おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

共働き夫婦が住宅ローンを組む時の3つのパターンの特徴とそれぞれのメリット、デメリット

pair共働きの背滝数が増加しており、マイホーム購入時の住宅ローンについて従来のように世帯主が単独で契約をするというパターンではなく、夫婦2人で借りるパターンが増えてきています。一人で住宅ローンを組むよりも沢山のお金を借りることができるということや状況によっては住宅ローン減税などを二人で受けられるといった特典もあります。その一方で注意するべき点もあります。今回は共働き夫婦の住宅ローンについて考えていきたいと思います。

スポンサーリンク

夫婦2人で組む住宅ローンと収入合算

なぜ夫婦2人で住宅ローンを組むのか?
その最も大きな理由は「収入合算」による住宅ローン借入可能額の増枠にあります。

収入合算(しゅうにゅうがっさん)とは、共働き夫婦の収入を合算して世帯の年収とすることで、住宅ローンを借り安くするものです。たとえば、年収400万円の夫と年収200万円の妻の場合、夫単独の住宅ローンだと、2500万円までしか借りられないが、妻の収入も合算すれば3000万円まで借り入れが可能になるといった具合です。
(参考:収入合算と融資可能額、収入合算のメリット、デメリット

このようなことから、住宅ローンの新規契約で夫婦二人でローンを組むというのは全体の20%にも上っているということです(三井住友銀行)。

 

共働き夫婦が組む住宅ローンの3パターン

共働きの夫婦が組む住宅ローンは「ペアローン」「連帯保証型」「連帯債務型」の3つのパターンがあります。それぞれで大きく特徴が変わってきます。

 

夫婦ペアローンの特徴とメリット、デメリット

夫婦がそれぞれ1本ずつの住宅ローンを組むというタイプのローンです。2つのローン契約が発生することになります。それぞれが自身のローンを返済する形になります。2つのローンが組めるので固定金利と変動金利の組み合わせといったようなローンプランニングが可能です。また、住宅ローン減税は夫婦二人とも適用されます。

その一方で事務手数料が2重にかかってしまうと言う点がデメリットと言えるでしょう。また、団信(団体信用生命保険)についてもそれぞれで加入します。死亡時に保障されるのは、それぞれが契約しているローン分だけです。

たとえば、夫が死亡した場合、団信で返済されるのは夫のローン契約分だけで、妻のローンは引き続き残ります。

夫婦それぞれがバリバリ働いているようなケースで有効に活用できそうな住宅ローンと言えそうです。

 

連帯保証型と連帯債務型住宅ローンの違いと特徴

残りの二つは「連帯保証型住宅ローン」と「連帯債務型住宅ローン」の二つです。それぞれ名前がすごく似ていますが、制度としては大きく異なります。

1)連帯保証型の特徴
・収入合算が可能
・ローン契約は1本
・あくまでも妻は担保としての存在
・持ち分は自由(夫100:妻0でもかまわない)
・住宅ローン減税は夫のみ(主債務者)のみが対象

2)連帯債務型の特徴
・収入合算が可能
・ローン契約は1本
・妻も持ち分に応じて自分の収入から返済するのが前提
・持ち分は出資割合に応じて按分する必要
・住宅ローン減税は夫婦が揃って利用可能
・持ち分と返済額が事実と異なれば贈与税の対象になることも

 

連帯保証型と連帯債務型との大きな違いは「妻が実際に返済をするかどうか?」です。

連帯保証型はあくまでもローン返済に滞りがあった場合などは妻が変わって返済する義務を負うという話であるのに対して、連帯債務型は夫婦が揃って返済するというのが前提となります。

妻が自分の収入からローンを返済すると言うことはその住宅の代金を払っているということになります。
ということは、「妻はその出資割合に応じて持ち分が登録されていなければならない」ということになります。持ち分というのは「名義」のことで詳しくは「マイホームを夫婦共有名義にするメリット、デメリット」でも記事にしています。

その代わり、妻も返済者であるため、ローン減税(住宅ローン減税)についても返済割合に応じて妻も受ける権利があると言うことになるわけです。

贈与税や住宅ローン控除(減税)という話ともかかわってくることになりますので、詳細は専門家に相談して決められることをお勧めします。

共働きと言っても、妻の年収は非課税の範囲内(扶養の範囲内)と言ったような場合には「連帯保証型」。妻もしっかり稼いでおり、ローン減税の恩恵があると言う場合には「連帯債務型」を選ばれると良いかと思います。

 

共働き夫婦の住宅ローンの返済計画はしっかりチェックして

さて、ここからは、そもそも夫婦共働きの家計が収入合算をしてローンを借りるべきか?というそもそも論になります。

共働き夫婦において、将来の家族計画がある場合にはやっぱり注意が必要です。収入合算を使って借入額を増やす家庭の中には、子どもがいない若い世帯が現在の収入でギリギリのローンを組む為に収入合算を遣っているケースも多いようです。

そうしたギリギリで住宅ローンを組んでしまうと、妻の妊娠などの結果家計が非常に厳しくなってしまうような場合もあります。そうならないように、収入合算などでローンを借りる場合には前もって話し合いをしてプランニングをした上でローンを組むことが大切です。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP