おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

新型iPhone XS / XS Max / XRの発売日と予約方法、価格、スペックの比較

2018/09/16最終更新   携帯電話・格安スマホ

Appleから新型iPhoneとなるiPhone XS / XS Max / XRが発表されました。大きなサプライズはないものの、これまでの変化を踏襲し、バージョンアップしたスペックとなっています。

今回はそんな新型iPhoneの発売日や予約方法、価格、各種スペックについてまとめていきます。

また、購入するならドコモ、au、ソフトバンクといったキャリアで買うべきか?SIMフリーモデルを買うべきか?も比較します。

スポンサーリンク

iPhone XS / XS Max / XRの発売日と予約方法

2018年9月13日に行われた新型iPhoneの発表。「iPhone XS(テンエス) / XS Max(テンエスマックス) / XR(テンアール)」に加えて新型のアップルウォッチとなるApple Watch Series4が発表されました。

発売日 予約開始 価格
iPhone XS 9月21日 9月14日 64GB:11万2800円
256GB:12万9800円
512GB:15万2800円
iPhone XS MAX 9月21日 9月14日 64GB:12万4800円
256GB:14万1800円
512GB:16万4800円
iPhone XR 10月26日 10月19日 64GB:8万4800円
256GB:9万800円
512GB:10万1800円

※SIMフリーモデル、価格はいずれも税別、発売日はドコモ、au、ソフトバンクのキャリアは同時です。

iPhoneX(テン)の後継モデルとなるXS / XS MAXは9月に、新型ではリーズナブルな価格帯であるiPhone XRは10月発売となります。

 

iPhone XS / XS Max / XRのデザイン・外観・スペック

画面サイズは従来のiPhone Xのサイズが最小サイズ(5.8インチ)となります。iPhone8サイズ(4.7インチ)は新型では登場せず、4インチサイズとして根強い人気のあったiPhoneSEは販売ラインナップから姿を消すなど、Appleはディスプレイサイズの大型化を推進する方針のようです。

画面サイズ 液晶 躯体サイズ 重さ 認証
iPhone XS 5.8インチ 有機EL 高さ:143.6
幅:70.9
厚:7.7
174g Face ID
iPhone XS MAX 6.5インチ 有機EL 高さ:157.5
幅:77.4
厚:7.7
208g Face ID
iPhone XR 6.1インチ 液晶 高さ:150.9
幅:75.7
厚:8.3
194g Face ID
iPhone8
(旧モデル)
4.7インチ 液晶 高さ:138.4
幅:67.3
厚:7.3
174g Touch ID
iPhone8 Plus
(旧モデル)
5.5インチ 液晶 高さ:158.4
幅:78.1
厚:7.5
202g Touch ID

 

iPhone XS(テンエス)

iPhone XSは同時発表された3機種の中で最も小さいサイズです。ディスプレイサイズは5.8インチ(有機EL)でこれはiPhone Xと同じです。見た目もほとんど同じです。

カラーバリエーションは従来のスペースグレイ、シルバーに加えて、ゴールドが追加されました。

プロセッサはA12 BionicカメラにはスマートHDR機能が追加されています。4枚の連射写真を撮影してより精細なディテール写真を表現できるようになりました。デュアルカメラを利用してボケを活かしたポートレートモードもグレードアップしています。

バッテリー性能もUPしてポリ、防水性能も向上しています。

 

iPhone XS MAX(テンエス マックス)

iPhone XS MAXはこれまでのiPhoneシリーズの中でも最大の6.5インチ(有機EL)の画面サイズを誇るスマートフォンです。

 

iPhone XR(テンアール)

iPhone XRは、今回発表された新型iPhoneでは最も廉価なタイプとなります。ディスプレイは有機ELではなく液晶タイプでありながら、従来のiPhoneXと同様のベゼルレス+ノッチ(凹)デザインとなっています。

iPhone XS / XS MAXがiPhoneX(テン)の後継モデルであるのに対して、iPhone XRはiPhone8(Plus)の後継モデルといえそうです。

ディスプレイサイズは6.1インチで、iPhone8(4.7インチ)、iPhone8 Plus(5.5インチ)よりも大型です。ただし、ベゼルレスとなっているため、躯体としてのサイズはiPhone8 Plusよりは若干小型化しています。

価格帯を見ても、iPhone XS / XS MAXと比較すると割安感があります(とはいっても、税込だと10万程度になるわけですが……)。

 

新型iPhoneはどこで買うのがお得?

iPhoneを新しく購入する方法は大きく

  1. SIMフリーモデルを購入する
  2. キャリアモデルを購入する

という二つの選択肢があります。それぞれの購入に一長一短がありますので、メリット、デメリットを考慮の上、どちらで買うかを決めましょう。

 

SIMフリーモデルのメリット、デメリット

SIMフリーモデルの強みは、携帯キャリア、MVNOを問わず、どこの携帯電話であっても使えるという点が魅力です。いわゆる通信キャリアの「縛り」もないため、契約期間等のストレスもありません。

また、SIMフリーなので、海外旅行や出張に行ったときなども、現地でSIMカードを借りて通信をすることができます。

一方のデメリットといえば、購入時の割引が受けられないという点ですね。ドコモやau、ソフトバンクなどのキャリアで新型iPhoneを購入する場合は、○○サポートのような形で一定の割引を受けることができます。

こうした値引きが受けられないのが、SIMフリーモデル購入のデメリットです。

また、大手キャリアからMVNOに移動する場合、キャリアメール(@docomo.ne.jpなど)が使えなくなるなどのデメリットもあります。

携帯・スマホのMVNO(格安SIM)とは何か?大手キャリアとの違いとメリット、デメリット
2015-05-12 16:20
携帯電話やスマートフォンで通話やインターネットを利用すると言うとNTTドコモやau、ソフトバンクなどのと契約するのが当たり前のことだと思います。ところが、近年こうした通信キャリア以
リンク

 

キャリアモデルのメリット、デメリット

キャリアモデルはドコモやau、ソフトバンクなどの携帯キャリアで販売されているものを購入する方法となります。

ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアを利用しており、今後も利用するつもりというのであれば、割引のあるキャリアモデルを購入するのも一つの手かともしれません。

新型iPhoneを分割払いにして、毎月のサポートを併用することで当初負担を抑えて新型iPhoneを購入することができます。

大手キャリアのMVNOの通信費の差を考えれば総額としては大手キャリアのほうが高くつく可能性が高いですが、MVNOなどへの変更を考えるつもりはないというのであれば、ドコモやau、ソフトバンクなどの大手キャリアでiPhoneを買うほうが良いですね。

ちなみに、購入から101日を経過していれば、SIMロックも解除することができます。

 

以上、新型iPhone XS / XS Max / XRの発売日と予約方法、価格、スペックの比較

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP