おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

株式を担保にしてのFX取引は安全か?

SBI証券、カブドットコム証券では、株式を担保(証拠金)にして、FX取引(外国為替証拠金取引)ができますよ。なんてサービスを提供しています。投資家は塩漬け状態になっている株を担保にFXという形で新しい収益機会を狙うことができます。今回は、このFX株式担保サービスについて実際どうなのかということを分析していきます。

スポンサーリンク

現物株をFXの証拠金にするしくみ

SBI証券、カブドットコム証券ともに、現物株式を証拠金へと組み込むことができます(ただし、信用取引口座や貸株サービスなどを利用している方は利用不可)。
前日の評価額の70%を証拠金として算入することができるようになっています。(SBI証券は株式のみ、カブドットコム証券は一部投資信託も算入可能)

このサービスは保有する株式を証拠金として計算することで。より効率的な資産運用が可能ということになります。
たとえば、100万円の資金で株式投資と外国為替投資をする場合、普通はそれぞれ資金を分配してやる必要がありますが、このサービスを使えば、100万円で株式投資をしながら、その株式を担保にしてFX取引をするという投資が可能になります。

 

FX株式担保サービスのリスク

この投資最大の問題は、リスクが過大となるということと、ロスカット時には現金が必要になるという点が挙げられます。

一つ目は当然おわかりいただけると思いますが、この投資を使うと株式投資のリスクとFX投資によるリスクの両方のリスクを負うことになります。二重の投資リスクを負うことになりますのでリスク管理がしっかりできることが大切です。

また、関連はするものの二つ目の「FXを含み損状態で決済する場合には現金が必要」という点がとても大切です。
たとえば、FX取引で含み損が出ている状態で、決済する場合その差額分の現金が用意されている必要があります。万が一用意できない場合には、保有する現物株式を売却して現金を用意する必要があるのです。

たとえば、株でも含み損、FXでも含み損となっていて、FXを決済したい場合、別途現金を入金するか、保有する現物株を売却しないことにはFXのポジションを決済すること自体ができなくなるわけです。このように、一つの投資の決済をするために、もう一つの投資の処分をしなければならないという状態は投資判断を縛る結果となってしまいます。

FXにおける株式担保サービスを利用する場合、あくまでも資金の効率的活用という考えの下で、余裕資金を持ったうえで投資をするというのが賢いやり方であると思います。

 

FX株式担保サービス各社のサービス概要

SBI証券
上場企業の株式を証拠金に算入することができる。掛目は前日終値の70%。FX投資時には株式担保のみでも取引が可能。

カブドットコム証券
上場企業の株式、および一部の投資信託を代用証拠金として算入可能。掛目はお互い70%。FX投資を行う際には最低でも証拠金の30%以上は現金である必要がある。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券<2017年版>

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP