おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

デルタ航空上級会員になれるデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードの魅力

デルタ航空は米国の航空会社です。日本において国内線は就航していないので海外に行く機会が少ない方にとってはあまり知名度が高いとは言えない航空会社です。一方で世界的には路線数、就航空港数も多い航空会社で日本からもアメリカ中心の路線を多く抱えています。

そんなデルタ航空のデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードはデルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」の資格が自動付帯するクレジットカードです。海外旅行に行く機会がそれなりにあるという方は得ができるクレジットカードになっています。

デルタスカイマイル・アメックスゴールドカード公式ホームページ

スポンサーリンク

デルタスカイマイル・アメックスゴールドカードの基本スペック

まずは、クレジットカードとしてのスペックを紹介していきます。

年会費 26000円+税
カードブランド アメリカンエキスプレス
ポイント還元率 100円の利用につき1スカイマイル
(デルタ航空へのカード払いは100円で3マイル)
たまるポイント スカイマイル(デルタ航空のマイル)
貯めたポイントの使い道 デルタ航空ならびに、スカイチームの特典航空券との交換。またはJTBクーポンとの交換
ポイント有効期限 無期限
特典1 デルタ航空の上級会員(ゴールドメダリオン会員)となれる
特典2 入会時8,000マイル&継続時3,000マイルがプレゼント。さらに、入会後6か月以内の初回フライトで搭乗クラスに応じて1万マイル~2.5万マイルプレゼント
国内旅行傷害保険 最高1億円
海外旅行傷害保険 最高1億円
キャンセル・プロテクション 出張、病気、けがなどで旅行に行けなくなった場合などのキャンセル費用の補償をしてくれる保険
リターン・プロテクション 購入した商品の返品を受け付けないとき利用可能。
ショッピング保険 1年につき最高500万円まで(ショッピングプロテクション)

アメックスのポイント(リワードプログラム)ではなく、100円の利用につき1スカイマイル(デルタ航空のマイレージ)がたまるようになります。還元率は1%と高めと言えるでしょう。ちなみに、同カードでデルタ航空の購入権を購入した場合にはポイント3倍(3%還元)となります。

まぁ、年会費は26000円+税ですから、かなりお高いです。

貯めたポイント(マイル)は特典航空券との交換のほうがお得ですが、単純にJTBクーポンと交換した場合は1マイル=1円なので、ポイント還元率は1%~ということになります。

また、入会で8000マイルがもらえるなら実質的には8000円のキャッシュバックがあると考えることもできそうです。

最大の特徴としては後述しますが、デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」が与えられることでしょう。これにメリットを感じるか、それとも感じないか?がこのデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードを作るかどうかの分岐点になろうかと思います。

 

デルタ航空「ゴールドメダリオン」資格が与えられるクレジットカード

デルタ航空のクレジットカード(発行はアメリカンエキスプレス)である「デルタスカイマイル・アメックスゴールドカード」は保有することでデルタ航空の上級会員資格が与えられます。

航空会社では、デルタ航空に限らず各社でランク別の会員制度が用意されています。中でも上級会員とされるのは年間に一定以上の飛行機搭乗をした人に与えられるのが一般的です。

デルタスカイマイル・アメックスゴールドカードを所有することができれば、デルタ航空の上級会員資格である「ゴールドメダリオン」の資格が自動的に取得されます。これはクレジットカード会員である限り続く特典です。

 

ゴールドメダリオンになるメリットは何?

ゴールドメダリオンになると下記のようなサービス、特典を受けることができます。

  • 優先キャンセル待ち
  • 搭乗日当日の時間変更手数料無料
  • 優先チェックイン/優先搭乗
  • 手荷物の優先預かり
  • デルタ航空の飛行機利用時に専用ラウンジの利用権

特に大きいのは空港でのラウンジ利用でしょうか。航空会社の質の高いラウンジで出発前の時間をゆっくりと過ごせます。

空港ラウンジの違い。ゴールドカードラウンジと航空会社ラウンジを徹底比較
2016-05-28 19:40
空港ラウンジというのは飛行機に乗る人が出発前の時間をゆっくり過ごすための施設です。この空港ラウンジには大きくクレジットカード会社が運営している「ゴールドカードラウンジ」と、飛行機を
リンク

 

 

スカイチーム・エリートプラスとしてスカイチーム航空便でも優遇

デルタ航空の「ゴールドメダリオン」はデルタ航空が加入する「スカイチーム」という航空アライアンスにおいても優遇されます。ゴールドメダリオンは「スカイチーム・エリートプラス会員」を兼ねており、スカイチームに加入する多くの航空会社において、上級会員としての扱いを受けることができます。

スカイチームに加盟しているのは2016年6月現在で20社です。

・アエロフロート
・アエロヒメコ航空
・廈門航空(アモイ航空)
・アリタリアイタリア航空
・アルゼンチン航空
・エールフランス
・ガルーダ・インドネシア航空
・KLMオランダ航空
・ケニア航空
・サウディア
・大韓航空
・タロム航空
・チェコ航空
・チャイナエアラン
・中国東方航空
・中国南方航空
・デルタ航空
・ベトナム航空
・ミドルイースト航空

これらの航空会社で上級会員としての待遇が受けられるほか、ためたマイルを使って特典航空券を発行してもらうこともできます。

 

ゴールドメダリオンになるデメリットというかイマイチな点

ゴールドメダリオンというのは上記の対象となる飛行機を利用する機会があるのであればかなりのベネフィットがあるといえるでしょう。

その一方でデルタ航空並びにスカイチームの航空会社は日本国内の国内線には路線が一つもありません。すべて国際線ばかりです。

海外旅行や海外出張が多いという方にとってはメリットが大きくても、国内中心という方はベネフィットを感じにくいはずです。

 

国内線移動が多い人もキャンペーン活用でお得に?

デルタスカイマイル・アメックスゴールドカードの大きなメリットとしてあげられるのが「ニッポン500マイル」というキャンペーンです。これは期間限定のキャンペーンとなっていますが、毎年継続して実施されています。

デルタ航空のニッポン500マイルキャンペーン活用術。2017年も継続確定!
2016-06-26 23:03
国内線の飛行機をANAでもJALでもスカイマークでもスターフライヤーでもLCCでも利用しているというのであれば絶対にデルタ航空に会員登録(スカイマイルメンバー登録)をしておきましょ
リンク

すべての日本国内線(JAL、ANA、LCC含む)で1フライトにつき500スカイマイル・ボーナスマイルを獲得できます。デルタスカイマイル・アメックスゴールドカード会員の場合は年間40フライト(2万マイル)までためることができます。

更新の3000マイルももらえることを考えると23000マイルが最大で貯められます。これだけもらえるなら年会費のモトはほぼ取れそうな感じになりますね。

 

ステータスマッチによって間接的にANAやJALの上級会員になれることも

そうはいっても、デルタ航空は国内線の主役ではありません。海外なんてそうなんどもいくものはないから上級会員になっても……という方も多いかもしれません。

そういう方には何度も使える技ではないですが、ステータスマッチを利用するという方法もあります。ステータスマッチというのは上級会員資格でよく利用されているサービスです。

たとえば、デルタ航空の上級会員資格を持つ人が、「今度からユナイテッド航空さんを使うから、ちょっと考えてくれない?」というお願いをすることで、必要な条件を満たさなくても上級会員になれるシステムです。

海外では各種サービスのエリートプログラム(上級会員プログラム)間でのステータスマッチはごく一般的に行われています。

ユナイテッド航空は基本的にデルタ航空との間でのステータスマッチを認めていますので上級会員になれます。

さて、このユナイテッド航空はANAも加盟するスターアライアンスメンバーなので間接的にANAでも上級会員(スターアライアンスゴールドメンバー)として扱ってもらえます。

ただ、日系の航空会社である、ANAやJAL自身は、よほどこのことがない限りステータスマッチには応じないようです。

ステータスマッチによる上級会員になれる期間は通常は1年以内です。趣旨的に何度も使える技ではありませんが、ここぞというときは活用してもよいかもしれません。

 

ANAやJALに同じようなクレジットカードはないの?

こうしたカードはANAの「ANA SFC(スーパーフライヤーズカード)」やJALの「JGC(JALグローバルクラブ)カード」というように存在します。ただし、これらのカードを作るには一度は上級会員にならないと取得することができません。

上級会員になるのは数多くのフライト実績を積むことが必要で、よほどの出張族でもないと取得は難しいでしょう。

一方のデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードはクレジットカードとしての審査はあるものの、航空会社の利用実績などは一切要求されません。極端な話、デルタ航空の飛行機はこれまでに一度も使ったことがないという方でも所有することができるわけです。

航空会社の上級会員になれるクレジットカードを徹底比較
2016-06-06 18:48
飛行機に乗る機会が多い方にとって魅力的なもののひとつが航空会社(エアアライアンス)の上級会員ではないでしょうか?サービスが充実した航空会社のラウンジの利用や、優先予約や優先搭乗、エ
リンク

 

 

まとめ。デルタスカイマイル・アメックスゴールドカードは作るべき?

デルタ航空並びにスカイチームの航空会社は前述のように国際線中心です。

そのため、国際線の飛行機に年数回は乗るというような出張や旅行が多い方にとってはメリットが大きいカードである一方で、海外なんて年1度以下というような方にとっては年会費の高さが気になってしまいます。

  • 海外旅行・海外出張が多い人
  • 国内線を年に10回、20回は使うというような人(ニッポン500マイル活用)

デルタスカイマイル・アメックスゴールドカード公式ホームページ

 

以上、デルタ航空上級会員になれるデルタスカイマイル・アメックスゴールドカードの魅力というお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP