おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

貯金を増やすたった3つの方法と最も効果的な手段

increase貯金を増やしたいと常日頃から考えている方も多いのではないでしょうか。もちろん私も増やしたいです。そんな貯金の増やし方は突き詰めて考えると、たった3つの方法しかありません。それは「収入を増やす」「生活費を切り詰める」「運用する」の3種類です。

これら3つの方法の内、どれが有効になるかはその人それぞれで変わってきます。今回は貯金を増やす3つの方法とどの方法を優先するべきか?というタイプ別の貯金方法を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

貯金を増やす方法のパターン

貯金を増やす方法は前述の通り、下記の3パターンがあります。

・収入を増やす
・生活費(支出)を減らす
・運用して増やす(殖やす)

このうち、どれを優先するべきか?というのはその人それぞれがおかれている状況によって変わってきます。

 

収入が少なく貯金も少ない人(若い人)

月収・年収がさほど高くない人で、まだ貯金(運用資産全体)が1000万円を切るような人のケースがこちらにあたります。こういう人が貯金を増やすために注力すべきことは「収入を増やすこと」です。

額面月収が20万円、30万円という人がいくら生活費を切り詰めたとしても、支出を5万円削るのはかなり苦労するはずです。貯金(運用資産)が少ないのに月5万円(年60万円)の運用益を得ようと思ったら超ハイリスクな投資をせざるを得なくなります。こちらも現実的とは言えないでしょう。

一方で、仕事が休みの土日に仮に5000円分のアルバイトをしたとすれば月に約4万2千円の収入を追加で得ることができます。アルバイトによるWワークという手ももちろんありますが、最近ではインターネットなどを活用して副業収入を得る人も増えています。働き方もネットのおかげで多彩になっているわけです。

詳しくは「インターネットで広がったネット副業の種類と特徴」でまとめていますのでこちらの記事もご一読ください。

なお、勤務先に副業していることを知られたくないという場合は「副業禁止の会社で副業をこっそりするときに心がけたいバレない為の注意点」も参考にしてください。
ただし、100%確実にばれない方法というものはありません。

もちろん「自分の労働力(人的資本)の収益性を高める自己投資のコツ」でも記事にしたように長期的な視点では自己投資に時間やお金を費やすという方法も有効ではありますが、短期間で貯金を増やしたいというのであれば、こういう人は基本的に追加的に労働するかビジネスをするなりして収入を増やすのが最も効率的です。

 

それなりに高収入だけど貯金できていない人(高収入浪費家)

このタイプの人も少なからずいらっしゃいます。
今の世の中、正直言って少しいいものを生活の中で多く取り入れたらお金はいくらあっても足りません。

自分(達)は高給取りなんだから、このくらい贅沢してもいいはずという気持ちで、高級スーパーやデパ地下で食材を買い、ちょっとグレードの高い車を買い、子供の教育にはしっかりとお金をかけ、趣味にもお金をかける。

こんな生活をしていたら仮に年収が1000万円あっても貯金はできません。
ちなみに、ジャパンネット銀行が2013年に行ったカードローンの利用状況による調査では、カードローンを定期的に利用している人の割合が最も高かったのは世帯収入800万円以上で32%と最も高く、世帯年収1000万円以上で30%、逆に世帯年収400万円以下では23%という結果だったそうです。

こうした人はさほど貯金もしていないでしょうから、運用で増やすというのも難しいでしょう。

となると方法は「生活費を切り詰める」という方法しかありません。

代表的な方法としては固定費の見直しが最優先となります。

・家賃
・自動車などの維持コスト
・保険料
・携帯電話やネット料金などの通信費
・月額サービス
・習い事費用

などは一度見直すことができれば長期的に改善による節約ができる部分です。詳しい節約の方法や考え方については「家計の見直しや節約に効果的なのは「固定費」の削減!」でもまとめているので是非参考にしてください。

 

まとまった資産をすでにお持ちの方

すでに数千万円単位の貯金などの資産をお持ちの方は、運用収益を高めることを中心に考えるのも有効です。
たとえば、貯金(銀行預金)はマイナス金利の影響もあって定期預金等を利用しても0.x%もの金利が付けば御の字という時代になっています。

一方で、日経平均(日経225)の平均配当利回りは1.84%といわれています(値上がり等は除く)。株式投資の場合は当然株価の下落というリスクもあるわけですが、上昇による収益も期待できます。

全額株に投資というわけではなく、バランス等を考えて運用する必要はありますが、ほとんどお金を生まない預貯金に寝かしておくのではなく運用を考えましょう。

また、節税も効果的です。人気の個人型確定拠出年金は掛け金が全額所得控除されるうえ、運用益も非課税となります。詳しくは「個人型確定拠出年金のメリット・デメリット」も御覧ください。

運用の必要性はわかるけど、そもそも投資のことなんて全く分からないからなぁ……。という方は、「投資の勉強をしたい方がまず読むべき金融と投資のおすすめ書籍・本の紹介」でも紹介したような投資本をまずはご一読いただき、金融商品との付き合い方というものを一度じっくりと勉強することが先です。

○○で儲かる投資法とか、そういったテクニック系のお話に進むのではなく、まずは投資に対する基本となる考え方を身につけましょう。具体的な投資法はそのあとです。

また、間違っても、知識を身につける前に銀行や証券会社の窓口に行って相談してはいけません。カモにされるだけです。こうした問題については「銀行窓口、証券会社窓口で投資や資産運用、保険の相談をするのは大間違いな理由」でも紹介しているのでご一読ください。

 

いかがでしょうか。ここまで、「貯金を増やす」という目的を達成するために最も効率的な方法について、それぞれのタイプ別に紹介してきました。自分自身にあった方法を選んでください。

以上、貯金を増やすたった3つの方法と最も効果的な手段をまとめました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP