おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

新しいお金の借り方、AIスコアレンディングとは何か?

お金を借りるというと銀行や消費者金融などでカードローンやキャッシングを利用して借りるというものが一般的です。これらの金融機関は、申し込みをした人の収入や勤務先などの属性情報と、個人信用情報機関にある信用情報を参照して貸付の審査や融資可能額を審査、診断しています。

AI(人工知能)が幅広い分野で利用されるようになってきた中、融資の現場にも新しい審査基準による融資が行われようとしています。それがスコアレンディングというものです。

今回はそんなスコアレンディングとはいったいどのようなものなのか?従来型融資との違いは何か?という事についてまとめていきます。

スポンサーリンク

スコアレンディングとはどんな融資か?

日本初のスコアレンディングのサービスとして「J.Score」というサービスがあります。こちらはソフトバンクとみずほ銀行が共同して開始をしたサービスです(2017年9月25日サービス開始)。

会員登録(メンバーシップ登録)をすると、色々な質問をされます。

  • 年齢
  • 収入
  • 勤務先の規模
  • 住まい
  • 家族構成

といったような、通常のローン等でも聞かれる質問がある一方で

  • クレジットカードは何枚持っているか?
  • 家計管理は家族のだれがしているのか?
  • 普段音楽は何で聞いているか?
  • 趣味は何か?
  • 好きなスポーツは何か?

などのように融資と関係しそうなものから、あまり関係のないようなものまで尋ねられます。このようにして、様々な質問に回答すると、「スコア」が表示されます。

J.Scoreの場合、色々な追加の質問に任意で答えていくことでスコアがアップするようになっているようです。そして、このスコアに応じて融資条件が表示されるという仕組みになっています。

ちなみに、私は初期状態のスコアが656で利率10.6%(極度額110万円)と表示されていましたが、質問にいくつか追加で回答するとスコアが665になり、利率10.4%(極度額120万円)となりました。

スコアがアップすると融資条件が改善するようですね。

ちなみに、このスコアを計算する段階ではメールアドレス以外の一切の個人情報は求められません。上で聞かれる質問もかなりアバウトな内容になっています。

 

J.Scoreの融資条件

以下のようになっています。上限の金利は12%とやや低めです。みずほ銀行+ソフトバンクのサービスですが、銀行融資ではありません。総量規制(借り入れ総額は年収の1/3まで)の対象です。

実質年率 0.9%~12.0%
利用限度額 最大1000万円
申し込み資格 20歳~70歳以下
安定かつ継続した収入の見込める方
総量規制 対象

金利上限は低めですが、後述するようにJ.Scoreではスコアが600以上でないと、融資の申し込み自体ができません。

つまり、一定の足切りはスコアによって行っているので実質年率の上限を引き下げることができるという事なのでしょう。

 

スコアが600以上で初めて融資の申し込みができる

J.Scoreでは、上記のスコアが600点を超えた人のみ利用ができます。

ちなみに、初期段階で600を超えていない場合でも、色々な質問に回答してスコアアップをして600点を超えることができれば申し込みが可能となります。

なお、「みずほ銀行の口座情報」と「ソフトバンクの利用情報」の連携が可能となっています。連携すると金利がそれぞれ0.1%引き下げとなります。

それだけでなく、口座情報や利用情報と連携することでJ.Scoreのスコアにも影響があります。利用実績等が加味されているものと思われます。

私はみずほ銀行もソフトバンクの携帯も使っていないのですが、使っている知人に確認してもらったところ翌日にはスコアが50ポイント以上アップしたそうで、融資条件もかなり良くなったとのことです。

 

従来型の消費者金融や銀行カードローンとの違い

従来の銀行カードローンや消費者金融では以下の二つのデータで審査を行っています。

  • 自社の審査基準(主に属性や過去の自社の利用履歴)
  • 個人信用情報機関の情報(他社の表面上の利用状況)

個人信用情報機関でわかる情報は表面的なものだけで、金融事故があったといったブラックな情報はわかりますが、どれだけ優良顧客なのか?というところまではわかりません。

個人信用情報機関の持つ個人情報の読み方。CICに開示請求してみよう。
2016-05-14 07:19
個人信用情報機関は個人のクレジットカードやローンなどの契約情報を保有しています。自分自身がどのような契約をしているのか、またどのような返済状況になっているのかということを確認するの
リンク

あとは、申込者の年齢や収入や勤務先といった提出情報をもとに判断するしかありません。

これと比較してAIスコアレンディング(J.Score)では、一見融資とは関係ないような情報を収集しながらAI,ビッグデータにより返済能力や返済資質を測っているわけです。

前述のように、みずほ銀行の口座情報やソフトバンクの利用情報を連携することでスコアがアップするということは、銀行の入出金等の情報、携帯の利用情報といったビッグデータを解析することによって、信用力(スコア)を評価しているということになります。

 

申し込みは普通の融資と同じ

近未来的な融資の形に見えるのはここまでです。あとは通常の融資と同じです。

他の銀行カードローンや消費者金融と同じように、個人情報を登録して、本人確認書類などを提出して審査を受けることになります。

スコアによって表示されている融資利率や極度額で確定というわけではありませんのでご注意ください。

 

信用スコアを使った取引は今後増えていきそう

今回紹介したJ.Scoreによるスコアレンディングは自分の信用力を数値化してお金を借りるというサービスです。

ただ、こうした信用スコアというものは、AIの発達やFintech関連サービスの登場によってますます発展していくものと思われます。

融資というジャンルにとどまらず信用情報・信用スコアを使えばいろいろなサービスの提供にもつながりそうです。

その一方で、個人の信用情報をどこまで共有させるのか?というのはプライバシーの観点からみても懸念も大きい部分です。

一律に法規制をするのが正しいとは思いませんが、適切な運用のためのガイドライン等は作成されるべきかと思います。

 

以上、新しいお金の借り方、AIスコアレンディングを紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP