おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

2015年7月14日

介護保険とは何か?公的保険と民間保険の違い、民間介護保険の必要性とメリット、デメリット

care我が国では、要介護状態になった場合には公的な介護保険が存在しますが、それとは別に民間の保険会社が提供している介護保険という保険も存在します。今回は「介護保険」という制度について公的保険、民間保険を含めて制度の基本をわかりやすく解説していきたいと思います。
また、公的な介護保険ではない、民間保険会社の介護保険の特徴や必要性、加入のメリット、デメリットについても紹介していきます。

続きを読む

保険のライフハック 公的保険・年金 老後

2017年1月24日

2017年スタートのセルフメディケーション税制。市販薬で所得控除が受けられる

2017年1月から新しく開始された税制の一つに「セルフメディケーション税制(自主服薬税制)」というものがあります。これは健康診断などを受けている人が一部の市販薬を購入した際に所得控除と呼ばれる所得税・住民税の軽減措置を受けることができるというものです。

医療に関する税制はすでに「医療費控除」というものがありますが、こちらの特例として利用可能です。医療費控除と比べて控除(減税)を受けるハードルが低いのが特徴です。

2017年1月以降の市販薬購入のレシートはしっかりと保管しておくようにしましょう。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2016年11月24日

社会保険料が高い。サラリーマンはどれだけ社会保険料を払っているのか?

shakaihoken毎月のお給料から自動的に天引きされるお金は大きく「税金」と「社会保険料」があります。税金は所得税と住民税でこちらは所得に応じてかかる税金です。一方の社会保険料は「健康保険料」「介護保険料(40歳以上)」「厚生年金保険料」の3つがあります。

今回はその社会保険料に注目をしたいと思います。実は現在サラリーマンは収入の約3割を社会保険料として支払っています。年収が500万円なら約150万円です。結構な金額ですよね。今回はそんな社会保険料が高いけど、どれだけサラリーマンが社会保険料を支払っているのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2016年11月21日

国保(国民健康保険)と健保(社会保険の健康保険)の違いと、お得さの比較

medical日本は国民皆保険制度が取られており、すべての国民はなんらかの公的医療保険制度に加入しており医療費の自己負担が低く抑えられています。保険証を持っていけばどこでも保険医療を受けることができます。その公的医療保険制度は大きく国保(国民健康保険)と健保(健康保険)という2つの制度があり、後者の健保はさらに細かくいくつかの制度に分かれています。

今回はそんな公的医療保険制度のもっとも大きな区分である国保(国民健康保険)と健保(勤務先の社会保険として加入する健康保険)との違いやどちらに加入するのがお得なのかを比較していきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2016年10月20日

個人型確定拠出年金(iDeCo)の受け取り方(一時金・年金)による違いのまとめ

ideco-logo個人型確定拠出年金(iDeCo)はその高い節税効果などが人気です。2017年1月からは加入対象が大幅に拡大することも受けて、加入を検討している方も多いのではないでしょうか?加入のメリットやデメリットを知らせる情報は多いですが、それと同じくらい大切なのが年金の受取・受給です。

実は個人型確定拠出年金(iDeCo)については、受け取り方法を選択でき、その方法によって年金受給時にかかる税金が変わってきます。上手な受け取りをすることでより節税効果を高めることが可能です。

続きを読む

401K・確定拠出年金 ライフプラン 保険のライフハック 公的保険・年金 所得税・住民税 節税・税金のライフハック 老後

2016年8月24日

ふるさと納税の限度額・上限額の計算方法と年収や過去の住民税から目安を判断する方法

calculator-1560882返礼品(お礼の品)が嬉しい「ふるさと納税」ですが、ふるさと納税は一体いくらまでなら寄付しても大丈夫なのか?(2000円の自己負担で済むのか?)ということが気になりますよね。年収や社会保険料などから、シミュレーションしてくれるようなサイトもありますが、そもそもそうしたシミュレーターに入力する項目の意味がわからないという方も多いのではないでしょうか?

今回はそんなふるさと納税の寄付限度額の目安についての計算方法について、どのように計算すればいいのかをわかりやすくまとめていきたいと思います。

続きを読む

ふるさと納税の活用法 節税・税金のライフハック

2015年7月28日

最低限知っておきたいマイナンバー制度の基本

mynumber2015年10月より、国民一人一人に「マイナンバー」という背番号の通知がなされることになります。まずは社会保障や税、災害時などに活用されますが、将来的には利用の範囲が拡大されていくことになっています。このマイナンバーについて、最低限知っておきたい基本のきを紹介していきたいと思います。
マイナンバー、マイナンバーって言っているけど、そもそも何?という方にとって参考になれば幸いです。

続きを読む

マネーニュース・キャンペーン情報 節税・税金のライフハック

2015年6月3日

サラリーマンでもできる節税方法・節税術のまとめ

tax所得税や住民税、社会保険料などお給料から天引きされていますが、その金額を見てビックリすることもあるのではないでしょうか?

そうした税金って、サラリーマンだと節約(節税)できないと思っていませんか?今回はサラリーマンでもできる節税術を紹介していきます。すべてをする必要があるとは思えませんが、上手に活用しましょう。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

2015年3月19日

サラリーマンなら知っておきたい標準報酬月額とは?

question標準報酬月額(標報)ってご存知ですか?サラリーマンなど社会保険に加入している方ならぜひとも抑えておきたい数字がこの「標準報酬月額(標報)」です。厚生年金や健康保険などにおいて「基準となる報酬」となっている金額で、この標準報酬月額は健康保険や年金などにおいて大切な数字となります。

今回はそんな標準報酬月額の計算方法の基本とこの月額がどんなことに影響してくるのかをまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック 健康保険 公的保険・年金

2014年12月10日

医療費控除による還付金のしくみと申請・申告のやり方

iryohi医療費控除というのは1年間に支払った医療費や医療のために支出した費用を「経費」として計上することができるもので、サラリーマンでも確定申告をすることで、支払った税金が「払い過ぎ」となり還付が受けられる場合があります。

この医療費控除は年末調整では対応できないため、年末調整をした場合でも別途行う必要があります。今回はこの医療費控除の基本的な仕組みと申告時のポイントなどをまとめていきます。

続きを読む

所得税・住民税 節税・税金のライフハック

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP