おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

ダークプール取引とは何か?ネット証券も個人投資家に開放

2018/03/16最終更新   証券会社のサービス

最近、ネット証券が個人投資家にも解禁するという話がでているダークプール取引について紹介していきます。ダークプール取引とは、証券会社内のシステムにおいて投資家の売買注文を付け合わせて取引をすることです。

東京証券取引所などの取引所を介さず、取引を行うものです。ちなみに、似たようなものにPTS(私設取引システム)がありますが、こちは個人投資家向けでダークプールは機関投資家向けのプロ用の取引市場です。

こうしたダークプールは松井証券やSBI証券が個人向け株売買サービスとして提供を予定しております。

スポンサーリンク

ダークプール取引とはどのような取引か?

ダークプール取引とは、東京証券取引所のような取引所を通す取引所取引とは違い、取引所を通さない立会外取引(取引所外取引)の一つです。

証券会社無いのシステム上で投資家の注文を成立させる方法で、取引参加者が匿名であり、取引内容に匿名性を持つことができます。また、約定単価を銭単位にできるなどで通常の立会取引よりも有利な価格で売買を成立させることも期待できます。

また、機関投資家などの大口注文は、その注文自体がマーケット(市場)に大きな影響を与えることもありますが、ダークプール取引を利用すればそうした影響を最小限に抑えることもできるといわれています。

ブローカー(証券会社)からすると取引所に接続してそちらに手数料を支払う必要がなくなるため、収益性が改善するというメリットもあります。

 

PTS取引とダークプール取引の違い

証券取引所を介さない、立会外取引にはダークプール取引以外にPTS取引(私設取引システム)というものがあります。

PTS取引(SOR注文・夜間取引)に対応しているネット証券を比較
2018-02-24 07:15
PTS取引というのは、証券取引所以外で株式を売買することができる場で、「私設取引システム(Proprietary Trading System)」と呼ばれています。一部の証券会社で
リンク

PTS取引はどちらかというと個人投資家向けの取引所外取引となっています。ただし、ダークプールのように秘匿性のある市場ではなく、コンピューターネットワーク上でオープンになっている取引所です。

国内のPTS取引としては以下の2社が代表的です。

  • SBIジャパンネクスト証券
  • チャイエックス・ジャパン

 

個人向けのネット証券がダークプール取引にも参入

ネット証券大手のSBI証券と松井証券が個人取引に対してダークプール取引を提供すると報道されています。

 

松井証券の価格改善サービス(ベストマッチ)

松井証券はPTSへの接続も表明していますが、PTS取引以外にダークプールを含む立会外取引の中で東証の気配値よりも有利な取引価格で取引できる価格改善サービス(ベストマッチ)を発表しました。

価格改善サービスを利用する場合、東証に注文を流す際に、PTSやダークプールなどの注文とマッチングを行い、有利ならばそこで約定させるというシステムです。松井証券の発表によるとPTSと東証の気配値を比較するSOR注文よりも、価格差改善効果が高いという事です。

サービス開始は2018年5月(予定)となっています。

松井証券公式ホームページ

 

SBI証券とSBIプライム証券の「SBOO-X」

松井証券の発表の後でしたが、SBI証券も個人投資家向けにダークプール取引(SBBO-X・エスビービーオークロス)を開始すると発表しています。

SBI証券はこれまでもジャパンネクストPTSを利用したSOR注文(Smart Order Routing)を受け付けており、証券取引所よりもPTSの方が気配値がよい場合はそちらで成立させるという取引を行っていましたが、ダークプール取引も可能になります。

グループ会社であるSBIプライム証券のマッチングシステムを利用するそうです。松井証券同様に、取引所やPTSの株価も調べてもっとも有利な条件で売買できるようになる予定です。なお、対象となるのは預かり資産が1000万円以上の個人投資家を予定しています。

ネット証券最大手のSBI証券の特徴と評判。安定感抜群の総合ネット証券会社
2017-07-20 14:49
ネット証券の中でも口座開設数ナンバーワンの証券会社がSBI証券です。利用者が多いということはそれだけ支持されているということ。当ブログでもSBI証券については様々なサービスや特徴を
リンク

SBI証券公式ホームページ

 

まとめ

ダークプール取引に関しては市場の透明性を損ない、市場をゆがめるという危惧の声もあります。価格透明性のある市場に注文が流れなくなると、市場の価格形成がうまくいかなくなるのではないかという懸念があるようです。

一方で、今回の松井証券やSBI証券がこうしたサービスを提供するのも、機関投資家(プロ投資家)だけが使えている“特権”のようなものを個人投資家にももたらすという福音でもあります。

ちなみに“ダークプール”、“匿名性の高い”などと書くと悪いことをしているというようなイメージもあるかもしれませんが、単に『外から見えていない取引』に過ぎないわけで、それ自身は善でも悪でもないと私は思います。

 

以上、ダークプール取引とは何か?ネット証券も個人投資家に開放というお話でした。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP