おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

引越し難民にならないコツと対策

2019/03/18 更新   引越・転居

3月、4月は進学、就職、あるいは転勤などによって一年を通じて引越しをする方が多い時期です。そんなタイミングで必要になるのが「引越」です。

そんな引っ越しが多い3月、4月はもともと「繁忙期」と呼ばれる時期であり引越し料金が高騰しやすい時期です。

そんな状況が2018年、2019年はさらに進んでおり、料金の高騰はもちろん、そもそも引越しの引き受けすらしてもらえない人も出てきています。

そんな“引越し難民”と呼ばれる方が急増しています。

そうならないための方法、あるいはそんな状況でも賢く引越しをする方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

引越し費用はそもそも繁忙期は高額になりやすい

引越し難民という言葉が生まれる前から、そもそも引越し代金というのは3月、4月の繁忙期は大変高額化しやすいといわれてきました。

引越し業者の仕事の大部分は人の手によるマンパワーに依存する割合が多いです。だからといって、人手というものは、簡単に増やしたり減らしたりすることはできません。

そのため、忙しい繁忙期に十分な人手を確保すると、閑散期に人が余ってしまうという問題が生じます。

なので、引越し業者は、ある一定の基準をベースに人手確保をしていますが、繁忙期にはどうしても人手不足になってしまうわけです。

人手不足で引越し需要を業者の供給量が上回るため、引越し費用も高額化していくわけです。元から閑散期と繁忙期で引越し代金(見積り)が2倍~3倍になるというのは、よく言われたことです。

 

なぜ、引越し難民という言葉が生まれたのか?

引越し難民という言葉は2018年3月、4月ごろにかけて問題が顕在化してインターネットや報道などでも大きく取り上げられました。

  • 働き方改革
  • 人手不足

この二つが大きいですね。

特に、大手宅配業者の慢性的な残業が大きな問題として取り上げられ、労働環境が正常な方向に動いた結果、人手不足が大きく顕在化してしまい、引越し事業者も、これ以上仕事を請けられないという状況になってしまったわけです。

引越し料金は年々高くなってきています。

かつて、叩けば叩くほど安くなるといわれていた時期もありましたが、引越し需要はさほど変わらない中で、供給量が不足している状況もすぐに変えることは難しいので、当面の間、引越し費用の高額化は進むものと思います。

2018年、2019年だけでなく、2020年3月-4月、2021年3月-4月についても同じように引越し難民問題は生じると思われます。

 

引越し難民とならないためにできること

引越し代金の基本的な割引テクニックについては以下の記事も参考にしてみてください。

  • 繁忙期を避ける
  • 日程を平日等にする
  • 早めに見積りを取る

といった基本テクニックを紹介しています。

引越代・引越費用を節約するためのコツと引っ越し業者の選び方
2018-01-30 10:38
引越をする時にかかる引越代って、実は基準があって無いようなものです。引越代を節約したいと考えているのであればそれこそタイミングから業者を呼ぶタイミング、見積もりの取り方までしっかり
リンク

いや、そんなの分かってるけど、どうしても今、引越しをしないといけないんだ!という方も多いかと思います。

引越し業者が見つからない、引越し見積もり代金が高すぎてとてもじゃないけど払えないという方はどんな対策をとればよいのでしょうか?

 

自分や友達で軽トラ等を借りて運ぶ

近所への引越しなら業者をつかわずに自分や家族、あるいは友人などにお願いして自分で運ぶという手もあるでしょう。

レンタカー屋さんで軽トラなどを借りて、自分たちで運べばお安く済む可能性があります。特に、近距離の場合はこうした方法で劇的に引越し費用を抑えることができる場合もあります。

ただ、手伝ってくれた友人への謝礼などが必要になるでしょうし、引越し中の事故や破損などのトラブルが発生する可能性があります。

 

引越しの荷物を減らして依頼する

引越しの荷物が大きいと、業者はそれだけ大きなトラックを用意する必要がありますし、人員も多く必要です。

そのため、不用品はできる限り処分した上で、本当に必要最小限のものだけを引越しの荷物として送るという手もあります。

 

引越し業者を使わず宅配便を使って引越しをする

また、送る荷物を減らせるのであれば、それを徹底して引越し業者自体を使わないという方法もあります。

引越しを専門とする事業者ではなく、宅配便として引越しをするわけです。

宅配便の料金は、繁忙期・閑散期を問わず料金はさほど変わりありません。引越しの荷物が段ボールなどで十分に収まる場合は、宅配便や○○単身パックのようなサービスを使うというのも手です。

じゃあ、ベッドや洗濯機、冷蔵庫などの大型家具家電はどうするんだ?という話になりますよね?

引越し難民に関する報道では引越し費用として100万円を超える請求・見積りが来たという話もありました。

そうしたケースであれば、家具家電は現地で処分をした上で、新天地(引越し先)で新しいものを購入するほうが安くつくケースもあるかと思います。

廃棄するという選択肢以外にも、リサイクルショップなどを使って現金化することだってできるでしょう。

 

レンタルスペース等に預けて、後から引越しをする

引越し業者が忙しいのは3月~4月です。このタイミングが終わる5月以降は引越し業者にとって閑散期となります。

ゴールデンウィーク明けの5月中旬くらいに本引越しをするイメージで、それまでの期間中はレンタルスペース等に荷物を預けておけば、引越し費用を節約することができるはずです。

もっとも、レンタルスペースまで荷物を運ぶ必要があるわけなので、大型の家具家電をどうしても引越ししたいという場合、レンタルスペースまでの配送費+正式な引越し費用という事で2重にコストがかかる場合もありますので、その点はご注意ください。

 

引越し難民、後からできることは少ないけど……

引越し難民になって困ってしまった。という場合、そうなってからできることは多くありません。

今の状況で見積りを取ろうと思っても、見積り自体を受け付けていない業者もあると聞きます。

あったとしても金額が100万円、200万円というように、突然提示をされたらボッタクリとしか思えないような金額になることも少なくありません。ただ、それは需給の関係から仕方ない金額になっているわけです。

安くする方法は限られていて、でも必ず引越しをしなければならない。

  • 高額な料金でも呑む
  • 宅配便で配送可能な範囲で送り後は現地調達

このくらいしか選択肢は無いように思われます。そして、時間が経てば経つほどより状況は悪化します。

よくある引越しのテクニックの合い見積もりを取って、安い業者に決めるなんてことをする時間すらないケースもあるわけです。

 

引越し難民と言われる状況は2018年、2019年と続いておりますので、2020年も同じような状況になる可能性もあります。

早め早めの対応をお勧めいたします。


最後まで読んでいただきまして、ありがとうございます
よろしければ、Twitterやfacebook、はてなブックマークなどでシェア、ご意見いただけると嬉しいです。ご意見は記事改善にも活用していきます

今後とも、MoneyLifeHack(マネーライフハック)をよろしくお願いします。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP