おすすめ記事

当ブログのおすすめ記事を紹介します。

住信SBIネット銀行、有料のプレミアムサービスを開始。メリット、デメリット、損得ラインを分析

2018/03/25最終更新   銀行の特典・会員プログラム

ネットバンクの住信SBIネット銀行は、2018年6月より、有料月額制サービスの“プレミアムサービス”を開始すると発表しました。プレミアムサービスは月額500円(税別)で、4つの特典を利用することができるサービスです。

住信SBIネット銀行のデビットカードやクレジットカード(ミライノカード)のポイント還元率が0.4%アップするのが目玉で、それ以外にも複数の優待があります。

今回はそんな住信SBIネット銀行のプレミアムサービスを利用するメリットとデメリット、元をとれるのはどんな人なのか?というところを中心に紹介していきます。

スポンサーリンク

住信SBIネット銀行のプレミアムサービスとは?

住信SBIネット銀行に口座を持っている人(個人)が利用対象で、月額500円(税別)の有料サービスです。主な特典は大きく4つです。

  1. 日経Deep Oceanによる金融経済に関する情報提供
  2. Visaデビットカードのポイント還元率+0.4%
  3. ミライノカード(JCB)のポイント還元+0.4%
  4. ロボアドバイザー手数料20%還元

 

日経Deep Oceanによる金融経済に関する情報提供

日経Deep Oceanが膨大なデータを解析し金融・経済分野の情報を提供いたします。AIを使って自分が興味関心があるであろう、ニュースをリアルタイム配信してくれます。

サービスとしては国内初となっているため、サービス内容が現時点ではわかりません。こちらについての評価は、実際にサービスが開始されてから加筆いたします。

 

Visaデビットカードのポイント還元率が0.4%アップ

住信SBIネット銀行のブランドデビットカードでお買い物をした時のポイント還元率が0.4%アップします。同カードはお買い物で0.6%相当のポイントが貯まりますので、プレミアムサービスの利用で還元率は1.0%にアップすることになります。

1%の還元率というところを考えると魅力的ではありますが、年会費無料のクレジットカードでも1%程度の還元率のカードはあるわけで、月額500円(年6000円)相当のコストを支払ってまで、申し込みをするメリットがあるかとされると微妙なところです。

 

ミライノカード(JCB)のポイント還元率が0.4%アップ

住信SBIネット銀行が発行しているクレジットカード“ミライノカード”のポイント還元率も0.4%アップします。ミライノカード、ミライノカードゴールドカードはいずれもポイント還元率は1.0%となります。

プレミアムサービスを利用すれば1.0%+0.4%=1.4%となり、ポイント還元率はかなり高くなります。他の高還元率のクレジットカードと比較しても、1.4%はかなり優位性があるといえます。

ミライノカードの評判とメリット、デメリット。還元率1%+住信SBIネット銀行がお得
2017-11-10 11:39
大手ネット銀行の住信SBIネット銀行が新しく発行するクレジットカードに「ミライノカード(MIRAINO CARD)」があります。大きな特徴としては「ポイント還元率1%」「住信SBI
リンク

なお、月額500円という金額をペイするには135,000円(年額162万円)の利用が必要となります。年間100万円以上利用すればミライノカードゴールドの年会費(3,000円+税)も無料になりますので、このくらいの利用感のある人にはメリットがあると思います。

 

ロボアドバイザー手数料20%還元

住信SBIネット銀行では、WealthNavi(ウェルスナビ)というロボアドバイザー運用のサービスを受け付けています。

ロボアド運用は、資産運用を自分のリスクレベルに応じて自動化して行ってくれるサービスとなっています。経済状況などに遭わせて最適なポートフォリオを自動的に構築してくれるので、いわゆるほったらかし投資が可能になります。

人工知能のロボアド WealthNavi(ウェルスナビ)のメリット、デメリット
2017-02-14 07:42
WealthNavi(ウェルスナビ)はロボアドを利用した自動運用サービスを提供する資産運用サービスです。ロボアドとは、ITを駆使して最適な資産運用のためのアセットアロケーション(資
リンク

WealthNaviでは運用残高の年間1%の手数料が発生するようになっています。住信SBIネット銀行のプレミアムサービスに加入すればその20%(資産残高の0.2%相当)がバックされることになります。

プレミアムサービスの月会費(540円)をカバーしようと思ったときのWealthNaviの資産残高は324万円以上ということになります。言い換えると、これ以上の運用をしているのであれば、プレミアムサービスに入らないほうが勿体ないということになりますね。

 

プレミアムサービスのデメリットは500円の月会費

逆に、プレミアムサービスの利用が向かない人は月額500円のモトをとれない人でしょう。

日経Deep Oceanによる情報サービスがあるとは言え、基本的にはクレジットカードのポイントや手数料還元などによって月に500円以上の経済的メリットがない方にはあまりお勧めしません。

クレジットカードでの買い物金額が年間で100万円に満たない方、ロボアド運用をやっていないし、今後もするつもりがない方にはプレミアムサービスは向かないといえそうです。

 

プレミアムサービスに向いている人

  • ロボアド運用(WealthNavi)を利用、利用予定があり300万円程度の運用を考えている人
  • クレジットカードでのお買い物が多く、ミライノカードに乗り換えてもいいと思っている人

こうした条件に該当する人はプレミアムサービスの利用が向いているでしょう。

ロボアド運用に関しては、金額(残高)がモノを言いますので、運用額300万円以上が一つの目安となります。

クレジットカード(ミライノカード)については年間150万円くらいはカード払いで買い物しているという人には魅力的です。そういう方は年間100万円以上で年会費も無料になる“ミライノカードゴールド”がおすすめです。

>>ミライノカードゴールド

 

以上、住信SBIネット銀行のプレミアムサービスについて紹介しました。

スポンサーリンク

タイアップキャンペーン


おすすめ特集
iDeco比較 確定拠出年金 IPO狙いで証券会社を選ぶポイントとおすすめネット証券

フォローする

お気軽にフォローしてください

PAGE TOP