マイナポイントの仕組とキャンペーンのまとめ。マイナンバーとキャッシュレスでポイント還元

マイナンバーカードを持っている人に対して買い物などに使えるポイントを付与する制度が2020年9月にスタートします。最大5000円相当のポイントがもれなく還元されます。

その名は「マイナポイント事業」です。顔写真付きのマイナンバーカードにキャッシュレスを登録&チャージ(または利用)をする必要があります。

今回はそんなマイナポイント事業について、その概要や特徴、それに加えて各キャッシュレス企業が便乗して実施するキャンペーンをまとめます。

スポンサーリンク

マイナンバーカードのマイナポイントの仕組

マイナンバーカード所有者がキャッシュレスを利用する場合にポイントが付与されます。

利用者はあらかじめ制度に参加する民間キャッシュレス決済サービスを一つ選んで登録をして、ポイントを受け取る仕組みになるようです。すでに、ICカード、QRコード決済などが参加を表明しているということです。

どの程度が還元されるのかは確定していませんが、プレミアム分として、2万円の入金で5000円相当のプレミアム(25%)となります。

 

通知カードではなく、写真付きのマイナンバーカードが必要

マイナンバー(個人番号)は通知カードという緑色のカード(紙)が各個人に配布されていると思いますが、こちらは個人番号通知カードであり、マイナンバーカードではありません。

上記の写真のような顔写真付きのICチップ付きのプラスティックカードです。カードを作成するには申し込みが必要となります。やり方は下記記事をご覧ください。

マイナンバーカードを作るメリット、デメリットと申請方法や写真の撮り方
2020-05-11 09:20
マイナンバーカード(個人番号カード)は、日本の身分証明書の一つで氏名住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)、証明写真などを表示、記録するICチップ入りのカードです。交付開始
リンク

 

マイナポイントをもらうためにやるべきこと

事前準備が必要となります。

  • マイナンバーカードの取得
  • マイナポイント予約(マイキーIDの発行)
  • 対象サービスを選択(2020年7月~)
  • 選択したサービスを利用する(2020年9月~)

このステップが必要になります。そこそこ面倒な気もします。実際にマイナンバーカードの取得については、申込数が増えており、カード発行までに時間がかかっているようです。なるべく早めに取り組むことをお勧めします。

1)マイナンバーカードの作成

マイナンバーカードの取得方法については「マイナンバーカードを作るメリット、デメリットと申請方法や写真の撮り方」の記事で紹介しています。

2)マイキーIDの発行

また、マイナポイント予約(マイキーID発行)についても「自治体ポイントがスタート。登録するメリット、デメリットや使い方や貯め方の紹介」の記事で紹介しています。

3)対象サービス選択

マイキーIDの発行が終わったら、どのキャッシュレスサービスでの還元を利用するかを決定します。なお、一度変更したら変更できませんのでご注意ください。

未成年者の方のマイナンバーカードについては親名義のキャッシュレスを選択できます。お子様も5000ポイント(25%還元)貰えます。ただし、別のキャッシュレス事業者である必要があります。

4)対象サービスの利用

9月以降に対象サービスを利用すれば25%がもらえます。最高5000P還元なので2万円の利用をすれば満額が貰えるという事になります。

 

キャッシュレス事業者独自の“上乗せ”キャンペーンも

マイナポイントに便乗する形で各キャッシュレス事業者が独自の上乗せキャンペーンが行われるようです。対象サービス(キャッシュレス事業者)は後から変更できませんので、出そろってから決めたほうがいいかもしれません。

  • WAON(チャージ額の10%還元・上限2000円)
  • ゆうちょPay(選択すれば1500円相当)
  • メルペイ(メルカリで買い物+5%還元)
  • FamiPay(500円相当)
  • LINE Pay(クーポンを15枚)

ってな感じです。他社も便乗する可能性があります。キャンペーンスタートは9月1日~なので、8月上旬くらいにキャンペーン内容を比較して決めるのもいいかもしれませんね。

 

予算には上限あり。早期終了の可能性も

ポイントはもなれく付与されますが、予算には上限があるようです。なので時間がたってしまうとキャンペーンが先に終了してしまうというリスクもあります。

 

スマホ決済の普及同様、ポイント還元はマイナンバーカードは普及するか

スマホ決済サービスは、PayPayやLINE Payなど各社が多額のポイント還元施策を行うことでユーザーを増やし、結果としてかなり普及しています。

普及率が低迷しているマイナンバーカードにとってポイント還元で普及を促進できるのでしょうか?それとも二匹目のどじょうになるのか?

マイナンバーカードは作るまでの手順が少し面倒ですが、その面倒くささをポイント還元という果実でどこまで誘導できるか?ですかね。

もう一つ懸念としては、マイナンバーカードというか個人番号制度自体に対して不信感を持っている人が少なくない点が挙げられそうです。

マイナンバーカードはやろうと思えば、様々な情報を紐づけすることが可能です。

  • 税金に関する情報
  • 社会保険に関する情報
  • 証券会社の口座に関する情報(新規口座は義務)
  • 銀行口座に関する情報(現在は任意)

といったように様々な情報が連結されています。これに「買い物情報」まで仮に筒抜けになるとすれば、税金からフローの収入がわかり、銀行口座・証券口座からストックの資産がわかり、さらに買い物情報から支出までわかるという形になります。

こうしたプライバシーの根幹にかかわる情報とお買い物情報とを紐づけしていくのはある意味で怖いと感じる方も少なくないと思います。

今回のキャンペーンはマイナンバー自体にお買い物情報を残すわけではないので、買い物情報が政府に抜かれるということまでを心配する必要はありません。

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP