節税・税金のライフハック

税金や節税に関するお役立ち記事の一覧

税金は国民の義務であるため、当然支払う必要があるものです。しかしながら、税金には様々な控除なども存在しており、上手にそれらを使うことで納める税金の金額を少なくすることができます。これは節税であり何ら問題はありません。
ここでは、税金を少しでも安くするための節税に関するお役立ち情報をまとめていきます。

注意したい不動産売却と税金。不動産売買で利益が出ると税金がかかる

2019/08/15 更新

taxs景気回復の兆しを受け、不動産価格の高騰が期待される昨今、不動産売買の件数も徐々に増加しつつあります。先祖代々受け継いできた土地も価格が上昇しつつあるのなら、この際売却しようと考える方もいると思いますが、売却後の税金について考えておかなければなりません。

今回は個人が不動産を売却した時にかかる税金と売る前に知っておきたいそのポイントについてまとめていきます。

続きを読む

不動産のライフハック,不動産の売買,節税・税金のライフハック

2020年最新版 ふるさと納税をわかりやすく説明。お礼の品で得をする仕組み、寄付の計算方法

2020/03/11 更新

riceふるさと納税という制度をご存じでしょうか?この制度は自分が応援したい自治体などに寄付をすることで個人住民税の一部が控除される仕組みです。このしくみ、実は利用するとその地方の特産品や特典がもらえるなどお得なサービスもあり、普通に居住地に納税するよりも得をできる場合があるのです。

今回はこのふるさと納税を活用した特産品ゲットの方法をまとめます。

この記事はふるさと納税についての内容がわかるように制度内容の説明をコンパクトにまとめた記事です。より詳しい情報については参考リンクを張っておりますのでそちらでご確認いただけるように工夫しています。

続きを読む

ふるさと納税の活用法,節税・税金のライフハック,節約術

教育資金の贈与が非課税となる教育資金贈与信託のメリット、デメリット

2019/09/08 更新

gakko2013年3月29日、孫への教育資金贈与を非課税とする税制改正案が可決、成立しました。これに伴い、祖父母が孫1人あたり1500万円まで教育資金として金融機関に預ける場合、贈与税が非課税となるという制度です。

当初は2015年までの期間限定の措置でしたが、延長が重ねられており、現在のところ2021年3月末までの実施が確定してます(それ以降も延長される可能性があります)。

今回はそんな教育資金の非課税贈与の仕組みと、それを可能とする信託銀行のサービスである「教育資金贈与信託」という商品について、その内容や特徴、利用にあたっての注意点などを紹介していきます。

続きを読む

ライフプラン,教育費,節税・税金のライフハック,銀行のライフハック

2013年で終了の証券優遇税制の打ち切りで備える益出しと損出しのやり方と考え方

2019/08/09 更新

2013年までで証券優遇税制(株式譲渡益・配当金・投資信託売却益・投資信託分配金に対する税率が一律10%)が終了となります。2014年からは本来の税率である、一律20%に戻ることになります。今回はそれを踏まえたうえで、2013年中にどのような投資行動をとるべきなのかをまとめていきます。

なお、証券優遇税制の終了に伴い少額投資が非課税となる制度として「NISA(日本版ISA/少額投資非課税制度)」が開始されました。こちらは年間100万円(後に120万円まで拡大)までの投資による売買益や配当金(投信の収益分配金を含む)が非課税になる制度です。

続きを読む

投資信託,株・投資の税金,株式投資,節税・税金のライフハック,資産運用のライフハック

法人の節税目的での生命保険とその節税効果、節税保険のメリット、デメリット

2019/08/09 更新

会社の節税と生命保険というのは切っても切り離せない関係にあります。特に儲かっている会社などには保険会社から節税のために生命保険に入りませんか?という勧誘がひっきりなしに来るかと思います。

今回はそうした節税目的での生命保険加入と効果、注意点やリスクなどについて説明していきたいと思います。

なお、節税保険については課税当局との間でのイタチごっこ的な側面も強くあります。利用の際は最新の情報をご確認ください。

続きを読む

保険のライフハック,法人税,生命保険,節税・税金のライフハック,経営者・個人事業主とお金

主婦がパートとして働くときの103万円、130万円(106万円)の壁の存在

2016/11/16 更新

夫の収入だけでは足りないということで、家計の足しにするためにパート・アルバイトなどをしている主婦の方も少なくないかと思います。

そんなパートやアルバイトとして働くときに気になるのが「103万円の壁」や「130万円の壁」などといわれる収入の壁です。これは税制や社会保険などの関係で、主婦がパートとして働くときの所得逆転現象などが起こる水準として知られています。

今回は、そんな主婦がパートやアルバイトとして働くときの103万円の壁や130万円の壁、それから2016年10月以降に発生した106万円の壁について説明していきます。

続きを読む

仕事術,所得税・住民税,節税・税金のライフハック

<2019年版>年末調整の控除の種類と必要書類、申告書の書き方

2019/08/05 更新

11月から12月にかけて年末調整の時期となります。サラリーマンの方やアルバイト・パートなどをされている方も、会社で年末調整をするから資料や書類を出して!といわれている方も多いのではないでしょうか。

今回はこの年末調整に関してその内容と絶対に抑えておいた方がよいポイントをまとめていきます。また、年末調整以外で確定申告をしたほうがお得なケースもまとめます。

年末調整の書類様式は2018年に配偶者控除の拡大で大きく変わりましたが、2019年版は大きな変更点はありません。

続きを読む

住宅ローンのライフハック,所得税・住民税,生命保険,節税・税金のライフハック

会社を4日以上休む時は傷病手当金を忘れずに申請

2019/08/15 更新

病気や怪我などに対する備えとして、民間の保険会社が提供している医療保険などへの加入を検討されている方も多いかもしれません。治療費はもちろんですが、長期の療養によって仕事を休むと有給も限りがありますので収入が途絶えるリスクがあります。

しかし、実は会社員(サラリーマン)の場合は仕事を休んだ、会社からのお給料が支払われないとしても収入が大きく途絶えることはありません。加入している健康保険から「傷病手当金」と呼ばれる給付がされるからです。

こちらの傷病手当金は申請が必要になりますので、病気やケガで3日以上会社を休む方は傷病手金の制度を活用しましょう

続きを読む

節税・税金のライフハック

節税効果の高い経営セーフティー共済( 倒産防止共済 )のメリット・デメリット

2019/06/24 更新

1年以上経営をしている中小企業なら加入できる公的な共済制度に「経営セーフティー共済(中小企業倒産防止共済)」というものがあります。

名目的には、取引先企業の倒産や破綻に伴う、売掛金未回収リスクに備えるための保険(共済)となっていますが、実質的には中小企業(または個人事業主)の課税繰り延べの節税ツールとなっている共済制度です。

中小企業経営者の退職金や事業リスクに節税しながら備えることができる公的な節税保険となっています。上手に活用していきましょう。

続きを読む

法人税,節税・税金のライフハック

社会保険料(健康保険料・年金保険料)の計算方法と保険料を節約する方法

2019/06/20 更新

社会保険料というのは「健康保険料」+「公的年金保険料(厚生年金保険料)」です。サラリーマンとして働く場合や、一定以上の長時間労働をするアルバイトの場合、勤務先の社会保険に加入することが多いかと思います。

社会保険に加入すると毎月数万円単位でお給料から天引きされれてしまうので、すごくもったいないお金のように感じてしまいます……。

これは働いてもらう側(会社)にとっても同じで、社会保険料は半額を会社が負担しているので社員やアルバイト、パートの社会保険料は非常に重しとなっています。今回はそんな社会保険料の基本的な仕組みとそれを合法的に節約する方法をまとめていきます。

続きを読む

保険のライフハック,健康保険,公的保険・年金,節税・税金のライフハック

おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

タイアップキャンペーン



おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

人気の比較記事

MoneyLifehackによる、おすすめの比較記事です。様々な金融サービスをユーザー目線で比較しています。

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP