おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2015年7月14日

介護保険とは何か?公的保険と民間保険の違い、民間介護保険の必要性とメリット、デメリット

care我が国では、要介護状態になった場合には公的な介護保険が存在しますが、それとは別に民間の保険会社が提供している介護保険という保険も存在します。今回は「介護保険」という制度について公的保険、民間保険を含めて制度の基本をわかりやすく解説していきたいと思います。
また、公的な介護保険ではない、民間保険会社の介護保険の特徴や必要性、加入のメリット、デメリットについても紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金 老後

2017年11月15日

平成30年の年末調整で書く源泉控除対象配偶者とは何か?書き方はどうする?

2017年の年末調整のタイミングで勤務先から渡される来年(平成30年以降)の給与所得者の扶養控除等(異動)申告書の項目が変わりました。あたらしく“源泉控除対象配偶者”という項目が登場しています。従来までは“控除対象配偶者”でした。

この二つの違いと、年末調整資料への書き方はどうしたらいいのかを紹介してきます。

続きを読む

仕事術 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 給料・ボーナスの活用術

2017年8月25日

消費税が10%に増税されるのはいつから?消費税の増税スケジュール

消費税の増税は2014年4月1日に税率が5%から8%に増税されました。その後、当初計画では2015年10月から10%に増税する予定でしたが、8%引き上げ時の消費の冷え込みや世界経済の情勢悪化で2017年4月に延期、その後もチャイナリスクの顕在化、景気腰折れ懸念などを受けて2019年10月へと再延期されています。

2017年8月時点においては、2019年10月の消費税増税がスケジュール化されていますが、やはり反対の声も大きいようです。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 節税・税金のライフハック

2017年6月4日

住民税非課税世帯とは何か?非課税となる年収や収入の基準と100万円の壁。

公的な支援や給付などの際に基準として利用されることが多い「住民税非課税世帯」という言葉があります。

要するに住民税が課税されないほど収入(所得)が少ない家庭(世帯)という意味になります。住民税非課税世帯に対しては様々な補助や助成、健康保険料の減免などがあります。今回はそんな住民税非課税世帯になる為の年収や収入の基準や計算方法などについてわかりやすくまとめていきます。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2017年5月9日

Yahoo公金払いのメリット、デメリット。税金払いは手数料分損?

Yahoo!Japanが提供しているヤフー公金払いは税金(自動車税・固定資産税・住民税・健康保険料・介護保険料など)、NHK受信料、水道料金、ふるさと納税などの支払いをオンラインで行うことができるサービスです。

わざわざ支払いに行かなくてもネット(パソコン)で手軽に納付ができるという点やクレジットカードを使っての支払いも可能という点が魅力のサービスとなっています。

今回はそんなYahoo公金払いのサービスについてそのメリット、デメリットをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

節税・税金のライフハック 自動車税・固定資産税

2017年5月8日

会社の定年退職金は全額一括受取と年金受取のどちらがお得?

会社の定年退職金の受け取り方法は会社によって大きく異なりますが、まとめて一時金として受け取るケース、分割して年金形式で受け取るケース、あるいはその両方を併用するケースといったように、従業員自身が退職金の受け取り方を選ぶことができるというケースが多いです。

今回はそんな会社の定年退職金の受け取り方法として一括受け取りと分割受け取り(年金受け取り)についてどちらがお得なのか?制度や税制の見地から比較していきます。

続きを読む

仕事術 給料・ボーナスの活用術

2017年1月24日

2017年スタートのセルフメディケーション税制。市販薬で所得控除が受けられる

2017年1月から新しく開始された税制の一つに「セルフメディケーション税制(自主服薬税制)」というものがあります。これは健康診断などを受けている人が一部の市販薬を購入した際に所得控除と呼ばれる所得税・住民税の軽減措置を受けることができるというものです。

医療に関する税制はすでに「医療費控除」というものがありますが、こちらの特例として利用可能です。医療費控除と比べて控除(減税)を受けるハードルが低いのが特徴です。

2017年1月以降の市販薬購入のレシートはしっかりと保管しておくようにしましょう。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2016年11月24日

社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2016年11月21日

国保(国民健康保険)と健保(社会保険の健康保険)の違いと、お得さの比較

medical日本は国民皆保険制度が取られており、すべての国民はなんらかの公的医療保険制度に加入しており医療費の自己負担が低く抑えられています。保険証を持っていけばどこでも保険医療を受けることができます。その公的医療保険制度は大きく国保(国民健康保険)と健保(健康保険)という2つの制度があり、後者の健保はさらに細かくいくつかの制度に分かれています。

今回はそんな公的医療保険制度のもっとも大きな区分である国保(国民健康保険)と健保(勤務先の社会保険として加入する健康保険)との違いやどちらに加入するのがお得なのかを比較していきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2016年10月20日

個人型確定拠出年金(iDeCo)の受け取り方法による違い。受け取り方で税金が変わる

ideco-logo個人型確定拠出年金(iDeCo)はその高い節税効果などが人気です。2017年1月からは加入対象が大幅に拡大することも受けて、加入を検討している方も多いのではないでしょうか?加入のメリットやデメリットを知らせる情報は多いですが、それと同じくらい大切なのが年金の受取の方法です。

個人型確定拠出年金(iDeCo)については、受け取り方法を選択でき、その方法によって受け取り時にかかる税金が変わってきます。上手な受け取りをすることでより節税効果を高めることが可能です。

続きを読む

401K・確定拠出年金 ライフプラン 保険のライフハック 公的保険・年金 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 老後

1 / 3123

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP