おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

クレジットカード会社別の締め日と支払い日の一覧

2015/06/11最終更新   クレジットカードのライフハック

clockクレジットカードで買い物をした時、この買い物の代金の支払日がいつになるのかを把握しておくことは大切です。残高不足で決済できないということは、カード会社の与信面から考えても怖いことですし、場合によってはカードの強制解約や事故情報登録(ブラックリスト)などのリスクもあります。締め日、支払い日は各カード会社によって異なりますので、しっかりと把握しておきましょう。

スポンサーリンク

締め日と支払い日について

クレジットカードの締め日と支払い日についての見方をまずは解説します。

たとえば「毎月15締め、翌月10日払い」と言う場合を考えてみます。
1月16日~2月15日までの利用分→3月10日に支払い
2月16日~3月15日までの利用分→4月10日に支払い
こんな風に計算されます。

 

なお、金融機関の休業日(土日祝日)などが支払い日となる場合には、その翌営業日が支払い日となります。仮に10日が土曜日、11日が日曜日、12日が月曜日(祝日)、13日が火曜日(平日)の場合は13日に引き落とされます。

また、締め日、支払い日のは「カードの発行会社」によって異なります。
たとえば、楽天カードが発行するJCBブランドのカードの場合、決済日は「楽天カード」の「毎月末日締め、翌月27日払い」が適用されます。JCBカードの「毎月15日締め、翌月10日払い」ではありませんのでご注意ください。

 

JCBカード

毎月15日締め、翌月10日払い

 

三井住友カード(VISA/MasterCard)

1)毎月15日締め、翌月10日払い
2)毎月末締め、翌月26日払い
(1)、(2)のいずれかをカード会員が選択することができます。

 

アメリカンエキスプレス

カードにより異なりますが、「毎月20日締め、翌月10日払い」が多いです。
お持ちのカードの明細書に「明細書類対象期間」と書かれている場所があり、そこで締め日と支払い日を確認することができます。

 

ダイナースクラブカード

毎月20日締め、翌月10日払い

 

楽天カード

毎月末日締め、翌月27日払い

 

ジャックスカード

毎月末日締め、翌月27日払い

 

セゾンカード

毎月末日締め、翌々月4日払い

 

 MUFGカード

毎月15日締め、翌月10日払い

 

イオンカード

毎月10日締め、翌月2日払い

 

支払いのタイミングはしっかりと把握しよう

クレジットカードの支払いはとっても大切です。
万が一、支払いができない場合、状況によっては信用情報機関というところに「遅滞」という報告がされてしまう場合があります。この記録がいわゆる「ブラックリスト」であり、
この遅滞が記録されてしまうと新規のカード契約や各種ローン(住宅ローンなども含む)が一定期間は組めなくなってしまいます。この点については「クレジット・ローンの事故情報(ブラックリスト)はいつ消える?確認は?」で詳しく説明しているのでこちらをご参照ください。

ちなみに、「無料家計簿・資産管理ツールのマネーフォワード」を利用すれば、各カード会社からの引き落としが行われる数日前にメールで引き落とし予定の通知が届くので、うっかりミスで入金していなかったという状況を回避できます。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン

当サイトMoneyLifehackとのタイアップキャンペーンを展開している会社を紹介します。当サイト経由で口座開設するだけで現金プレゼントがもらえます。

その他のキャンペーン情報は下記もご参照ください
ネット証券口座開設キャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP