おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

年賀状を安く購入・印刷してもらう方法やサービスの比較

nenga利用者数が減少傾向にあるとはいえ、やはり年賀状をハガキとして出す方も少なくはないでしょう。最近では、オンデマンドの年賀状印刷サービスもたくさん登場しており、安く・お得に印刷することできるようになっています。

今回はそんな年賀状を安く購入したり、お得な価格で印刷してもらうことができる方法やサービスを比較していきます。

スポンサーリンク

年賀状を安く購入する方法

まずは、年賀状を安く購入する方法を紹介していきます。特に自宅で印刷したいという方はできるだけ年賀状を安く仕入れましょう。

 

1)金券ショップで購入

なぜか年末には年賀状が金券ショップで安く販売されています。理由は色々あるのでしょう。一説(?)には郵便局員による自爆営業によるものだったり、年賀状が余ってしまった会社なんかが売っているとかどうとか……真相は分かりませんけど。

さて、理由はさておき、金券ショップに行けばたくさんの年賀状が並んでおります。年賀状の定価は一般的なタイプで52円ですが、50円やそれ以下の価格で購入することもできます。

100枚、200枚といった単位で購入すれば数百円~千円程度は得をすることができるかもしれませんね。なお、金券ショップでの販売価格は「年末に近づくほど安くなる」傾向があります。

在庫としてのことしていても価値が低いですからでしょう。ただし、「余った切手の使い道や賢い活用方法、換金方法」でも紹介したように、年賀ハガキも5円の手数料で交換できるわけですから、それ以上価格が下がることはありません。

 

2)切手SHOPでクレジットカード購入

日本郵便の公式通販サイトに「切手SHOP」があります。こちらは販売自体は当然定価(52円)なのですが、クレジットカードで購入が可能です。クレジットカードの利用だと当然ポイントが貯まりますね。「ポイント還元率が高いお得なクレジットカードのまとめ」でも紹介しているようなポイント還元率が高いカードで決済すればそのポイント分だけ節約することができます、

なお、5000円以上で送料無料なので100枚以上購入するなら送料は無料にできます。

カードのポイントだと1%~高くても2%程度なのでそこまでおおきく得は出来ませんが、年賀状を売っているような金券ショップは都市部に限られますので、地方の方はこうした方法が格安で年賀状を購入できる方法といえます。

>>切手SHOP公式ホームページ

 

年賀状を安く印刷してもらうサービスを比較

最近は特にオンデマンド印刷サービスの価格破壊がすごいです。印刷はもちろん宛名印刷まで含めてお手頃価格でやってくれます。

ある程度の枚数になるなら印刷サービスを使ったほうが安くつくはずです。プリンターのインク代(高いですよね……)を考えるとプロ品質で印刷してもらったほうが安くつくケースも少なくないはずです。

一方で印刷する枚数が少ないとメリットが打ち出しにくいです。50枚未満の印刷の場合は自宅印刷をお勧めします。

 

1)挨拶状ドットコム

私も去年利用しました。年賀状に限らずいろいろな挨拶状のオーダー印刷ができるサービスとなっています。最短2営業日で出荷、宛名印刷無料となっています。

全470種類のデザインタイプから選べるタイプから、写真フレームタイプで自分の好きな写真を入れることができるタイプ(全330種類)があります。手続きはすべてネットで完結。

価格表 ()は一枚当たりの印刷代
10枚:2,691円(269円)
50枚:4,384円(87円)
100枚:6,426円(64円)
150枚:7,949円(53円)

※年賀ハガキ代は別途。端数注文も可能です。

>>挨拶状ドットコム公式ホームページ

 

2)いんさつどっとねっと

ディズニー、ジブリといったキャラクターデザインが用意されているのが特徴です。印刷のキャラクターや印刷方式(プリンター印刷仕上げ、写真仕上げ)でも料金が変わります。

写真を使わない印刷でいいというのであればお安くできるかと思います。

価格表 ()は一枚当たりの印刷代
ベーシックイラスト(100枚):5,598円(56円)
ディズニーキャラクターイラスト(100枚):7,084円(71円)

※年賀ハガキ代は別途。宛名印刷は別途。

>>いんさつどっとねっと公式ホームページ

 

3)ネットスクウェア

大口割引があります。数百枚単位で年賀状を出す方は魅力的です。200枚くらいは年賀状を印刷するという方は他社と比較してもかなり安く年賀状を印刷してもらえるのではないでしょうか。
なお、オリジナルデザインではない定番デザインでOKという方はさらにお安くなります。

企業向けにも使えそうなサービスですね。

100枚:6,156円→割引:3,633円(36円)
200枚:9,504円→割引:5,512円(28円)
300枚:12,528円→割引:7,266円(24円)
400枚:14,904円→割引:8,644円(22円)

※年賀ハガキ代は別途。

>>ネットスクウェア公式ホームページ

 

4)DM factory(日本郵便)

日本郵便の年賀状印刷サービスです。価格はやや高めです。日本郵便によるサービスという事で信頼性を重視したい(?)方向けといえるでしょうか。個人的に高いので使う気持ちになれませんが……。

40枚:8,360円(209円)
60枚:9,120円(152円)
80枚:9,840円(123円)
100枚:10,300円(103円)
200枚:14,400円(72円)

※年賀ハガキ代は別途。

>>DM factory公式ホームページ

 

1000枚を超えるなら四面連刷年賀状

印刷する枚数が1000枚を超えるようなら、四面連刷年賀状と呼ばれる、4つの年賀状が一つになったタイプをお勧めします。郵便局で「四面連刷年賀状」と言えばわかります。

印刷したものを4つに裁断するのですが、このタイプだと印刷会社も印刷回数が1/4で済むためコストが安くなります。1000枚分(印刷だと250枚)くらいだと片面なら10円ちょっとくらいで印刷できるはずです。

 

以上、年賀状を安く購入・印刷してもらう方法やサービスを比較してみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP