おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

SPFダイニングの株主優待。磯丸水産や鳥良などで使える高利回りの株主優待

spf-diningSPFダイニング(3198)は、居酒屋の磯丸水産や手羽先から揚げ鳥良などを運営している外食企業です。こちらの会社は「クリエイト・レストランツ・ホールディングス」の子会社となっています。親会社同様に株主優待には超積極的な会社です。

その一方で、親会社であるクリエイト・レストランツ・ホールディングスの食事券(優待)と利用可能な店舗が被っているという部分もあります。

今回はそんなSPFダイニングの株主優待についての情報をまとめていきます。

スポンサーリンク

SPFダイニングの株主優待の基本情報

毎年2月末、8月末の株主に対して株主優待を提供しています。
優待インはSPFダイニング株主様ご優待券(1000円券)となっています。

100株以上:4枚(4000円)
500株以上:10枚(10000円)
1000株以上:20枚(20000円)

株主優待利回りを最大化するには最低の100株保有が最も効率的となります。優待利回りについては100株保有時の2016年10月7日終値(1482円)をベースにすると5.39%となります。なお、同日の株価で比較したクリエイト・レストランツ・ホールディングスの優待利回りは5.8%なので、ほぼ同水準といますね。

 

優待券が使えるお店

SPFダイニングの運営店舗が対象です。ちなみに、運営店舗は関東が中心で、磯丸水産が一部大阪、神戸にあるくらいです。そうしたこともあり、どちらかというと関東にお住まいの方向けの株主優待といえそうですね。

・磯丸水産
・鳥良
・とりよし
・鳥良商店
・きづなすし
・鉄板二百℃
・CASA DEL GUAPO
・CASA DEL BUERO
・ビストロISOMARU
・玉丁本店

 

優待券の換金や売却、購入について

金券ショップよりはヤフオクやメルカリなどで取引されていることが多いようです。
取引価格は額面の7掛(70%)程度といったところでしょうか。

売り手としてかんげえる場合換金レートとしてはやはりあまり高くはないですね。さらにヤフオクなら8%、メルカリなら10%が手数料として引かれることになるわけですし、送料もかかるのでのあたりも考慮すると換金価値は50~60%程度といったところでしょうか
参考:ヤフオクでの出品方法から落札後の対応、発送方法までの流れ
参考:メルカリの評判と使い方。フリマアプリの出品から購入までの基本の紹介

逆に磯丸水産や鳥良などに行く予定がある方は額面の70%くらいで買えるとすると、事実上の3割引きとできるわけですから、優待券を買ってからお店に行くというのも有効ですね。

 

ちなみに、親会社のクリエイト・レストランツ・ホールディングスの優待券の場合は利用可能な店舗が多いということが評価されているのか、取引金額は額面の80%~とやや高めです。

なお、株主優待投資については「株主優待目的で投資をする上でおさえておきたい優待投資の基本と注意点」や「株主優待の為の証券会社の選び方とお勧めのネット証券」などが参考になるかと思いますので、優待投資初心者の方はぜひ参考にしていただければと思います。

 

以上、磯丸水産や鳥良などで使えるSPFダイニングの株主優待についてまとめました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP