おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

お部屋探しで押さえたい仲介業者(不動産屋)の選び方

rent春に向けて引越のシーズンとなるわけですが、新しくお部屋探しをするという方も多いのではないでしょうか?部屋探しをするときは、賃貸物件(建物)のチェックはもちろんですが、それを紹介してくれる仲介業者(不動産屋)選びも大切です。今回は良い仲介業者を見つけるためのポイントをまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

お部屋探しにおける仲介業者の重要性

賃貸物件選びにおいて仲介業者の存在はとても大切です。
広さや設備などの物件情報だけをインターネットで見ても実際の感じは分かりません。また、よく知らない土地で新生活を始める場合は特に、その地域における特性や特徴などを知ることも大切です。

駅から近いから便利そうと思って借りたら、すごく治安が悪いと評判のエリアだったとか、周辺に生活施設(スーパーなど)が少なくて不便だったとかいう話があります。

こうした情報は、物件を案内してくれる「仲介業者」が頼りとなります。特にその地域に土地勘がないようなケースでは仲介業者がとても大切な存在となります。

 

インターネットでの物件探しは「おとり物件」に注意

お部屋探しをしようかなと思ったときは、まずインターネットで物件情報を調べるという方が多いと思います。私でもそうします。

そうしたときに注意をしたいのが「おとり物件」です。おとり物件というのは、本当はすでに入居している(入居が決まっている)物件なのにサイトに掲載したままにしておき、問い合わせが入り来店してもらってた段階で「あの物件は決まってしまったけど、近い物件がある」といって別の物件を紹介するための物件です。

不動産賃貸仲介は店にさえ来てもらえれば……というところがあるのでこうしたおとり物件が使われるケースが後を絶ちません。

不動産情報で注意したいおとり物件とは?おとり物件の見分け方」でも紹介しているようにおとり物件にはひっかからないようにしましょう。

 

仲介業者の善し悪しを見極めるポイント

良い仲介業者にあたることが知らない土地での新生活を迎える上でとても重要な要素になるわけです。ただ、不動産仲介業者といっても良い業者(レベルが高い担当者)もいれば悪いものもいるわけです。

そうした中、良い業者を見極めるポイントはどこなのか?それをまとめていきたいと思います。

 

こちらの希望を確認してくれるか?

例えば住みたいエリアや間取り、家賃、築年数など賃貸物件を探している方は様々な希望があると思います。当然、お客の希望に完璧に合う物件が見つかるとは限りませんが、住みかえの期間に余裕が無い時には少ない時間でより良い物件を紹介できるように、良い不動産業者ならお客の希望はきちんと把握するものです。

こちらが、指定した希望とまったく違うような物件を紹介してくるような業者(担当者)はお客さんのことを考えていないか、提案力が低いということになりますのでご遠慮しましょう。

 

自社管理物件以外の物件も紹介してくれるか?

不動産会社は一般的に管理業も一緒に行っています。当然、自社で管理している物件が空室の場合には先に入居を決めたいと思うでしょうから、他社が扱っている物件よりも率先して紹介してきます。
ではどうすれば他社が扱っている物件を紹介してくれるか分かるのでしょうか?

接客している最中に他社に電話で物件が空室かどうかを確認している業者などは、自社物件以外もお客に紹介している可能性が高いと思われます。より多くの選択肢があるほうがお客にとってのメリットなるので、多数の物件を紹介してくれる不動産業者を選びましょう。

 

物件のマイナスポイントもちゃんと説明してくれるか?

家賃が安くて、駅から近く、スーパーやコンビニも近くにある。築年数も浅く、間取りも広いような物件。このような物件はまず見つかりません。家賃というものは周辺の類似している物件と比べて決めていきます。そのため、一部の物件だけが突出して有利な条件で募集していることはありません。安い物件は当然ながら問題がありますし、問題がないような物件は当然ながら家賃は高いものです。

ですので、どのような物件にもマイナスポイントはあります。このマイナスポイントを正確に把握し、説明してくれる不動産業者は信用できると思われます。

逆にマイナスポイントを説明しない、契約日間近になってマイナス部分を説明する不動産業者などは論外ですので、そのような業者から部屋を借りることは控えましょう。

 

土地柄・周辺情報への理解度が高く説明は適切か?

物件に対する説明以外にも、土地周辺に関する情報も聞き出しましょう。 周辺がどんな街なのか?、治安は?、交通状況は?、周囲にはどんな人が住んでいるケースがおおいのか?など聞いておくべきことは山ほどあります。
そのとき、「物件のマイナスポイントもちゃんと説明してくれるか?」で説明したように、マイナスポイントもちゃんと伝えてくれるかも大切です。街に近くて治安が良くて静かなんて土地はありません。通常は長所があれば短所もあります。それを正しく伝えてくれるかどうかをチェックしましょう。

 

物件選びは急がない、焦らない

不動産物件選びの一番はゆっくりと物件を探すことです。時間的な余裕がなければ冷静な判断はできませんし、何より良い不動産会社にめぐり合うのも運次第となりかねませんので、できるだけ余裕をもった物件探しを行いましょう。

 

賃貸情報サイトを使うときは物件候補をメールしてもらうというのも手

たとば「スーモ(SUUMO)」のような賃貸情報サイトを使うという場合でも、希望の物件があったら、即問い合わせ即内覧ではなく、その物件を扱っている業者さんに以下のような情報を伝えてメールかFAXで物件情報があれば送ってほしいというように伝えるのも手です。

・予算
・間取り
・希望エリア
・希望する条件(設備や立地など)

あとは、連絡があり次第、見てみたい物件があれば内覧予約を取るという方法にすれば、営業マンベースではなくこちら主導で物件探しができます。

 

仲介業者と直接会わずにチャットでやり取りできるietty

上のような面倒な手をつかわなくても、首都圏(東京・神奈川・埼玉・千葉)と関西(大阪・兵庫・京都)のみの対応となりますが、お部屋探しのほぼオンラインで完結できるサービスを提供しているサービスもあります。

こちらなら無料の会員登録と物件希望情報を挙げておけば、iettyの不動産営業マンが物件をチャットで提案してくれます。

最終的に気に入ればその物件の内覧もできるので、こちらの要望などをまとめて伝えておけば、物件探しがはかどることでしょう。

もちろん利用料などは一切かかりません。

>>希望物件をチャットで探せるiettyはこちら

 

以上、お部屋探しで押さえたい仲介業者(不動産屋)の選び方をまとめてみました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP