おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

マイナンバー通知カードを紛失したときの再発行のやり方と今すぐ個人番号を確認する方法

2018/12/20最終更新   マイナンバー(個人番号)

マイナンバー通知カードは、マイナンバーが附番された際に皆さんに郵送された紙のカードです。各世帯の個人個人の個人番号(マイナンバー)が記載されたカードです。

就職時や証券会社への口座開設などの際、あるいはふるさと納税のワンストップ特例制度を利用する場合など、免許証などの身分証明書と一緒にマイナンバー通知カードの提出が求められます。

ただ、紙のカードなので紛失してしまった……というケースも少なくないかと思います。そんな場合のマイナンバー通知カードの再発行方法や代替となる証明書の発行方法を紹介します。

スポンサーリンク

マイナンバー通知カードの再発行申請方法

マイナンバー通知カードは再発行可能です。窓口のとなるのはお住まいん市区町村窓口となります。

警察に遺失届を出していただき、受理番号を控えて下さい。その後、お住まいの市区町村へ届け出をしていただき、通知カードの再発行のお手続きをおとりください。

となっています。私の住む市役所に確認をとったところ、警察への遺失届についてはどこで紛失したかわからない場合で、間違ってゴミとして捨ててしまったというように、あきらかに悪用の可能性がない場合は不要ということでした。

 

再発行の際に必要なもの

  • 遺失物届受理番号(外で紛失した場合)
  • 紛失届
  • 再交付申請書
  • 再発行手数料(500円)
  • 本人確認書類(免許証など※)

※健康保険証など顔写真のない身分証明書の場合は2点以上必要となります。

 

マイナンバー通知カード再発行までに必要な日数

数週間程度とされています。その場で発行してもらうようなことはできません。また、紛失の場合、個人番号(マイナンバー)は従来と同じ番号になります。

 

通知カードではなく、マイナンバーカードを発行してもらうこともできる

マイナンバー通知カードを無くしたけど、再発行ではなくこの機会に正式なマイナンバーカード(顔写真付き)に切り替えるということも可能です。

マイナンバーカードを作るメリット、デメリットと申請方法や写真の撮り方
2017-09-27 20:10
マイナンバーカード(個人番号カード)は、日本の身分証明書の一つで氏名住所、生年月日、性別、個人番号(マイナンバー)、証明写真などを表示、記録するICチップ入りのカードです。交付開始
リンク

市区町村窓口で交付申請書の交付を受けて申請手続きをすることができます。

 

マイナンバー通知カードがなくても個人番号を調べる方法

再発行まで待てないという場合、「マイナンバー記載ありの住民票」を取得すればあなたの個人番号を即日調べることが可能です。

また、住民票の場合は公式な証明書にもなりますので勤務先への提出はもちろん、証券会社の口座開設、ふるさと納税(ワンストップ特例制度)でも利用可能です。

なお、このマイナンバー記載のある住民票はコンビニ交付サービス等を利用して取得することはできませんので、市区町村窓口(役所)で発行してもらう必要があります(郵送による交付も可能です)。

なお、住民票は一通当たり300円程度の発行手数料がかかります。

 

以上、マイナンバー通知カードを紛失してしまった時の、再発行の方法や、その日の内に個人番号を調べる方法を紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP