おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

一戸建てを買うなら消費税増税後がお得?

tax消費税増税目の駆け込みとして住宅購入に奔走している人も多いかと思います。その一方で、住宅ローン減税(住宅ローン控除)が2014年4月より拡大されます。この影響を考えると住宅購入(特に一戸建て)のケースでは増税後に購入した方が総額でお得になる可能性もあります。一度シミュレーションしてみましょう。

スポンサーリンク

消費税増税と住宅ローン控除

消費税の増税は2014年4月から5%から8%へと3%アップします。
一方、同じタイミングで住宅ローン控除(減税)が年最大20万円から40万円にまでアップします。

まず、消費税増税の影響から見ていきましょう。
消費税は「建物部分」に対してかかります。仮に4000万円の物件(土地2500万円・建物1500万円)というケースを想定すると、消費税がかかるのは建物部分の1500万円です。
消費税増税の影響は1500万円×3%=45万円ということになります。

次に、住宅ローン控除(減税)の影響を見ていきます。
住宅ローン控除の金額は、「住宅ローンの残債×1%」で計算することができます。この控除が最大10年間利用することができます。

2014年3月までは上限が2000万円までとなっているのに対して4月以降は上限が4000万円にまで拡大します。

従来の控除(減税)だと、2000万円×1%×10年なので最大で200万円の減税が可能でした。一方で2014年4月以降は最大で4000万円×1%×10年となり、最大で400万円の減税が可能となります。これにより新減税を利用することで200万円もの差が開くことになるわけです。

これだと、圧倒的に「消費税増税後に買った方がお得」ということになります。
(200万円-45万円=155万円お得)

ただし、住宅ローン減税には「「住宅ローンの総額」に対する控除であること」という落とし穴があります。つまり、最大限に控除を利用するためには4000万円以上の住宅ローンを10年以上組む必要があるということです。
ローンの総額が2000万円以下という方は一切の恩恵を受けることはできないことになります。

 

どんな人は2014年4月以降に家を買うべきか?

じゃあ、具体的にどういうケースがより、減税(控除)のメリットを享受できるのかということですが、下記の条件を満たす人ほど有利になります。

  1. 一戸建てを購入予定である
  2. 土地価格(地価)が高い地域での住宅購入を考えている
  3. 住宅ローンとして4000万円程度、それ以上を組む計画である

上記1~3について満たす項目が多いほど、消費税増税後にマイホームを購入する方がお得になる可能性が高くなります。また、夫婦共働きでお互いがそこそこの所得金額があるようなケースでもお得になる可能性があります。

逆に、分譲マンションの購入を検討していたり、土地価格が相対的に低いところでの物件購入を検討している方、ローン総額が2000万円以下というような方は、住宅ローン減税の恩恵が小さい or 消費税増税のデメリットが大きいので2014年3月までに住宅を購入する方がお得です。

※あくまでも、消費税増税と住宅ローン控除(減税)だけにしぼった話となります。増税前に家を買うのが本当に正しいかについては「低金利の住宅ローンに消費税増税前。今が買い時か?」も御覧ください。

参考:住宅ローン減税(控除)とは

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP