おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

示談交渉付きの個人賠償責任保険に手軽に加入する方法

日常の様々なリスクをカバーしてくれる保険として紹介した「個人賠償責任保険」。こちらの保険は多くの人は、知らないうちに加入していることが多い保険です。代表的なところでいえば火災保険(総合保険)が代表的です。

ただ、個人賠償責任保険においては多くのケースで示談交渉については対象外となっています。個人賠償責任保険は誰かをケガさせたといったような、誰かに対して賠償責任を負っているという状況なので、その賠償額については相手と話し合って決めることになっています。

つまり、自分自身で被害者と話し合いを行う必要があります。こうした交渉はハードになることも多いので、やはり示談交渉はついていたほうが安心です。今回は示談交渉がセットになっている個人賠償責任保険を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

個人賠償責任保険とは

日常の様々なリスクに対応した個人賠償責任保険の活用方法と注意点
2013-02-07 17:49
個人賠償責任保険(こじんばいしょうせきにんほけん)という保険をご存知ですか?損害保険の一種なのですが、実はかなり汎用性の高い保険となっており、日常起こりうる事故や怪我の多くをカバー
リンク

上記の記事でも紹介していますが、個人賠償責任保険は日常生活で発生する第三者に対する賠償責任を補償する保険です。

  • 自転車に乗っているときに歩行者とぶつかった
  • 子どもが投げた石が歩行者にあたりケガをさせた
  • 子どもが他人の車に傷をつけてしまった
  • 飼い犬が他人にかみついてケガをさせた

といった場合に、損害額を一定の範囲でカバーしてくれる保険です。

なお、この保険について勘違いしてほしくないのは、この保険に加入していれば加害者になったときの責任はないという話ではないということです。

ケガをさせた加害者となった場合、あくまでも加害者はあなたです。誠意をもって謝罪をすること、またその損害に対しては弁償するのは当然のことです。個人賠償責任保険はあくまでも金銭的な損害の補償を保証してくれるだけであり、責任そのものを回避するものではありません。

 

加害者になったとき、被害者と交渉するのは難しい?

たとえば、自転車事故をおこして相手をケガさせてしまったとしましょう。
この場合は個人賠償責任保険に加入していれば保険で治療費や慰謝料などを支払うことができます。

ただし、この時の保険金額は青天井ではありません。仮に上限1億円の個人賠償責任保険に加入しているからといって1億円までは払ってくれるわけではありません。事故やケガの程度に応じてある程度決まってきます。保険会社はその程度に応じて判断された金額しか支払ってくれません。

保険に入っているからと勝手に交渉を進めると痛い目にあるかもしれません。もちろん、被害額が妥当なら保険上限の範囲で1億円でも支払ってくれます。

 

勝手に交渉を終わらせない

ポイントとしては相手の条件をその場で飲まないことです。金額的な話になったときは、保険会社とも相談する必要がありますのでお時間をくださいと言うことです。

仮に相手が100万円を求めてきてそれをその場であなたが認めたとします。しかしながら、保険会社が賠償額を50万円とした場合にはその差額はあなたが負担することになるかもしれません。

事故は相手をえらべません。中には質の悪い人もいますのでそういう人との間で事故を起こしてしまうと交渉自体が大変難儀なものになるかもしれません。

 

示談交渉サービス付きなら保険会社が対応する

こうした事故にたいする交渉は専門知識のない人にとっては大変労力を必要とするものです。事故の加害者・被害者という立場からも加害者であるほうが、賠償額について「高すぎる」というのは憚られるという方も多いでしょう。
感情的になってしまうというケースもあるかもしれません。

そういう方のためにあるのが、示談交渉サービス付きの個人賠償責任保険です。

示談交渉サービスとは保険会社があなたに代わって事故の被害者との間で損害額についての交渉等を行ってくれるサービスです。自動車保険の事故の場合はこの示談交渉が通常はセットになっていますが、個人賠償責任保険の場合はオプションです。

よほど交渉力がある人であれば別ですが、そうでないのであれば、やはり個人賠償責任保険にも示談交渉サービスはついているほうが安心できます。

 

示談交渉サービス付きの個人賠償責任保険

示談交渉サービスが付帯している個人賠償責任保険は「自動車保険の特約」や「クレジットカードの付帯保険のオプション」などで提供されることが多いです。

 

クレジットカードの付帯保険としての示談交渉サービス付き個人賠償責任保険

一部のクレジットカードでは有料の保険料を別途支払うことで示談交渉サービス付きの個人賠償責任保険をセットすることができます。保険料も手軽であることが多いので利用しやすいでしょう。

 

JCBカード JCBトッピング保険 日常生活賠償プラン

JCBカードが発行したクレジットカードで利用可能。最大1億円の個人賠償責任保険(示談交渉サービス付き)に加入できます。また、カード会員(本会員)を対象に交通事故による死亡または後遺障害に対して100万円の保険もセットになっています。

とにかく示談交渉付きの個人賠償責任保険に安く加入したいというのであれば一番おすすめです。

個人賠償上限額:1億円
保険料:月額150円
対象:家族
引き受け保険会社:損保ジャパン日本興亜

JCBカード公式ホームページ

 

三井住友カード ポケット保険

三井住友カードが発行したクレジットカードに付帯可能。個人賠償責任保険だけでなく、傷害死亡、傷害入院、携行品損害といった様々な補償を好きな範囲で好きな金額でセットできます。個人賠償責任保険については1億円~3億円の上限を選択可能です。

通常の個人賠償責任保険は保険範囲は家族ですが、ポケット保険は本人のみや夫婦のみという選択も可能です。対象者が限定されるほど保険料は安くなるので独身の方、DINKSの方にもおすすめ。

個人賠償上限額:1億円~3億円で選択可能
保険料:月額140円~
対象:本人のみ・夫婦のみ・家族
引き受け保険会社:三井住友海上火災保険

三井住友カード公式ホームページ

 

イオンカード 日常生活賠償プラン

イオンカード会員向けの保険です。交通傷害+個人賠償責任保険がセットになっています。Aコース~Cコースが用意されており、もっともリーズナブルなCコースでも個人賠償責任保険には示談交渉サービスがついています。保険金額上限は1億円です。

個人賠償上限額:1億円
保険料:月額260円
対象:家族
引き受け保険会社:損保ジャパン日本興亜

イオンカード公式ホームページ

 

エポスカード保険 賠償責任重視コース

エポスカード会員向けのエポラク傷害保険の個人賠償責任保険を重視した保険です。傷害に対する医療保険(入院・通院保険)がセットになっている保険です。やや高めの保険料ですが、傷害入院1日1500円、傷害通院750円が給付。個人賠償責任保険は上限2億円となっています。

個人賠償上限額:2億円
保険料:月額470円
対象:家族
引き受け保険会社:三井住友海上火災保険

エポスカード公式ホームページ

 

自動車保険の特約としての示談交渉サービス付き個人賠償責任保険

自動車保険は損害保険会社が引き受ける保険です。その保険会社が個人賠償責任保険もセット(特約)として提供してくれていることが多いです。特約としてセットする場合は別途保険料が上乗せされることになりますが、自動車保険と同じ保険会社ということで、連絡先などがわかりやすいというメリットがあります。

ちなみに、万が一個人賠償責任保険を使ったとしても、ノーカウント事故なので、自動車保険の等級への影響はありません。

  • おとなの自動車保険 個人賠償責任保険特約
  • 損保ジャパン THEクルマの保険 個人賠償責任保険特約
  • GKクルマの保険・日常生活賠償特約
  • 東京海上日動 個人賠償責任保険特約
  • ソニー損保の自動車保険 個人賠償特約

などが示談交渉サービス付きで個人賠償責任保険を特約セット可能です。保険料は年間で契約者によりますが2000円程度の上乗せと考えられます。

ちなみに、当然ですが特約だけの加入はできません。あくまでもその自動車保険に入る方がセット(特約)として加入できます。自動車保険については個人賠償責任特約に限らず、通常の自動車保険としての保険料のほうが大きいため、個人賠償責任特約だけで決めるのはナンセンスです。

調査日現在でこれだけの保険会社が対応しているので、保険料の一括見積を行ったうえで、個人賠償責任保険をプラスアルファで考えるようにするとよいでしょう。

自動車保険は節約のためにも毎年見直し・比較をして得しよう
2012-04-22 22:44
自動車保険(任意保険)の保険期間は基本的には1年単位であり、大体の方が年間契約を更新していることかと思います。ただ、この更新作業を、保険会社から通知がくるからそれにしたがってただ漠
リンク

インズウェブ自動車保険一括見積

 

以上、示談交渉サービスが付帯した個人賠償責任保険についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP