おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

Vプリカなどのバーチャルプリペイドカードで端数を使い切る方法

vpricaVisaなどのクレジットカードの国際ブランドの決済システムを利用したプリペイドカードの利用が増加しています。クレジットカードのように審査が不要なので未成年の方はもちろん、何らかの理由でクレジットカードが持てない人でもネットショッピングなどの決済に便利です。

ただ、プリペイドカードの宿命ともいえるのが「端数」です。通常のプリペイドカードなら現金との組み合わせで端数処理と行きたいところですが、オンライン決済が中心となるバーチャルプリペイドカードではそうもいきません。今回はそんなVプリカなどのバーチャルプリペイドカードで端数を使い切る方法を紹介します。こたえは「Amazonギフト券」です。

スポンサーリンク

Amazonギフト券ならVプリカで15円~購入可能

国内でも最大級のオンラインショッピングサイトAmazonでは、自社で利用可能な電子クーポンとして「Amazonギフト券」というものを用意しています。こちらは、Amazonでのお買い物で現金同様に利用することができ、たまっている、ギフト券を購入して自分のアカウントに追加することで利用できるようになります。

有効期限はありますが、ほぼ現金と同じように利用でき、ギフト券残高+クレジットカードといった支払い方法も利用可能です。

なお、購入するのは「Amazonギフト券のEメールタイプ」です。こちらなら15円以上1円単位で購入が可能で手数料もかかりません。
これを利用すれば、余っているVプリカの残高をきれさっぱり0円にすることができます。

 

Vプリカは放置していると手数料が発生するので早めに対応

Vプリカは未使用期間が3ヶ月を超えた場合、休眠カード維持費(125円)が毎月25日に発生するようになります。残高がゼロになればこれはかかりませんが、少しでも残高があると発生します。

ちなみに、Vプリカの休眠カード維持費は3か月利用がなかった場合なので、Amazonギフト券の購入を3か月に1度、15円ずつ行うことで維持費を発生させないという使い方も可能です。
当面Vプリカは使わないけど、残高は維持したいという方にお勧めです。

 

Amazonギフト券の購入方法

購入時はAmazonギフト券(Eメールタイプ)を選択します。
タイプはなんでもいいです。(2)の詳細を入力するのところで金額を決めるのですが「ここで自由設定」という項目があるので、ここにVプリカの残高を入力します。

次いで、宛先(送り先)のメールアドレスを入力します。じぶんで使うなら自分のメールアドレスを登録します。なお、Amazonに登録されているメールアドレスでなくてもOKです。

 

Amazonギフト券の登録方法

決済が完了すると、登録したメールアドレス宛にAmazonからギフト券コードが書かれたメールが届きます。
コードをコピーしておき、Amazonのアカウントサービス>お支払方法の設定の中にある「アカウントに追加」>ギフト券番号を入力してくださいのところに貼り付けをして「アカウントに登録」をクリック

 

以上、Vプリカなどのバーチャルプリペイドカードで端数を使い切る方法でした。
そんなに面倒でないので当面Vプリカを使わないかもと思ったら、Amazonギフト券に交換してしまいましょう。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP