おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2017年9月20日

生命保険でお金を借りる契約者貸付の仕組みとメリット、デメリット

生命保険などの保険に加入している方が利用できる「契約者貸付制度」という融資制度があります。これは生命保険に加入している人がその保険の解約返戻金の一定範囲において、保険会社からお金を借りることができる制度です。

お金がどうしても必要になったときに有効な制度である一方で、むやみやたらに使うと問題が生じることもあります。

今回はそんな生命保険の契約者貸付制度についての基本とメリット、利用する前に知っておきたい注意点をまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 借金やローンのライフハック 生命保険

2017年6月27日

個人年金と税金。生命保険料控除が利用でき年末調整、確定申告で税金が戻ってくる

個人年金に加入して保険料を支払うと、生命保険料控除(個人年金保険料控除)という所得税(住民税)における所得控除を受けることができます。支払った年金保険料の一部を所得から控除することができるため、その分、税金を安くすることができます。サラリーマンの場合は年末調整で対応することができ、そのほかの人は確定申告をすることで税金が安くできます。

今回はそんな個人年金の保険料控除の仕組みや、控除を受けるための条件等の注意点、節税効果の影響について紹介していきたいと思います。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金

2017年5月21日

一家の大黒柱に必要な生命保険、定期保険と収入保障保険を比較

生命保険を始めとして保険は基本的に加入者は期待値ベースでは損をする金融商品です。
その為、必要最低限の加入をお勧めしていますが、生命保険(死亡保険)は原則として「自分が死んで金銭的に困る人がいる場合に必要なもの」です。DINKSや独身の方の大半にとってはほぼ不要と言えるでしょう。その一方で、自分が死んで困る家族がいる家庭ではやはり備えておきたい保険となります。

そうした一家の大黒柱が加入する遺族のための保険として代表的なものに「定期保険」と「収入保障保険」の2種類があります。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険

2017年3月3日

生命保険の見直しは家族のライフステージの変化に合わせて行う

生命保険は万が一のことがあった時に遺族の生活を保障するための保険です。独身の方やDINKSの方などはあまり必要性がない保険ですが、子どもがいるご家庭では自分に万が一があっても、その子ども(遺族)が金銭的な面で困窮しないようにと生命保険に加入している方は多いかと思います。

その一方で、「生命保険・医療保険は損をする金融商品」でも紹介したように、保険というのは基本的に無駄も大きい金融商品となっています。自分では負えないリスクをカバーするのには役に立っても、必要以上の保障に加入するのは無駄です。

そのため、その時々で必要な最低限の保険に加入するというのが基本になるはずです。今回はそんなライフステージの変化に応じて生命保険を見直す方法についてまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険

2014年1月31日

生命保険の保険料が払えない時にできる3つの対策

pay生命保険の保険料って月々どのくらい払っていますか?失業や病気、出費の増加などで保険料が高すぎて払えないという方もいらっしゃいます。そうなった時に考えるのが保険の解約や別の保険への乗り換えですが、それ以外にも「払済保険」「延長定期保険」「減額」という方法があります。特に予定利率の高い時の保険契約、いわゆるお宝保険の場合は解約や別の保険への乗り換えをするよりもこれらの方法を使う方がお得な場合もあります。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険 節約術

2013年10月9日

生命保険の生前特約(リビングニーズ特約)と相続税の注意点

live生命保険には「リビングニーズ特約」という特約が通常付与されます。これは生前特約ともよばれ余命告知された場合などに生命保険金を死亡する前に受け取ることができるという特約です。受け取った保険金で生活費や治療費の足し、最後の贅沢などに使うことができます。しかしながら、これは受け取り方によっては税負担が発生するケースもありますので受け取る金額については慎重に考える必要があります。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険 相続・遺言 贈与税・相続税

2013年9月2日

相続税対策としての生命保険と非課税枠の活用とメリットと注意点

succeed相続税に対する課税強化が進められています。相続税というと控除等の関係によってお金持ち(資産家)に対する課税でしたが、2015年以降、基礎控除が縮小されて課税対象となる人が拡大しました。

それに伴って注目されているのが「生命保険」です。生命保険控除の活用によって資産を現金で残すよりも保険で残すほうが有利となる場合があります。今回は相続税対策に生命保険を使う長所とその注意点をまとめます。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険 相続・遺言 節税・税金のライフハック 贈与税・相続税

2013年7月24日

フラット35の団信(団体信用生命保険)は年齢・性別で加入方法を考えよう

flat35長期固定金利の住宅ローンとして人気のフラット35。このフラット35の特徴として団信(団体信用生命保険)への加入が「任意」という点に特徴があります。そのため、普通にフラット35を利用すると団信には加入しないことになります。フラット35は使いたいけど、団信には入りたいというかたはオプションで「機構団信」という団信に別途特約料を払うことで加入できます。

しかしながら、もしあなたが35歳未満であれば、団信を使わずに民間生命保険を使って自分オリジナルの団信を組んだ方がお得なとなる可能性が高いのです。

続きを読む

住宅ローンのライフハック 保険のライフハック 生命保険

2013年4月13日

生命保険と預金を比較するのは間違い

comparison生命保険、とくに学資保険や最近では低解約返戻金型終身保険などで使われるセールストークに預金での運用との違い(差)が出されることがあります。定期預金の金利がほとんど付かない現状というのは多くの方がご存じかと思いますが、その運用(定期預金金利)と比較して、保険ならこれだけ大きくなりますというトークは正しいのでしょうか?
タイトルにもありますが、同列に比較してはいけません。

続きを読む

保険のライフハック 生命保険 預金・貯金

2013年1月29日

会社の節税目的での生命保険契約とその節税効果

会社の節税と生命保険というのは切っても切り離せない関係にあります。特に儲かっている会社などには保険会社から節税のために生命保険に入りませんか?という勧誘がひっきりなしに来るかと思います。今回はそうした節税目的での生命保険加入と効果、注意点やリスクなどについて説明していきたいと思います。

続きを読む

保険のライフハック 法人税 生命保険 節税・税金のライフハック

1 / 1012345...10...最後 »

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP