おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

JR東日本の株主優待の割引内容やお得な活用方法などを分析

jreast-logoJR東日本(東日本旅客鉄道)はJRの中でも東北地方全域と関東、甲信越地方の大部分、静岡の一部を営業区間としておりJRグループの中でももっとも企業規模が大きいです。東京を抑えているというのが何よりも強いところです。

JR東日本(東日本旅客鉄道)は他のJR各社と同様に株主優待制度を設けております。株主優待は1枚あたり20%オフの割引券で2枚まで併用可能となっています。

スポンサーリンク

JR東日本(東日本旅客鉄道)の株主優待

毎年3月31日の最終の株主名簿に記載又は記録されている株主まに、下表の基準により年一回(毎年5月下旬)株主優待割引券を発行しています

100株以上1000株以下:100株ごと1枚
1000株超 10000株以下:10枚+1000株超過200株ごとに1枚
10000株超 20000株未満:55枚+10000株超過300株ごとに1枚
20000株以上 50000株未満:100枚
50000株以上 100000株未満:250枚
100000株以上:500枚

JR東日本の株主になって効率的に株主優待をもらおうと思った場合は100株以上1000株以下の保有というのが最も効率的な投資金額(優待利回りが最も高い)ということになりますね。

 

優待利回りはどの程度?

優待券の価値は変動しますが、1枚(20%割引券)あたり2000円くらいが市場価格(相場)といえそうです。JR東日本(9020)の株価は2016年9月22日終値で9223円(100株で92.23万円)なので優待利回りとして考えると0.22%と少し低めですね。

優待が渋いJR東海と比べるとマシですが、半額券という優待が充実しているJR西日本と比べると利回りが低いですね。

 

優待は20%割引で2枚掛け(40%割引)まで可能

株主優待券(割引券)としては1枚20%割引で1回に2枚まで併用可能です。

割引の対象となるのは運賃と料金です。グリーン席も割引対象外となりますが、グランクラス、個室、寝台列車は運賃のみが割引で料金は割引対象外となります(当然利用すべきではないということになります)。

また、他の割引との重複適用やすでに割引されているフリーきっぷ、青春18きっぷなどは割引できません。

そのため、JR東日本の株主優待を利用する上で利用価値があるのは「JR東日本が運航している新幹線の利用(グリーン席までOK)」ということになるでしょう。

 

JR東日本の株主優待の利用価値

前述の通り相場として1枚当たり2000円くらいが妥当なところとした場合ですが、JR東日本の新幹線の割引に利用するとしての価値を考えてみましょう。

単純に考えると片道の運賃+料金が10,000円以上の区間であれば得をするということになります。最も、ビジネスで利用する方であれば、回数券の購入なども比較対象になるわけですから、単純な通常料金で比較するべきではないかもしれません。

回数券価格で考えた場合でも仙台よりも遠くに行くことがあるなら、優待券を使う価値が出てくるといえるでしょうか。

なお、JRの株主優待はグランクラスは対象になりませんが、通常のグリーン席であれば半額になるので、グリーン席を使いたいという場合は優待券の価値は上がりますね。

また、回数券のように利用除外期間がないというのも株主優待の魅力といえますね。

 

優待券の有効期間

割引券の有効期間は、6月1日から翌年5月31日までの1年間ですが、有効期間内に乗車券等を購入された場合、その乗車券等に記載された期間まで有効です。5月30日に6月30日から5日間有効の乗車券を購入した場合はその期間有効となります。

ちなみに、金券ショップなどではGWを過ぎると優待券の残り期限が短くなるため相場が大きく下落してきます。実際には上記のように5月中に券の購入をすればOKなので6月くらいに旅行や出張の予定が決まっている人はこうしたタイミングで安く購入するというのも手です。

一方でJR東日本の株主だけど新幹線に乗る機会がない(予定がない)という人は有効期限が長いうちに金券ショップやオークション等で売却することをお勧めします。

金券ショップでの優待券の売り方については「初めて金券ショップで株主優待券やギフトカードを売る前に知っておきたい売却のコツ」も参考にしてください。

全体的に見れば、優待券を目的としてJR東日本の株を買うということは、よほど東北方面への出張が多い方や東北にお住まいで東京への出張が多い方を除きメリットはあまりないように思います。

 

以上、JR東日本の株主優待についての詳細や利回り、活用方法についてまとめてみました。

Pocket

同じカテゴリーの人気記事 ベスト10

おすすめ記事

 

関連記事

この記事を読んでいる人はこの記事も読んでいます。  

twitterで更新通知

更新は下記のアカウントでツイートしているのでぜひフォローしてください。

PAGE TOP