おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

飛行機の燃油サーチャージの仕組みと値上げ、値下げを予測した予約方法

国際線の飛行機の予約の際、燃油サーチャージ(燃油特別加算運賃)が加算されることがあります。

これは飛行機の燃料であるケロシンの価格を航空機運賃に加算したものとなっており、ANAやJALをはじめとした航空会社各社が設定しています。

今回はそんな燃油サーチャージの仕組みや、旅行を考えるときの注意点やお得な予約方法などを紹介していきます。

スポンサーリンク

燃油サーチャージの仕組み

燃料価格(日系航空会社はシンガポールケロシン市況価格・円建て)を指標として、この価格が一定を超えた場合に発生する特別加算運賃となります。

2カ月ごとに改定され、その期間のケロシン価格・円建ての平均価格で計算されます。

  • 4月~5月:前年12月~1月の平均価格(2中旬決定)
  • 6月~7月:2月~3月の平均価格(4月中旬決定)
  • 8月~9月:4月~5月の平均価格(6月中旬決定)
  • 10月~11月:6月~7月の平均価格(8月中旬決定)
  • 12月~1月:8月~9月の平均価格(10月中旬決定)
  • 2月~3月:10月~11月の平均価格(12月中旬決定)

となります。2019年6月~7月の燃油サーチャージ(燃油特別加算運賃)は2019年2月、3月の平均価格で決まるというわけです。

上乗せされる価格は平均価格毎に定められており、JALは以下のように設定しています。当然ですが、ゾーンが進むほど加算運賃の額も大きくなります。

  • 6,000円未満:加算なし
  • 7,000円未満:ゾーンA
  • 8,000円未満:ゾーンB
  • 9,000円未満:ゾーンC
  • 10,000円未満:ゾーンD
  • 11,000円未満:ゾーンE
  • 12,000円未満:ゾーンF
  • 13,000円未満:ゾーンG
  • 14,000円未満:ゾーンH
  • 15,000円未満:ゾーンI

ちなみに、日本-ハワイの路線の場合、

  • ゾーンA:2,000円
  • ゾーンB:4,000円
  • ゾーンC:6,000円
  • ゾーンD:8,500円
  • ゾーンE:11,000円
  • ゾーンF:13,500円
  • ゾーンG:16,000円
  • ゾーンH:18,500円
  • ゾーンI:20,500円

となります(一人・片道あたり)。

加算額としてはかなり大きいですよね。たとえば、JALやANAの特典航空券(マイルで発券)した場合でも、燃油サーチャージは含まれていないため、その分は別途費用負担が生じることになります。

 

燃油サーチャージが加算されるのはどのタイミング?

燃油サーチャージは2カ月ごとに改定されるわけですが、チケットを購入したタイミングと、搭乗する日の間で燃油サーチャージが変動した場合はどうなるのでしょうか?いつの時点の加算がされるのでしょうか?

  • 搭乗日(フライト日):×
  • 購入日(発券時):○

なので、予約した日よりも搭乗日の方が燃油サーチャージが下がったとしても差額は返金されませんし、上昇した場合でも支払いの必要はありません。

 

国内線の燃油サーチャージはどうなっているの?

燃油サーチャージ(燃油特別加算運賃)として明示されるのはANAもJALも国際線のみとなっています。

国内線はどうなのか?というと航行距離が短いためか、明確には加算されません。ただし、ANAやJALの基準となる運賃改定は行われているので、燃油上昇があった場合は、運賃の方に反映されていると考えるべきでしょう。

 

燃油サーチャージを抑えて旅行するためのコツ

冒頭の方でも紹介したように、燃油サーチャージはだいたい3か月くらい前の燃油価格を参照して決まっていきます。

たとえば6月~7月分の燃油サーチャージについては4月中旬ごろには確定値発表されます。

それ以上先の燃油サーチャージについては読めませんが、ケロシン価格の状況(≒原油価格)を見ていけばなんとなくですが見える部分もあるかと思います。

特に原油価格が急騰/急落しているような場合は先の燃油サーチャージがどうなるか読みやすくなりますね。

 

燃油サーチャージが上昇する場合

上昇が決まっているなら、上昇する前に予約・購入・発券をしてしまいましょう。

航空券の運賃自体も早めの予約の方が割安になっていることが多いので、先の予定が決まっているのであれば早めに航空券を抑えてしまいましょう。

 

燃油サーチャージが下落する場合

上昇する場合と違って、燃油サーチャージが下がる場合は判断が難しくなります。

たとえば、2019年4月~5月の燃油サーチャージはゾーンEからゾーンBに3段階も下がりました。ハワイ路線であれば、一人片道7,000円もサーチャージだけで料金に差が出ることになります。

そのため、航空券の予約・発券をするのは2019年4月以降になってからの方がお得になります。

ただし、それを待っていると、飛行機の座席確保の問題やホテル予約など旅行に関連する予約全般に影響を与えることになります。悩ましいところになります。

 

過去の燃油サーチャージの推移

なお、ゾーンという表現はJALのものですが、わかりやすいようにこのように表現しています。

  • 2013年12月~2014年9月:ゾーンG
  • 2014年10月~2015年1月:ゾーンF
  • 2015年2月~2015年3月:ゾーンD
  • 2015年4月~11月:ゾーンC
  • 2015年12月~3月:ゾーンB
  • 2016年4月~2017年1月:適用なし
  • 2017年2月~3月:ゾーンA
  • 2017年4月~7月:ゾーンB
  • 2017年8月~11月:ゾーンA
  • 2017年12月~2018年1月:ゾーンB
  • 2018年2月~7月:ゾーンC
  • 2018年8月~2019年1月:ゾーンD
  • 2019年2月~2019年3月:ゾーンE
  • 2019年4月~2019年5月:ゾーンB
  • 2019年6月~2019年7月:ゾーンC

原油価格の高騰を受けてゾーンGにまで上昇した燃油サーチャージはその後の原油価格の落ち着きを受けて、2016年4月には一旦ゼロ(適用無し)となりました。

その後、再び原油価格が上昇したことを受け2017年2月に復活し、現在に至っています。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気のクレジットカード

お得で役立つクレジットカードを紹介していきます。


年会費無料&ポイント還元1%。楽天市場ならSPU特典で3%以上還元

 


ドコモ料金の10%還元、月1万円以上のドコモ利用があるなら“確実に”得をするゴールドカード

 


海外利用なら5.5%ポイント還元、羽田空港TIATラウンジ、海外旅行傷害保険も充実

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP