おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

怪しげな投資 HYIP(ハイプ)とは何か? ただの出資金詐欺?

2017/05/29最終更新   投資詐欺 資産運用のライフハック

HYIP(ハイプ)投資という言葉がビットコインなどの仮想通貨関連のキーワードとともに注目を集めています。HYIPはHigh Yeild Investment Programの頭文字をとったものでして、日本語にする高収益投資プログラムと呼ばれる投資の一種とされています。

海外事業者による投資募集などが行われており、日利にして1%とか3%とかいった通常では考えられないような高利回りの運用ができると謳っています。果たしてHYIP投資(ハイプ投資)とはどんなものなのでしょうか。

スポンサーリンク

まず、普通では考えられない

まず、日利にして1%とか3%とかいう水準での運用は普通ではありません。
というか、そんな利回りで普通に運用できる方法はありません。

日利1%で10万円を運用したら1年後に投資資金はいくらになっていると思いますか?答えは約370万円です。じゃあ、日利3%ならどうでしょう?答えは48億円になります。

そんな投資あるわけないでしょ。

直近、このHYIPという言葉が投資詐欺界隈で使われだしたのは仮想通貨が急激な値上がりをしたことも影響しているようです。仮想通貨で規模の大きなビットコインもここ数か月で数倍、新興のアルトコイン(非ビットコインの仮想通貨)などは数か月で100倍を超える値上がりを見せており、そうした仮想通貨と絡めることで「もしかしたらそういうこともできるのかも……」と騙されてしまう人がいるのでしょうかね。

 

飛ぶのは当たり前のHYIP(ハイプ)?

飛ぶってなんだよ、借金取りかよ、と思いますが、HYIPのおすすめ情報などを提供しているサイトによりますと、HYIPは超高収益だけど、運用に失敗して飛ぶ(サイトが閉鎖される、ログインや出金ができなくなる)というのは当たり前なんだそうです。

そうだから、複数のHYIPに投資をして分散投資をすることが重要なのだとか。

一見まともっぽいけど、それでいいなら私でもHYIP作れますよ。

たとえば、資金を集めて元金から日利1%とかの配当をすればいいわけです。元金がなくなる前に飛んでしまえば差額は運営の手に残ります。よくある投資詐欺の手法ですね。ちなみん、こうした運用は「ポンジ・スキーム」と呼ばれ、1920年代に活躍した詐欺師の「チャールズ・ポンジ」に由来した古典的な詐欺のスキームです。日本では出資金詐欺と呼ばれます。

どのような形にせよ、HYPE投資というのは破たん前提のシステムになっているわけです。

 

おすすめサイトは紹介料目当て

ただ、HYIPとGoogle検索をすると「HYIP おすすめ」とか「HYIP ランキング」とか「HYIP 比較」とか言ったキーワードがサジェストされます。

こうしたサイトは基本的に紹介料などの報酬が目当てです。

リスクが高い投資とか歌いながらも、厳選すれば投資価値のあるHYIP投資先があるといったような流れで特定のプログラムを紹介しているケースが多いようですね。

中には、HYIPは100%詐欺だけど、詐欺サイトも最初はだれかを儲けさせないと信じてもらえないから最初の最初でうまく持ち逃げすれば儲かる!などといった紹介をしている人もいました。

紹介する本人は紹介料報酬がもらえるわけでノーリスクで儲かる。でも、自分のサイト(ブログ)を見に来た人にサービスは紹介するけど、破たん前提だから気を付けてって忠告したでしょ、というエクスキューズをしているわけです。

 

TwitterやLINEといったSNS界隈でも活躍?

WEBサイトだけではなく、SNS界隈でも侵食しています。
仮想通貨に投資をしました!などというツイートや投稿をして儲かっているような画像などを見せ、そこからHYIPに誘導するといった流れが多いです。

同じように彼らも大半が紹介料目当てです。

 

なんで、急にHYIPが話題になるの?サイトが増えたの?

この辺りは仮想通貨であるビットコインの流通も影響していると考えられます。ビットコインなどの仮想通貨を利用すれば、身元が割れにくいです。送金も簡単に可能です。

銀行口座のように当局によって凍結されるリスクも格段に下がっています。このような匿名性の高い取引がこのような詐欺まがいの取引に使われるようになり、それが活発化しているというのは仮想通貨・暗号通貨の負の側面といえそうです。

ネットワークビジネスやマルチ商法といった紹介ビジネスを手掛けていた人(お金をむしり取る側)にとっては非常にうまみがあるビジネスに見えたのでしょう。

マルチ商法・ネットワークビジネスとは何か?問題点や勧誘されたときの断り方
2017-02-23 20:51
マルチ商法とは様々な考え方や枠組みがありますが、「連鎖販売取引」と呼ばれることもある商取引方法です。他にもネットワークビジネス、MLM(マルチ・レベルマーケティング)といった呼ばれ
リンク

 

ってか、ハイプって違法じゃないの?

ポンジ・スキームとか出資金詐欺とか投資詐欺なのになんで逮捕や取り締まりがされないの?って話ですが、相手が外国事業者であることや前述の暗号通貨・仮想通貨を使った金銭のやり取りなどをしていることもあって摘発や取り締まりが難しいという側面もあります。

ただ、こうしたHYIP投資について明らかに問題があるため、将来的には胴元や紹介者に対しての逮捕者が出る可能性はあるでしょう。

 

HYIP投資は投機ですらない危険性の高い取引

HYIP投資なんてものは、投資という言葉を使っていますが、投資ではないし、投機ですらありません。ほぼ確実にポンジスキーム(出資金詐欺)をビットコインなどの仮想通貨に合わせて運用している投資詐欺です。ババ抜きです。

自分はそんなババ抜きゲームに参加してでも儲ける自信があるというならご自由にどうぞ。

 

ただ、なんだかんだで、こうした儲け話は詐欺だってわかっていても根絶されないのはこういった儲け話に引っかかる人がいるわけなんです。自分だけは大丈夫だと思っているんでしょうか。

以上、HYIP投資(ハイプ)についてまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP