おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

中古住宅を買うなら検討したい「リフォーム一体型住宅ローン」

combine最近は新築だけでなく、中古住宅や中古マンションを検討している方も多いと聞きます。中古住宅を安く購入してそれをリフォーム・リノベーションすることで自分たちに自分たちに合った家作りをするという場合、これまではリフォームローンというローンを住宅ローンとは別に組むのが一般的でした。

ところが近年では住宅購入代金とリフォーム資金を一体化したリフォーム一体型住宅ローンも登場しています。

リフォームやリノベーションに必要になる資金をまとめて住宅ローンの低い金利で資金調達ができるため、住宅ローン+リフォームローンを別々に組むよりも金利面も手数料などの追加コスト面でも有利になります。

スポンサーリンク

一般的なのリフォームローンの問題点

従来型のリフォームローンは、住宅ローンとは別に組むローンで、多くが無担保融資でした。そのため、借入金利も住宅ローンと比べると高く、返済期間も10年程度のものが主流です。また、無担保ということもあって融資可能な金額も500万円程度が上限というケースが多いです。

  • 金利が高い
  • 手数料も二重にかかる
  • その上で融資限度額も小さい

こうしたこともあって、リフォームローンでは大規模なリフォームなどがやりにくかったのです。

 

リフォーム一体型の住宅ローン

そこで近年人気を集めているのが「リフォーム一体型となる住宅ローン」です。一体型ローンは購入資金と改装資金をセットにして融資をしてくれます。

ローン金利や融資期間は住宅ローンに準じる形となるので金利は安く、最長で35年ほどの返済期間をとることができます。

たとえば、中古住宅を2000万円程度の価格で購入して、さらに1500万円の資金を使った大規模なリフォーム・リノベーションを行って新築さながらのピカピカの住宅にするというプランを組むことができるわけです。

総額3500万円の融資を“リフォーム一体型住宅ローン”として組むことで、通常の住宅ローンと同様の金利負担でローンを返済することができます。

銀行側でもこうしたローンの取り扱いが増えており、都市銀行やネット系住宅ローンでもリフォーム一体型ローンの取り扱いを積極的に進めているようです。

 

リフォーム一体型のローンは事前計画が重要

こうしたローンの注意点としては「事前計画」をしっかりと建てておくことが大切だということです。

中古住宅というものは同じものが何個もあるわけではありません。新築住宅よりも見るべきか所も多いです。一方で、売主は物件売却を急いでいるケースも少なくなく、購入者が決断するまでに時間があまりないケースもあります。

そのような状況で下記の作業も同時並行で進める必要があるわけです。

  • リフォーム業者との打ち合わせ
  • リフォーム計画やその見積書などの作成(+銀行に提出)

中途半端に話をすすめると思い描いたリフォームができないということになりかねません。

こうしたこともあって、あらかじめどのようにリフォームをしたいのか?どのような家にしたいのか?という要望を出しておきリフォーム・リノベーションのイメージを固めておくことが大切です。

そのためには事前にリフォーム・リノベーション工事を請け負ってくれる会社と交渉しておくこと。また、リフォームを前提とした中古住宅を購入することに対して協力してくれる不動産業者(仲介業者)を探しておくことが重要と言えるでしょう。

 

リフォーム一体型のローンが組める住宅ローン

以下は、リフォーム費用を住宅ローンに組み込むことができる一体型の住宅ローンです。

 

新生銀行のリフォーム一体型住宅ローン

リフォーム資金についても住宅ローンと同じ金利で借りることができます(同時に借りるのが前提)。既に保有している住宅を大規模修繕(リフォーム)する際に、住宅ローンの借り換え+リフォームローンの上乗せというフレキシブルな対応ができる点も魅力です。

>>新生銀行の住宅ローンの詳細情報

 

ソニー銀行のリフォーム費用一体型住宅ローン

2013年より、「中古住宅購入とリフォームを同時に行う場合」に限り、リフォーム費用を住宅購入費用に含めて住宅ローンを組めるようになりました。

>>ソニー銀行の住宅ローンの詳細情報

 

ARUHI住宅ローン(フラット35+リフォームローン)

フラット35に上乗せしてリフォームローンを組み合わせるパッケージが利用できます。ただし、パッケージ化できるのは「返済期間だけ」で金利は別ものになります。公式ページを見る限り、リフォームローン部分の金利は高めなので完全な一体型とは言えませんね。

>>ARUHI住宅ローンの詳細情報

情報の参考元:リフォーム費用一体型住宅ローン比較

 

リフォーム一体型の住宅ローンが利用できれば、より低い金利で古い家を買って、リフォームして暮らすという住宅の活用が可能になります。特に将来的には空き家の増加が懸念されており、こうした中古住宅をリフォームして買うというのはよいプランですよね。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP