おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

年商と年収の違い。年商1億円はすごくない?年収1億はスゴイ!

2017/11/19最終更新   お金に関する疑問解決 お金の雑学

年商1億円、年商10億円、テレビや雑誌、書籍などでビジネスや商売を紹介するときによく使われる表現です。なんでかっていうと、やっぱり響きがいいからでしょうね。

億越えというのは、やっぱり途方もない金額という感じがしますからね。ただ、年商と年収の違いをはっきりと知っておくというのは重要です。

スポンサーリンク

年商と年収の違い

まずは年商と年収の言葉の意味から説明していきましょう。

年商 その商売においての1年間あたりの売上金額の合計金額。(年間売上高=年商)
ここからその商売に必要な経費(仕入れ、人件費、水道光熱費、広告宣伝費、家賃など)を差し引いたものが“所得(税引前利益)”となり、利益があればそこから所得税(法人税)などが引かれたものが“手取り(純利益)”となる。
年収 一般的に会社員に用いられるもので、給料+賞与(ボーナス)の1年間の合計金額。ここから税金や社会保険料を引いたものが“手取り収入”となる。

これだけだとわかりにくいですね。というわけで、「年商1億円のビジネスをしているA社長」と「年収500万円の会社員Bさん」の収入について紹介していきます。

見た目だけだと年商1億円のA社長の方がお金持ちっぽいですけど、どうでしょうか?

 

年商はあくまでもビジネスの規模しか示していない

年商というのは説明にも挙げたように、1年間の売上の合計金額です。売上と同じ意味ですが、売上の場合は「単月売上(1か月あたりの売上)」「半期売上(6か月あたりの売上)」といったように期間が限定されていません。年間売上=年商となります。

さて、ビジネスをするには経費がかかることは皆さんお分かりになると思います。

  • 売上を得るために売ったもの仕入れ代金
  • お店や事務所などの働く場所の家賃
  • 電気代や水道代、ガス代などの光熱費
  • 電話代やネット利用料金
  • 従業員やアルバイトがいるなら人件費
  • 宣伝や広告のための費用
  • 仕事上のお付き合いのための諸費用

こうした費用は当然掛かってきます。年商1億円のA社長の場合、入ってきた1億円からこれらのお金を差し引いたものが“利益”となります。年商が仮に1億円でも諸経費として1億円以上かかっているという会社もあります(赤字企業)。

なので、利益率が高い企業だと年商1億でもかなり儲かっているケースもありますが、逆に利益率が低い会社だと年商1億円で大赤字というケースもあります。

つまり、年商だけだと、その人(会社)が儲かっているかどうかは判断できません。

儲かっているかどうかを判断したいなら“税引前利益”くらいを知りたいところです。

 

会社員の年収の場合、ほとんどブレはない

一方で年収500万円の会社員Bさんのケースを考えてみましょう。サラリーマンは収入を得るために経費を負担することはありません。自分の労働力(労働時間)を会社に貸す代わりに給料をもらっているわけです。つまり、年収500万円がまるまる残るわけですね。

ただ、ここから税金や社会保険料などが引かれるので手取りとはまた違ってきます。ちなみに年収から手取りや税金などの計算については以下の記事で詳しく紹介しています。

額面収入(年収・給与)と手取り、所得の違いを理解しよう
2014-04-17 18:02
よく寄せられる質問で混同されることが多いものに「収入(年収)」と「手取り」と「所得」の違いがあります。これら3つについてごっちゃになっているという方も少なくはないと思います。
リンク

 

年商1億円はすごくない?年収1億円はすごい?

年商1億円という数字は月間売上高はおよそ830万円という数字になります。たとえば、従業員が20名いる会社ならその人件費だけでも600万円はとんでいきます。

さらに、家賃や諸々のコストを考えたら利益はほとんどないというケースもあります。もちろん、先に書いたように儲かっている会社もあります。

なので、年商1億円はそれだけだとすごいのか、それともすごくないのかがわからないわけです。

一方で年収1億というのは文句なしにスゴイです。少なくとも、それだけの利益が会社にないと給料(役員報酬)としてその金額を支払うことはできません。それだけの年収があるなら、会社も相当儲かっていると考えることができます。

ちなみに、上場企業役員でも2016年で年収が1億円を超えていたのは530人となっています。

長者番付とは何か?日本のお金持ち、高額納税者がわかる気になるランキング
2017-09-07 09:44
長者番付というのは要するにお金持ちランキングのことです。ただ、長者番付(高額納税者番付)と呼ばれるのはかつてあった「高額納税者公示制度」のことを指す場合が多いです。この制度は200
リンク

 

年商がよく用いられる理由と、その価値

テレビや雑誌などのメディアが“年商”という表現を使うのはやはりその方がインパクトがあるからです。

また、同じ業種間でいえば年商の差はその事業におけるシェアや規模を表すため価値があります。
唐揚げ屋さんを展開している2つの会社があって、年商1億円と年商10億円ならどちらの方が会社として大きいかはわかります。

ただ、だからといって年商が大きい会社の方が儲かっていうかどうかは別というのは先に説明したとおりです。

 

年商だけを語る人には注意したほうがいいかも?

話をするときに、年商○○億円の会社なので安心とか、すごい会社だ、といった表現をする人には注意をしたほうがいいかもしれません。

年商が100億とかを超えるような水準なら素直にスゴイといえますが、年商5億、10億円くらいまでなら正直、そこまですごいかはわかりません。

特に、年商が大きいからさも儲かっている、さもお金持ちであるというように表現される方には注意された方が良いかもしれません。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP