48000 56200 14.6%
49000 57300 14.5%
50000 58400 14.4%

ポイント還元に積極的な楽天ふるさと納税などでも還元率は色々組み合わせても10~15%くらいでしょうから、3万~4万円位までの寄付ならPontaポイントを使って寄付する前提になりますが、auPAYふるさと納税の方がお得感がありますね。

au PAYふるさと納税公式ホームページ

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP