おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

SBI証券の販売開始。SBI債のメリット、デメリット(リスク)

2016/05/24最終更新   債券投資 資産運用のライフハック

毎回発表とともに完売しているSBI債(SBIホールディングス株式会社社債)の販売開始が発表されました。今回もネット販売は「抽選」形式となるようです。SBI債は魅力度の高い債券で、毎回抽選完売となっていますが、投資をするのであればその「リスク」についてもしっかりと把握しておく必要があります。
今回はそんなSBI債のメリットとデメリット(リスク)についてもわかりやすく解説していきます。

スポンサーリンク

SBI債って何?

SBI債は、SBIホールディングス株式会社が発行する「社債」と呼ばれる債券の一種です。元本・払い戻しをSBIホールディングスが保証しています。非常に人気が高く「短期(満期1年)」「円債(為替リスクなし)」「少額から可能(10万円~1万円単位)」とお手軽であることが人気の秘訣のようです。前回(第23回)の販売は昨年12月であり、7か月ぶりの登場となります。参考:SBI債とは

 

SBI債ってお勧めなの?

個人的な投資判断は「買い」です。ただし、必ずしもノーリスクと言うわけではないので、特徴は抑えておきましょう。

 

SBI債のメリット

最大の特徴は1年満期という債券であること。3年後、5年後というものは中々分かりませんが短期であればある程度予測は可能です。SBIの信用格付けはBBBと高格付けというわけではありませんが、投資適格であること。
高金利(1.66%)というのは相当魅力的な水準といえます。回を重ねるごとに条件の良さが広まっており、競争倍率が高まっているようです。私自身も買い向かうことになるでしょう。

 

SBI債のデメリット、リスク

もちろんリスクはあります。
SBIというのは一企業です。また格付けはBBBで投資適格とはいえ、一つ落とせばBB格の投資不適格となってしまいます。短期で大きくダメになるリスクは大きくはないと思いますがゼロではありません。

このようなSBI債に投資するような場合に避けたいのは「極めて多額のお金を投資する」と言うものです。投資格言に「卵は一つの籠に盛るな」と言う言葉があります。債券は万が一、投資先が破綻すると価値がゼロになるリスクもはらんでいます。投資する金額は、あまり多額にし過ぎない方が良いでしょう。

投資にはリスクがあります。同債券への投資に関しても自己責任の下行っていただきますようお願いいたします。(参考:債券投資のリスク

 

SBI債に投資するなら、前もって口座開設が必要

なお、SBI債の抽選は口座単位となります。ですから、たとえば家族の方が口座を持っているような場合はそれぞれの家族口座も使って申し込みをすると当選倍率がUPすることになります。

また、今回、SBI証券の口座を持っていないので投資できないという方は、いい機会ですので口座開設をしておきましょう。SBI債の販売開始のアナウンスはいつも突然行われます。そして、募集期間はかなり短めに設定されているので、いつでも申し込みだけはできるように口座だけは準備しておきましょう。

>>SBI証券公式ホームページはこちら

 

SBI証券ってどんな証券会社なのよ?というかたは「SBI証券のスペックと評価・評判」のページをご参照ください。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP