おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

銀行の振込手数料を無料で済ませる方法

振込手数料って意外とバカにならない金額になりますよね。普通にATMを使うと1回の振込で300円~500円も手数料を取られてしまいます。

特に、回数が多い方にとってはかなりの出費となっているようなケースも見られます。今回は銀行の振込手数料を無料またはできるだけ安く済ませるための方法を紹介していきます。

スポンサーリンク

オンラインバンキングを活用

都市銀行や地方銀行、ネットバンクなどではパソコンや携帯電話を使ってのオンラインバンキングサービスを提供しているところが多いです。
そして、こうしたオンラインバンキングを通じて行う振込などの手数料は、窓口やATMを使用する場合よりもお得になるように設定されていることが多いです。振込などをオンライン(インターネット)でなく、窓口やATMでやっている方は、まずはそれをネット経由にしてみましょう。

 

振込手数料の無料設定がされている銀行を使う

振り込み手数料を節約する上で最も効果的な方法は、振込手数料無料の設定がされている銀行を使うことです。たとえば、銀行によっては、月に○回まで振込手数料が無料!といった設定をしている銀行もあります。そうした銀行を活用する方法です(新しく口座を作る必要がありますが・・・)

 

・住信SBIネット銀行
同行同士は回数制限なしで無料。他行への振込の場合も月に3回までは無料。(以後は1回あたり150円/回と安いのも特徴。)

 

・新生銀行
同行同士は回数制限なしで無料。他行への振込の場合は、預金残高等に応じて月1回~10回まで無料。一定の預金残高や投資信託の購入などを検討されている方は、新生銀行もオススメ。
また、住宅ローンを組んでいる場合は自動的に最高ランク(プラチナ)になるので、10回まで無料になる。(参考:新生ステップアッププログラム

 

・楽天銀行
楽天銀行を「給与振込指定口座」にしていると月に3回まで振り込み手数料が無料になる。また、特徴として、月2回までは翌月に繰越をすることができる。

 

・オリックス銀行
月2回までは無条件で無料。それ以後は420円/回となる。ただし、オリックス信託銀行はキャッシュカードが発行されない点に注意が必要。

 

上記は2011年4月時点での特徴です。それ以後の制度変更によって条件が変化している場合があります。

参考
ネットバンク振込手数料比較ランキング(http://www.internetbank-hikaku.info/find/ranking_furikomi.html)

振り込み手数料が無料のネットバンク(http://www.money-navi.net/saving/netbank-comparison_furikomi.html)

 

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

PAGE TOP