おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

携帯・スマホのMVNO(格安SIM)とは何か?大手キャリアとの違いとメリット、デメリット

mvno_m携帯電話やスマートフォンで通話やインターネットを利用すると言うとNTTドコモやau、ソフトバンクなどのと契約するのが当たり前のことだと思います。ところが、近年こうした通信キャリア以外の会社が通話やネット接続サービスを提供しています。こうしたサービスを「MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信業者)」といいます。

今回は家庭の電話代やスマホのネット代金などを節約できる可能性を秘めたMVNOや格安SIMについての基本を紹介していきます。

スポンサーリンク

MVNOとは?

MVNO(Mobile Virtual Network Operator)とは、NTTドコモやau、ソフトバンクなどの通信回線を持つ通信キャリアの電波網を借りて、その回線を個人に販売しているサービス事業者のことを指します。

格安スマホ・格安SIMなどと呼ばれることも多いです。

たとえば、OCNモバイルoneはプロバイダーであるOCNが提供するMVNOサービスで、NTTドコモから無線回線(インフラ)を借り受けて、そのドコモ回線を個人に販売すると言う形をとります。

 

MVNOを利用するメリット

MVNOを使うメリットとしてはズバリ料金です。
ドコモ、au、ソフトバンクといった通信キャリアの通信料金は通話とネット接続を込で6000円~といった料金プランが当たり前です。

ところが、MVNOでは、それぞれが「通話はできずデータ通信のみのプラン」「通信量に制限があるけど安いプラン」といったように独自性のあるプランを用意しています。

多くの場合で、キャリアの通信料金よりも格安なことが多いため、月々の通信量や通話料を安くしたいというユーザーから支持されて、現在急激に利用者が伸びています。

 

また、契約上の縛りが少ないのも特徴的です。大手キャリアの契約はだいたい2年縛りが多いですが、MVNOによる契約は短期間でもOKのものが多く、ちょっとした短期の利用にも適しています。

自分にあったプランを選ぶことができれば通信料を大幅に節約できる可能性があるというのがMVNOを選ぶ大きなメリットと言えるでしょう。

 

MVNOを初めて使うにはどうしたらいいの?利用までの流れを解説。

MVNOを使ってみようと思っても、どうやればいいの?と思う方が大半だと思います。利用するまでの流れを解説していきます。ただし、この流れについてはすでにスマホ端末を持っているか、持っていないかによって変わってきます。

 

1-1.すでにスマホを持っている場合

まずは、MVNOを利用するためのsimフリー端末を用意します。
simフリー端末とは、simロックと呼ばれる通信キャリアを制限する機構が取られていない携帯電話やスマートフォンのことです。

あるいは、ほとんどのMVNO事業者はNTTドコモの回線を借りているため、ドコモの携帯電話やスマートフォンであればMVNO業者の格安プランを利用することができます。

また、iPhoneの利用であればアップストアでSIMフリー版iPhoneを購入すればどのMVNOでも利用可能です。

※一部のMVNO業者はドコモ以外の回線を利用している場合がありますので申込の際にはどこの回線を利用しているかをしっかりとチェックしましょう。

 

1-2.まだスマホを持っていない場合

全くの新規でスマートフォンを買いたいという場合は、MVNO事業者がsimフリーの端末をセット販売してくれるようなケースもあります。その場合は端末を用意する必要はありません。

たとえば、格安スマホとして人気の高いトーンモバイルは、SIMカードだけの購入はできず端末購入が必要です。

トーンモバイルの評判。ツタヤの月1000円の格安スマホ。子供用スマホとしておすすめ
2016-07-26 15:13
トーンモバイルはレンタルショップ等を運営するツタヤ(TSUTAYA)が展開する格安スマホです。最大の特徴といえるのが子供向けにサービスを提供しているところです。子供向けにスマートフ
リンク

 

2.MVNO・格安simの事業者とサービスを選ぶ

次にどこのMVNO業者を利用するかを決めていきます。
MVNO業者の一覧についてざっと調べたところ下記の様な事業者があります。見ていただくと分かりますが大半がドコモ回線です。

(ドコモ回線)
mineo
OCNモバイル
楽天モバイル
イオンモバイル
トーンモバイル

(au回線)
mineo

各事業者ごとに様々な料金プランやサービスを用意しています。自分にあったプランをチョイスするようにしましょう。

 

3.申込・決済・設定

各事業者でプランを選択するなどして申込をすれば、simカードが送られてきます(端末とセット購入した場合は端末にあらかじめsimカードがセットされています)。

そのsimカードを携帯電話端末やスマートフォンにセットして設定すれば使えるようになります。初期設定マニュアルなどが用意されていると思いますので、自分で設定していきましょう。

 

MVNOのデメリット

もちろん、MVNOにもデメリットはあります。

 

端末を購入する場合は割引などがない場合が多い

ドコモやソフトバンク、auなどの大手キャリアの場合、最新のスマートフォンを購入する場合でも月々サポートといったような形で割引がきいて、購入時にはほとんど自己負担なく購入できるケースが多いです。

一方のMVNO・格安simの場合は専用端末を販売する場合でも割引がきかないことが多いです。そのため、初期費用が高くなるケースがあります。

ただ、昔買った携帯電話(スマートフォン)があればsimカードをとりかえるだけで利用することができるからです。2015年からはキャリアによるsimロック解除の義務付けが行われるようになり、今後より端末の入手は簡単になってくるものと思われます。

 

キャリアメールが使えない

格安sim、格安スマホのサービスを利用する場合、電話番号自体はMNP(携帯電話番号ポータビリティ制度)を利用して移動させることができます。

一方で各通信キャリアから提供されているメールアドレスを引き続き利用することはできません。たとえば、ドコモの場合「文字列@docomo.ne.jp」などのメールアドレスを長年利用してきたという方も多いかもしれません。

こうしたアドレスは使えなくなります。ちなみに、その代わりにgmailなどのフリーメールを設定することは可能です。

 

家族割・家族間通話無料などのサービスがない

家族間通話無料といったようなサービスはありません。家族で通信量をシェアすると言ったようなサービスも利用することはできません。

 

長時間の通話には基本向かない

最近では、ドコモなどのキャリアは通話料を定額として話し放題とするプランが主力ですが、MVNOの場合、こうした通話無制限定額というプランはないです。

通話ができるSIMもありますが、無制限に使えるものは少ないです。従来型の○分×円といったプランが多いです。そのため、仕事などで長時間通話をすることが多いというのであれば、MVNO向きではないと言えるでしょう。

 

サポート面は大手キャリアより弱め

この点は注意しましょう。MVNOは様々な設定を「自分でやる」というのが原則です。キャリアのようにお店のスタッフが丁寧に設定してくれるということはありませんので、ご注意ください。

ただし、近年では店舗を構えるMVNO・格安simサービスも増えてきました。サポート面の充実度も過去と比べると高くなっています。

 

通信環境のクオリティ

MVNO事業者はドコモなどから回線を借りています。
そのため、回線の利用状況もドコモなどと全く同じと考えている方が多いですが、少し違います。

MVNO・格安simのサービス事業者が借りている回線の容量を超えてしまうと通信速度の低下などの障害が発生する可能性があります。この辺りは大手キャリアと比べると発生する確率は高いはずです。

 

MVNO(格安sim)は上手に活用

MVNOによる契約は使い方によっては非常に高い経済性をもたらします。
たとえば、電話はほとんどしないと言う方はデータ通信だけのMVNOのsimを使って、どうしても通話が必要な時は通話アプリなどを使うといったような節約方法もあります。

また、データ通信に関してもほとんど使わない、あるいはほとんどが自宅の固定ネット回線(光回線など)というような人にとっては格安simを導入することでかなりの節約ができる可能性があります。

一方で、データ通信はバリバリ使うし、電話も仕事などでバンバン使うというのであればMVNOによる格安simの恩恵はほとんどないか、あるいは逆にコスト増になる可能性もあります。

 

おすすめの格安SIM(MVNO)はどこ?

実際にMVNO(格安SIM)を利用するのであればどこで申し込みをするのがおすすめなのか?って話になりますが、個人的には以下の業者がおすすめです。

 

1位 mineo(マイネオ)

格安SIMのサービスとしての満足度が高い業者。縛り期間や違約金がないので、ためしてみてハズレだったら切り替えるということが簡単にできます。それだけサービス品質に自信があるってことの裏返しなのでしょう。

格安SIMはやはりサポートが心配ですが、サポート体制が格安SIM業界の中では充実しているというのも魅力です。

初めての格安SIMには一番おすすめです。

mineo(マイネオ)公式ホームページ

 

2位:楽天モバイル

楽天市場をよく使う人におすすめ。月額料金が他社よりも安い上、楽天市場でのショッピングの1%分のポイントが追加でたまる特典付き!楽天ポイントで通話料・通信料を払うこともできます。

楽天をあまり使っていないという人にとってはあまりお勧めできないですけどね。

通信速度は感覚地ですがやや遅いか。

楽天モバイル公式ホームページ

 

3位:OCNモバイル

家族がいらっしゃる方で、大手キャリアの家族プランからの切り替えを考えている方におすすめ。MVNO(格安SIM)の中では珍しく家族同士でデータ通信量の分け合うことができるので、家族全体で格安SIMに切り替えたいという場合は一番おすすめできます。

OCNというネットワーク系の大手企業(NTT系)という点も安心できるかもしれません。

OCNモバイル公式ホームページ

 

以上、携帯・スマホのMVNOって何?MVNO/格安SIM/格安スマホの活用方法のまとめでした。上手に活用しましょうね。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP