おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

財産を資産運用する際のリスク許容度の決め方

株式投資やFX投資などで失敗したという人の話を検証すると、積極的なリターンを求め過ぎて、過度にリスクの高い運用に走り、結果的に損失に耐えきれなくなるケースが多いといわれています。こうした損失に心理的・家計的に耐えられない、ということにならないための「リスク許容度」について、事前に決めておくことが大切です。

スポンサーリンク

資産のうちどのくらいをリスクにさらすか?

たとえば、800万円の貯蓄があり、この資産を使って資産運用(投資)にまわすとします。このモデルケースの場合、いったいどのくらいの金額なら「リスク」をとることができるのか?ということを考えていきましょう。

半年分の生活費

半年分の生活費は万が一のためのお金です。流動性の高い現金・預金で対応するのが確実です。少しでも運用益がほしいということでしたら、新生銀行の「2週間満期預金」のように短期でキャッシュ化できる資産にしておくのが鉄則です。
たとえば、月20万円の生活費が必要なら、20万円×6カ月=120万円はプールします。

3~5年以内に必要となるお金

確実に3年~5年以内に必要となるお金がある場合、これもプールします。たとえば、子供の入学費用、自動車の買い替え費用、マイホームのリフォーム費用などが挙げられます。こうした「絶対に必要なお金」は運用によって棄損してしまうと、心理的負担が大変大きくなってしまうので、それは除外しておきます。
この金額はみなさんによって異なるかと思いますが、仮に280万円と仮定しておきます。
こうした絶対に必要なお金は手堅い定期預金などで運用するようにします。決してリスクにはさらしません。必要になる時期に合わせて運用するとよいでしょう。たとえば、3年後の自動車買い替えの時期に使うのであれば、3年満期の定期預金、手堅い個人向け国債などがよいかと思います。

 

リスクをとれるお金の運用方法

先ほどの、絶対に失ってはいけないお金の合計は120万円+280万円=400万円と計算することができました。当初の貯蓄は400万円ですので、この「400万円」が投資としてリスク運用が可能な金額ということになります。
この400万円なら、万が一失ったとしても「家計が困窮」することはありません。必要なお金は確保しているからです。

リスク許容度と心理的に耐えられる損失額

資産運用を行う場合、必ず「損失」を経験します。このドローダウン(値下がり幅)りに対してどの程度耐えることができるのか?ということを知っておくことも大切です。
400万円の投資をして、400万円全額失ってもいいや!という人ならリスク許容度は400万円まで。半分なら200万円までということになります。
おそらく多くの方にとって心理的に耐えられるのは投資額の1/2~1/3程度までだと思われます。今回はより少なめの1/3ということで考えます。
すると、損失に耐えられるのは120万円までということになります。

最大瞬間リスクを考える

120万円までの損失に耐えられるという場合、瞬間的に生じる相場のリスクを考える必要があります。相場が急変して大幅に値下がりしたときに発生するリスクを120万円以下にするということです。これなら、急変によって頭が混乱するということもなく、冷静に対応できるはずです。

株の場合、瞬間的に生じるリスクの大きさかなり過大に見積もって50%程度が目安といえます。もっとも個別銘柄によっては異なりますが、複数の銘柄で分散投資ができていればこのくらいが最大リスクになるのではないかと思います。
この瞬間最大リスクから計算すると120万円の許容可能な損失に対するには120万円÷50%=240万円となります。
よって、株式投資として240万円まで、残りの160万円はリスクの低い国債などへの投資に振り向けるようにします。

レバレッジ取引を行う場合

注意したいのは「FX」や「信用取引」「先物取引」「オプション取引」などのレバレッジ投資を行う場合です。こうしたレバレッジ投資は、投資元本の数倍から数10倍の投資が可能となります。言い換えると、元本以上の損失が発生するリスクもあるのです。
(参考:レバレッジとは何か?

たとえば、FX取引を行う場合、通常の為替レート変動のリスクに対してレバレッジをかけることで、許容可能なリスクを計算することができます。
仮に為替レートの瞬間最大リスクを10%と見積もった場合、レバレッジ10倍のFX取引を行う場合の瞬間最大リスクは100%となります。
瞬間最大リスクから計算すると120万円の許容可能な損失に対するには120万円÷100%=120万円となります。

よって、レバレッジ10倍のFX取引を行う場合の投資資金は120万円。残りの280万円はリスクの低い投資に振り向けておく必要があります。

 

自分が負っているリスクを理解して、対処できる投資を

投資は計画的に行う必要があります。
それには、自分が負っているリスクの大きさを理解したうえで、冷静に対処できる範囲とする必要があります。

まずは、投資に回すことができるお金を計算し、そのうえで投資可能な資金についての「リスク許容度」を決めて投資をする。このルールを徹底したうえで投資資金を管理していく。
これがちゃんとできていれば、大きな相場変動があっても生き残ることができます。失敗を糧に投資スキルも向上していくでしょう。

しかし、リスク管理ができていない過度な投資は「一発退場」の危険性を秘めています。一発退場してしまっては、次回のチャンスを作ることができません。
投資は長く続けていくことに意味があると思います。適切なリスク管理を行いながら長く続けられる投資家を目指しましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP