おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

注文住宅を購入する時に考えておきたい予算と坪単価の問題点

2015/09/18最終更新   マイホーム購入・リフォーム

budget-cuts-1172571注文住宅を購入する時に多いトラブルの一つに予算オーバーが挙げられます。家を建てる時には「予算」を決めて考える方が多いかと思いますが、その時に「坪単価」を目安に決めることが多いようです。ただ、実際には本体工事以外にも付帯工事や諸費用なども考える必要があります。今回は注文住宅購入時に考えたい予算の決め方やハウスメーカー(工務店)との交渉について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

注文住宅の購入費用

注文住宅の購入にかかる費用は大きく「本体工事費」「付帯工事費」「諸費用」の3つにわけることができます。
一般的に総購入費用は本体工事費7割、付帯工事費2割、諸費用1割くらいになると言われています。

 

本体工事費:7割

基礎、骨組、屋根、外壁、床、内装、水回りといった建物本体にかかる費用となります。一般に注文住宅購入時の「坪単価」は「本体工事費÷総床面積(坪数)」で割るのが一般的です。

 

付帯工事費:2割

土地の形状や地盤の固さなどによって必要となる地盤改良工事、外構費用、造園費用、電気・ガス・水道などの引き込み等にかかる費用などは付帯工事費とされます。この付帯工事費はあらかじめ想定できる部分も多いですが、地盤改良工事などの費用は状況によって大きく変わることもあります。

 

諸費用:1割

不動産登記費用の他、火災保険料、その他費用も必要となります。

 

坪単価だけで家の予算を考えるのは危険

上記からご理解いただけると思いますが、本体工事費に過ぎない「坪単価」で注文住宅購入費用を考えると予算オーバーになってしまいがちです。おおよそ7割が本体工事費だと仮定すると、3割分が予算に入っておらず予算オーバーとなる可能性が高くなります。7割の費用を総予算として考えてしまうと、ざっくり42%も予算を超えることになります。

建物として2000万円の予算をもっている時のシミュレーションをしてみましょう。床面積が25坪のプランなら予算から逆算すると坪単価としては80万円くらいが出せるということになります。ところが、実際には付帯工事・諸費用が別途かかることになりますので、最終的には2800万円(本体工事2000万円+付帯工事600万円+諸費用200万円)になってしまいます。

以上から、おおよその目安としての建物予算があるなら、その7割程度を本体工事費用にかけることができる金額として算出しておくと安心です。

 

坪単価は無意味?

また「坪単価」という言葉は明確な定義がないため坪単価でハウスメーカーを比較するような方法に意味はありません。ハウスメーカーによっては、一般的には本体工事にあたる工事を付帯工事扱いにして見かけの坪単価を安く見せるようなケースもあるようです。そのため、坪単価を比較材料とする意味は小さくなります。

注文住宅を建てる時は、単純に坪単価で考えるのではなく、ハウスメーカーや工務店から実際に見積もりをとってその上での総費用で考えるべきです。マイホームというのは多くの方にとって人生でも最上級に高額な商品のはずですから、しっかりとした調査や比較をした上で検討するようにしましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP